「外国人と付き合いたい!」

英語が好きな方なら、一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

ですが、恋愛の場面で使われる英語なんて学校では教えてくれないし、なかなか知る機会もないですよね。

そこで今回は、恋愛で使える英語フレーズをご紹介していきます!

告白や別れの時だけではなく、友達と恋愛トークをする時にも使えるフレーズをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

恋愛相談をする時のフレーズ


・I’m in love with him.(彼のことが好きなんだ)
・I have a crush on her.(彼女の恋に落ちたよ)
・I fell in love with him.(彼のことが好きになった)
・I think I have feelings for him.(どうやら彼に恋しちゃったみたい)
・I have warm feeling for her.(彼女に特別な感情を持っちゃったんだ)

どのフレーズも片思いの気持ちを表すものですが、ちょっとずつニュアンスが違います

lovecrushを使った表現は「恋をしている」と断定しているのに対し、feelingswarm feeling「特別な感情」と表現していますね。

これは、まだ自分の思いに確信を持てていなかったり、突然感じた思いに自分自身がまだ戸惑っている時に使われることが多いです。

片思いを伝えるフレーズ


・I’ve been in one-sided love with him for a long time.(長い間彼に片思いをしてるんだ)
・My feelings are one sided.(私の気持ちは一方通行だよ)
・I’ve been one way relationship with her.(彼女への恋は一方通行なんだ)
・This is an unrequited love.(これは報われない恋なんだ)
・He doesn’t know my feeling.(彼は私の気持ちを知らない)
・We’re in the friend zone.(私たちは友達止まりなんだ)
・She doesn’t feel the same way about me.(彼女は僕と同じ気持ちじゃないんだ)

片思いを表すフレーズとして、「one-sided」という言葉がよく使われます。

一方的という意味合いから「不公平」という意味で使われることもあり、「one-sided bargain」と言うと、「不公平な取引」という意味合いになります。

2人の関係性を示すフレーズ


・We are dating.(私たち付き合ってるんだ)
・We are friends with benefits.(僕たちは都合の良い関係なんだよ)
・We broke up yesterday.(昨日別れたんだ)

「付き合っている」という意味を表す言葉として、「dating=デートしている」というフレーズが使われます。

その他にも、「go out」はデートをするというニュアンスで使われることがありますが、デートをするという意味合いのフレーズとして「We are going out」「付き合っている」という意味を示すこともあります。

2人の関係がうまくいっていないときのフレーズ


・I think he is cheating on me.(彼、浮気してると思うんだ)
・I think she is seeing someone else.(彼女、他の誰かと付き合ってると思うんだ)
・I think he got tired of me.(彼、私に飽きたんだと思う)
・I think she has someone else.(彼女、他に付き合ってる人がいると思う)
・He has been acting weird lately.(彼、最近態度がちょっと変なんだ)
・I don’t have feelings for him anymore.(もう彼に気持ちがなくなっちゃったんだ)
・We are not quite on the same page.(私たち、もう同じ方向を見ていないんだ)

「浮気をしている」という表現としてよく使われるのが「cheat」です。

これは、「ズルをしている」という意味合いも含まれるため、「He was cheating on his test.」では「彼はテストでズルをしていた」というニュアンスになります。

デートの誘い方の英語フレーズ


・Can I ask you out(on a date)?(デートに誘っても良い?)
・Do you want to go out with me ?(僕とどこかデートに行かない?)
・If you have time, would you go to have a dinner with me?(お時間会ったら、一緒にディナーしませんか?)
・I would buy you a coffee sometimes.(今度コーヒーでもおごらせて欲しいです)
・Do you have some plans for tonight ?(今日の夜、何か予定ある?)
・May I buy you a drink?(お酒をおごらせてもらえませんか?)

May I buy you a drink?は、大人な口説き文句の一つです。

「夜をともにしませんか?」と遠回しに言っているようなものなので、使い方や使うタイミングには注意が必要となります。

思いを伝えるフレーズ


・I always have fun with you.(あなたと一緒にいると楽しいよ)
・I love talking to you.(あなたと話してるのが大好き)
・You always make me smile.(あなたはいつも私を笑顔にしてくれる)
・I feel amazing when I spend time with you.(あなたと一緒にいると素晴らしい気持ちになるんだ)
・I accept you as you are.(私はありのままのあなたを受け入れるよ)
・I feel so relaxed and happy when I’m with you.(あなたと一緒にいると幸せでリラックスできるよ)
・I could go anywhere with you.(あなたと一緒ならどこにだって行けます)
・The world is less scary when I’m with you.(あなたと一緒にいると、世界は少し平和に見えます)
・Whenever I see a photo of us together, I smile.(あなたと一緒の写真を見ると、笑顔になれるんだ)
・Knowing you gives me courage.(あなたの存在が勇気を与えてくれます)
・I’m thankful to have you in my life.(あなたが私の人生にいてくれて、感謝してるわ)

思いを伝える時は「I love you」が多いと思われがちですが、ネイティブがそれを口にするのは、本当に相手のことを好きになった時です。

それまでの期間はお試しのような感覚で、「I love you」とお互いに言えるようになって初めて正式に付き合う、というようなニュアンスがあります。

別れを伝えるフレーズ


・I think we should break up.(私たち、別れるべきだと思う)
・I don’t love you anymore.(もう愛せない)
・It’s not working out anymore.(もうこの関係は続かないと思う)
・It’s not you It’s me.(あなたは何も悪くないの、私のせいなの)
・It’s over.(もう終わりだね)
・We’re done.(終わりにしよう)

It’s over.We’re done.は、「もう終わり!」と相手にわかってもらうために伝える言葉なので、最初からこの言葉で別れる人はいません。

円満な別れをするためには、丁寧なフレーズを覚えることも大切ですね。

まとめ


いかがでしたか?

様々な場面で使える、恋愛に関する英語フレーズをご紹介しました!

これから外国人と付き合いたいと考えている場合や、外国人の友人と恋バナをしたいと思っているのであれば、場面毎に使い分けられるよう、覚えていきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事