「英語でかっこいいスラングを使ってみたい!」

そう思っても、スラングってなかなか教わる機会はないですし、映画やドラマを見ていても、どれがスラングなのかいまいちわかりませんよね。

そこで今回は、使うとかっこいい英語のスラングを、状況別にご紹介していきます!

スラングが使えるとなんでかっこいいの?


そもそもなぜスラングが使えると、「かっこいい」と感じるのでしょうか?

スラングというのは、いわゆる若者言葉のようなものです。

日本語で言うと「やばい」「マジ」などが挙げられますね。

こうした単語を外国人が使っているのをみると、なんとなく「日本語が結構できる人なのかな?」と感じると思います。

そのため、英語のスラングを使いこなすことができれば、ネイティブから「英語ができる人」と思われて、かっこいい!と憧れる人が多いというわけです。

スラングを使う時の注意点


スラングを使いこなすことができればかっこいいですが、使う時には注意が必要です。

日本語の「マジ」「やばい」で考えればわかると思いますが、ビジネスシーンや目上の人に対しては、使うべきではありません

また、中には下品な言葉も含まれるので、親しい友人であっても不快な思いをさせてしまうこともあります。

だからこそ、スラングを使う場合にはしっかりと意味合いを理解して、正しいタイミングで使えるようにしましょう。

かっこいいスラング29選


ではここからは、実際にかっこいいスラングをご紹介していきます。

相手を褒めたり賛同する時に使えるスラング

・ awesome(すごい!いいね!)

例文
A:Why don’t we go to the movie?「映画を観に行かない?」
B:Awesome!「いいね!

・Cheers(ありがとう)

例文
A:Here’s your table.「テーブルはこちらです。」
B:Cheers.「ありがとう。」

・dope(めっちゃかっこいい!)

例文
A:Your jacket is so dope!「そのジャケットめっちゃかっこいいね!」
B:Thanks, I got it yesterday.「ありがとう、昨日買ったんだ」

・hot(セクシー)

例文
A:I think she’s really hot.「彼女、すごくセクシーだよね。
B:I know, too bad that she has a girlfriend.「わかる、彼氏がいるのが残念だ。」

・ lit(最高!)

例文
A:I went to the Lakers’ game and that was just lit!「レイカーズの試合に行ったんだけど、最高だった!」
B:That’s good!「よかったね!」

・neat(素敵!)

例文
A:I went on a first date with John.「ジョンと初デートに行ったんだ」
B:That’s neat!「素敵!」

・pretty good!(いい感じ!)

例文
A:How was the movie?「映画はどうだった?」
B:It was pretty good.「いい感じだったよ。」

・right on(いいね!)

例文
A:I got this shoes last week.「先週この靴買ったんだ。」
B:Right on!「いいね!」

・sweet(いいね!)

例文
A:I know somebody that takes you out on a date.「君をデートに誘いたいっていう人がいるんだ」
B:Sweet! What is he like?「いいね!どんな人?」

・swag(イケてる)

例文
A:Your outfit is swag today!「今日のコーディネートいいね!」
B:Thanks.「ありがとう」

・SLY(羨ましいくらいかっこいい)

例文
A:What do you think about my new hair?「新しい髪型どう思う?」
B:It’s so SLY!「めちゃくちゃかっこいいよ!」

・Sick!!(いい意味でやばい!)

例文
A:How was the club you went yesterday?「昨日行ったクラブはどうだった?」
B:That was so sick!「やばかった!」

挨拶で使えるスラング

・Howdy(やあ!)

例文
A:Howdy! 「やあ!」
B:Hey, how it is going?「やあ、調子はどう?」

・hiya(こんにちは!)

例文
A:Hiya! What’s up?「こんにちは、元気?」
B:I’m doing great.「すごく元気だよ」

・What’s going on?(調子はどう?)

例文
A:What’s going on?「調子はどう?」
B:I’m good, you?「いいよ、君は?」

会話で使えるスラング

・ASAP(できる限り早く)

例文
A:Please come back ASAP!「できる限り早く戻ってきて!」
B:I’ll try my best.「努力する」

・eh(だよね?)

例文
A:You’re going to the party,eh?「パーティー行くよね?」
B:Actually I feel a little tired so I think I’m going home.「実はちょっと疲れてるから、家に帰ろうかな」

・gotcha(わかった)

例文
A:Could you pick me up at 8 tomorrow?「明日の8時に迎えに来てもらえる?」
B:Gotcha!「わかった!」

・hit the spot「これこれ!」

例文
A:This burger is so great.「このバーガー美味しいね」
B:Yeah, it just hits the spot.「うん、これこれって感じ」

・kindda(ちょっと)

例文
A:I think he’s lying to me.「彼、私に嘘をついてると思うんだ」
B:I know, he’s acting kindda weird.「わかる、ちょっと変だもん」

・my bad(ごめんなさい)

例文
A:Excuse me, your chair is on my jacket.「すみません、あなたの椅子が私のジャケットを踏んでるんですが」
B:Oh, my bad.「あ、ごめんなさい」

・No way(ありえない)

例文
A:I think Nancy has a crush on you.「ナンシーってあなたのこと好きだと思う」
B:No way!「ありえないよ!」

・Piece of cake(簡単)

例文
A:Can you fix this DVD player?「このDVDプレーター直せる?」
B:Piece of cake!「そんなの簡単だよ!」

・potty(トイレ)

例文
A:Why are you in a rush?「なんで急いでるの?」
B:I gotta go potty!「トイレ行きたいの!」

・Shut up!(ありえない!)

例文
A:Did you know that the woman over there is Bob’s girlfriend?「あそこにいる女の人がボブの彼女だって知ってた?」
B:Shut up! She’s nothing that he told us about.「ありえない!彼が話してた感じと全然違う!」

・You know(ええと、あの〜)

例文
A:Where did go go on a vacation?「休暇でどこに行ったの?」
B:I went...you know, to Japan.「ええと、日本だよ」

悔しい表現で使うスラング

・shoot(くそー)

例文
A:Shoot! I just missed the train.「くそー、電車逃しちゃった」
B:That’s too bad.「残念だったね」

・Oh, boy(マジかよ)

例文
A:Oh, boy. There’s my ex boyfriend.「うわ〜あそこに元彼がいる」
B:Maybe you should just say hi.「挨拶だけしてくれば?」

・Oh my goodness(なんてこった)

例文
A:Oh my goodness! I think I lost my wallet.(なんてこった!財布なくしたみたい)
B:You should check all of your pocket.(ポケット全部確認してみたら?)

まとめ


いかがでしたか?

英語のスラングはたくさんありますが、冒頭でもお伝えした通り、使う相手やタイミングをしっかり注意することが大切です。

使いこなせるようになるとかっこよく英語が話せる印象になるので、ぜひ使い方を覚えて実際に話してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事