お金を稼ぎながら英語も身につく。そんなバイトがあったら嬉しいですよね!

英語を活用できるアルバイトはたくさんありますが、その中でも初心者から上級者まで英語が上達できる、オススメなバイトを10選ご紹介します

また、併せて英語を上達させるためのコツや、「こういう場合はなかなか上達できない」というパターンも解説していくので、参考にしてみてくださいね。

英語が上達するバイト10選

観光地のカフェやレストラン

東京であれば新宿や渋谷など、大観光地にあるお店で働くと、外国人旅行者と触れ合う機会が多くなります。

例えばカフェの店員であれば、オーダーを受ける際に英語を聞き取るだけではありません

コーヒーを頼まれた時に自分から「Hot or Iced?(温かいのと冷たいのどちらになさいますか?)」と英語を話す機会もあるので、聞く・話す能力が身につきます

ただ、カフェやレストランの場合はある程度なされ会話が固定されるので、上級者には物足りないかもしれません

観光地での案内人

観光地では、案内人をバイトで雇っている旅行会社もあるんです

バスツアーで観光に来た外国人向けに、お寺の説明をしながら案内をしてあげたり一緒にお店へ行き食事をすることもあります

案内をする際に覚える英語以外にも、日常的なコミュニケーション能力も求められる仕事なので、続けていればかなり英語が上達します

100円均一ショップ

100円均一ショップは、実は外国人が旅行に来た際の人気スポットになっています。

安くて良い物が揃っていると話題なので、特に観光地の100円均一ショップには、日本人よりも外国人の方が来る人数が多いお店もあるくらいです。

ここでバイトをしていれば外国人と触れ合う機会が多くなるので、「Are you looking for something?(何かお探しですか)」などと自分から話しかけることで、英語が上達していきます。

ホテルの受付

ホテルは日本人よりもむしろ外国人と触れ合う機会が多いため、英語の上達をするにはうってつけの場所です。

チェックインの対応やホテルの説明だけではなくオススメのレストランを聞かれたり、電車の乗り換えについて聞かれる場面も多いです。

そういった知識を事前に調べておけば、英語だけではなくお店にも詳しくなることができます。

空港

空港でのアルバイトもオススメです。

カフェやレストラン、お土産ショップで働くのも良いですし、WiFiレンタルのお店や、グラウンドスタッフとして働くことも可能です。

空港なので当然外国人は多いですし、店員として働いていれば話しかけられることも多いので、英語の上達がしやすい場所です。

免税店

空港や街にある免税店も、英語が上達する場所です。

もともと英語がある程度話せることが、働ける条件となっている場所も多いほど、英語を使う場面が多いです。

商品の説明なども細かくする必要があるので、中級〜上級の英語を身につけることができます

家電量販店

日本の家電量販店は、外国の方に大人気となっています。

特に秋葉原など、海外でも有名な大型家電量販店に行くと、外国人がいないフロアはないほど、たくさん英語と触れ合う機会があるんです。

こちらも日常会話だけでなく、商品の説明を英語でできるというスキルが求められるので、初心者には少し難しいお仕事となります。

英会話スクールのスタッフ

少し視点を変えて、英会話スクールのスタッフとして働くこともまた、英語の上達につながります。

実際にスクールで開催されている授業を体験することもできますし、外国人講師と英語で会話をすることもでき、日常的に英語を使うことが多くなります

日本の英会話スクールの外国人講師は日本語を話せる方も多いので、初心者にもオススメです。

日本語講師

逆に日本語を教える立場になるというのも、英語を上達させることができます。

日本語を教えるということは、相手にする人は日本語がわからない人達です。

そのため、説明をする時は英語でしなければなりませんし、日常的な会話は英語がメインになるので、日本語よりも英語のスキルを求められる場合も、少なくありません。

通訳

通訳の仕事は、かなり英語の上達が見込めます

日常会話はもちろん、あらゆる場面でも知識や会話スキルが求められるので、上級者が挑戦する時にオススメなバイトです。

通訳をする際に、事前に調べことをたくさんする機会があるので、その分知識も身につきますし、英語も上達して、一石二鳥です。

店員が外国人というお店を探すのもアリ

観光地の近くに住んでいないという場合は、英語を話す外国人が経営しているお店で働くというのも、一つの方法です。

接客は日本語になりますが、店長や店員と話す時は英語を使うようにすれば、それだけ英語が上達しますし、日常会話も身につきます

日本語を話すことができる店員であれば初心者も挑戦しやすいですし、英語を間違えても教えてくれるので、上達も見込めます。

バイトを通じて英語を上達させるコツ


英語の上達ができるバイトをご紹介しましたが、ここからはバイトを通じて英語を上達させる時のコツについて、解説していきます!

積極的に英語で話しかける

まずは、積極的に英語で話しかけるようにしましょう

相手から話しかけられた時に対応するのはもちろん、自分からも積極的に「何かお探しですか?」「こちらの商品試して見ませんか?」などと、英語で話しかけてみてください。

そうすることで相手とコミュニケーションを取らざるをえない状況になるので、その分英会話が身につきますし、自信にもつながります

相手から話しかけることだけに答えていると、どうしてもワンパターンの英語ばかりになってしまうので、自分から英語を使う場面を増やしましょう

バイト同士でも英語で会話する

次に、バイト同士でも英語で会話をしてみるというのも、英語が上達するコツになります。

英語を使う仕事となると、同僚も同じように英語を勉強していたり、「もっと上達したい」という思いがある方が多いでしょう。

そのため、お互いに英語を上達させるためにも、バイト同士で話す時も英語で会話をするようにして、お互いの間違えを指摘したり、学び合ったりして、英語を身につけていきましょう

一緒に学ぶことができればモチベーションにもつながりますし、楽しくバイトを続けることができます。

わからなかった言葉は復習をする

もしわからなかった言葉があれば、家に帰って復習をするようにしましょう

例えば商品の説明をする時、「これなんて言えばいいんだろう」と言葉が出てこない時があると思います。

そんな時は、家に帰った時にわからなかった単語や言葉を調べ、次に聞かれた時には完璧に答えられるようしておくことが大切です。

このように毎日のバイト生活で知識を増やしていくと、上達も早くなります。

英語を使うバイトをしても上達しないパターン


次に、英語を使うバイトをしても、なかなか上達しないパターンについてご紹介します。

せっかくバイトをしても、英語が上達しないのでは意味がないので、気をつけるようにしましょう!

日本語を使ってしまう

外国人観光客であっても、日本語を話せる人がいたり、日本語を話したい!という方もいます。

そんな時はつい日本語で話しかけてしまいそうになると思いますが、日本語で話してしまったら英語の上達にはなりません

そのためもし相手が日本語で話しかけてきたら、このように伝えると良いです。

「I’m studying English right now so can I talk to you in English for practice?(英語を勉強しているので、練習のためにも英語で話しても良いですか?)」

こうして敢えて英語を話す機会を作ることで、英語が上達していきます。

自分から話しかけることができない

自分から話しかけることができないというのも、なかなか英語が上達しないパターンです。

接客業になると、ある程度会話の内容は固定されてきます。

そうすると、聞かれたことには英語で答えられるようになるものの、その先の英語を使う機会がないため、上達がしにくくなってしまうんです。

だからこそ、相手が何も言わなくても自分から話しかけてみたりいつもとは違った言葉で返してみるなどして、積極的に知識を身につけていきましょう

予習・復習をしない

予習・復習をしない人は、英語の上達は見込めません

これはバイトだけではなく、英語の勉強をしている人全てに言えることです

例えば外国人と話している時に、その場で英単語を覚えたとしても、家に帰って復習をしたり覚えたものをアウトプットしなければ、すぐに忘れてしまい身についたことにはなりません

また、なんの予習もせずにいきなりコミュニケーションを取ろうとしても、なかなかうまくいかずに結局日本語を話してしまう、ということにもなるんです。

英語を使うバイトをするメリット


ここまでバイトで英語を上達させる方法や、上達ができないパターンをご紹介しました。

最後に、英語を使うバイトをすることのメリットについて、お伝えしていきます!

時給が高い

1つ目のメリットは、時給が高い傾向があるということです。

そのため、時給が低いバイトを掛け持ちして何時間もやるよりも、頑張って英語を身につけて1つのバイトに絞った方が、稼げるという場合もあります。

特に時給が高いのは講師や通訳といった、上級者レベルの英語能力が求められるバイトです。

英語も学んでお金も稼ぎたい!という方は、ぜひ挑戦してみてください。

英語学習のモチベーションが上がる

英語学習のモチベーションが上がるのも、メリットの一つです。

一人で英語の勉強をしていると、なかなか続かなかったり飽きてしまうことってありますよね。

その分、バイトであれば接客をしながら英語を使うことができるので、無理なく継続することができます

また、実際に外国人と英語でコミュニケーションが取れれば自信にもなるので、それだけモチベーションにもつながりやすいです。

日常的に英語を使う機会を得られる

3つ目のメリットは、日常的に英語を使う機会を得られるということ。

英語は言葉なので、使う時間が多ければ多いほど身につきます。

バイト中、積極的に英語を使うようにすれば、それだけ多くの時間英語に触れることができるので、上達も早くなり、知識も身についていくんです。

まとめ


いかがでしたか?

英語を上達させることができるバイトはたくさんありますが、大切なのは積極性を持つことです。

自分から英語を使う時間を増やせば増やすほど上達できるので、どんどん英語で話しかけてみましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事