ちょっと買い物をするというだけでも、英語でとなると緊張してしまいますよね。

簡単そうなフレーズに見えて、案外出てこないこともあると思います。

でも、せっかくの楽しいショッピングの時間。

聞きたいことがあればちゃんと聞きたいですし、焦ったりせず、スムーズに店員とのやり取りを終わらせたいですよね。

そこで今回は、英語で買物をする時に伝えるフレーズを、場面別にご紹介していきます!

入店した時に使うフレーズ

入店した時には、必ずと言って良いほど店員さんに話しかけられます。ですが、ほとんどが「いらっしゃいませ、何かあれば呼んでください。」といったシンプルな会話で終わるので、焦らなくて大丈夫です!話しかけてくる店員は名前を言ってくれる人が多いので、名前は覚えておいて、何かあればその方に聞いてみるようにしましょう。

・Hi, I’m good, how are you?/ I’m doing great, thanks.
「こんにちは、調子良いです、あなたはどうですか?/とても調子良いです、ありがとうございます。」

店員とのやり取り例

店員:Hello, how are you?/how is it going?「こんにちは、調子はいかがですか?」
あなた:Hi, I’m good, how are you?「こんにちは、調子良いです、あなたはどうですか?」

・I’m just browsing,thanks.
「見てるだけなので大丈夫です、ありがとうございます。」

店員とのやり取り例

店員:Welcome to ABC store! May I help you?「ABCストアでようこそ!何かお探しの物はありますか?」
あなた:I’m just browsing,thanks.「見てるだけなので大丈夫です、ありがとうございます。」

店員:OK them my name is Lisa so let me know if you need anything.「わかりました、私の名前はリサなので、何かあれば仰ってくださいね。」
あなた:Thank you Lisa, I will.「ありがとうリサ、そうします。」

店員に何か話しかけたい時に使うフレーズ


買い物をする時、「あ、これ聞きたい」と思っても英語でパッと出てこないことってありますよね。ただ、使う単語さえ覚えていれば、フレーズはとてもシンプルな物ばかり!怖がらずに会話をしてみることで、体で覚えましょう。

・Excuse me, could you help me?
「すみません、ちょっと良いですか?」

店員とのやり取り例

あなた:Excuse me, could you help me?「すみません、ちょっと良いですか?」
店員:Of course, how can I help you?「もちろんです、いかがなさいましたか?」

・I’m looking for 〜.
「〜を探しているんです。」

店員とのやり取り例

あなた:I’m looking for a sweater.「セーターを探してるんですが。」
店員:Oh, the sweaters are over there, let me show you some recommends.「あ、セーターでしたらあちらにあります。いくつかおすすめをご紹介しますね。」

・Do you have 〜?
「〜はありますか?」

店員とのやり取り例

あなた:Do you have red sneakers?「赤いスニーカーってありますか?」
店員:Yes we do, come this way,「ございます、こちらにどうぞ。」

・Can I pick this up?
「これは持ってみても良いですか?」

店員とのやり取り例

あなた:Can I pick this up?「これは持ってみても良いですか?」
店員:Of coures, help yourself.「もちろんです、ご自由にどうぞ。」

・Would you show me that?
「あれを見せてもらえますか?」

店員とのやり取り例

あなた:Excuse me, would you show me that?「すみません、あれを見せてもらえますか?」
店員:Sure, I’ll bring the new one.「もちろんです、新しいのをお持ちしますね。」

・Is it duty-free-products?
「これは免税品ですか?」

店員とのやり取り例

あなた:Excuse me, is it duty-free-products?「すみません、これは免税品ですか?」
店員:I’m afraid it’s not.「すみませんが、こちらは違います。」

試着の時に使うフレーズ

試着をする時には、店員さんが「どうですか?」と聞いてくることがほとんどです。
これは日本と同じですよね。そこでテンパってしまわないよう、実際に試着してみてどうだったのかを言えるように、準備しておきましょう。

・Can I try 〜 on?
「〜を試着しても酔いですか?」

店員とのやり取り例

あなた:Excuse me, can I try these pants on?「すみません、このパンツを試着しても良いですか?」
店員:Sure, the fitting room is this way,「もちろんです、フィッティングルームはこちらです。」

・It didn’t fit me.
「私にはサイズが合わなかったです。」

店員とのやり取り例

あなた:It didn’t fit me, 「私にはサイズが合わなかったです。」
店員:Do you wanna try a bigger one?「もう少し大きいのを試してみますか?」

・It was too long/short.
「ちょっと長すぎます/短すぎます。」
・It was too big/small.
「ちょっと大きすぎます/小さすぎます。」

店員とのやり取り例

あなた:It was too big, do you have a smaller one?「私にはサイズが合わなかったです。」
店員:i’m afraid but this is the smallsest size,「申し訳ありませんが、これが一番小さいサイズとなります。」

・I'm not sure what my US size.
「USサイズだと自分が何なのかわからないんです。」

店員とのやり取り例

あなた:I'm not sure what my US size.「USサイズだと自分が何なのかわからないんです。」
店員:Could you tell me what size in your country?「あなたの国ではどのサイズがお聞きしても良いですか?」
あなた:I’m size 25 in Japan.「日本では25です。」

・I’ll think about it.
「ちょっと考えます。」

店員とのやり取り例

店員:You look so cute in this dress!「このワンピースを着てるととても可愛いですよ!」
あなた:Thanks, but I’m not sure about the color so I’ll think about it.「ありがとうございます、ただちょっと色が気に入らないので、少し考えます。」

商品について聞きたいことがある時に使うフレーズ

物を買うとなると、不安をなくした状態で購入したいですよね。そんな時、英語がわからないからと言って聞かずに買って、後から「日本で使えなかった・・・」なんてことにならないよう、使えるフレーズは覚えておきましょう!

・Do you have 〜 one?
「〜の物はありますか?」

店員とのやり取り例

あなた:Do you have a pink one?「このピンクってありますか?」
店員:Yes, I’ll bring it to you.「ありますよ、お持ちしますね。」

・What is this made of?
「これは何の素材でできていますか?」

店員とのやり取り例

あなた:What is this made of?「これは何の素材でできていますか?」
店員:This is 100 polyester.「100%ポリエステルです。」

・Can you do a price check for me?
「値段を確認していただいても良いですか?」

店員とのやり取り例

あなた:Can you do a price check for me?「値段を確認していただいても良いですか?」
店員:Of course, I’ll check the price right away.「もちろんです、すぐに値段を確認してきます。」

・Can I use this in Japan?
「これは日本で使えますか?」

店員とのやり取り例

あなた:Can I use this in Japan?「これは日本で使えますか?」
店員:I’m not sure so I’ll ask the maneger.「ちょっとわからないので、マネージャーに確認してきます。」

・Does it have a warranty?
「保証書は付いていますか?」

店員とのやり取り例

あなた:Does it have a warranty?「保証書は付いていますか?」
店員:Yes, it’s in here.「はい、ここに入っています。」

・Is this washable?
「これは洗えますか?」

店員とのやり取り例

あなた:Is this sweater washable?「このセーターは洗えますか?」
店員:Yes, you can use the Washing machine for this sweater. 「はい、このセーターは洗濯機で洗えます。」

会計の時に使うフレーズ

会計時に使うフレーズはいたってシンプル。値段を聞いたり、アメリカなどは袋が有料な場合も多いので、「袋をください」と伝えるだけ。あとはちょっとした挨拶程度のスモールトークはありますが、「How are you?」や「Have a good day.」で終わる物ばかり。緊張しなくて良いので、自信を持って買い物を済ませましょう。

・I’ll take this.
「これを買います。」

店員とのやり取り例

あなた:I’ll take this shirt.「このシャツを買います。」
店員:It’s 23 dollars.「23ドルになります。」

・Where’s the cash register?
「レジはどこにありますか?」

店員とのやり取り例

あなた:Where’s the cash register?「レジはどこにありますか?」
店員:It’s on the first floor.「一階にございます。」

・What’s the total?
「全部でいくらになりますか?」

店員とのやり取り例

あなた:What’s the total?「全部でいくらになりますか?」
店員:It’s 55 dollars fot total.「全部で55ドルになります。」

・Can I use a credit card?
「クレジットカードは使えますか?」

店員とのやり取り例

あなた:Can I use a credit card?「クレジットカードは使えますか?」
店員:Yes, of course.「もちろんです。」

・I’ll pay in cash/ by card.
「現金で/カードで払います。」

店員とのやり取り例

あなた:I’ll pay by card.「カードで払います。」
店員:I’m sorry but you can pay i cash only.「申し訳ありませんが、現金の支払いのみとなります。

・Can I have a bag, please?
「袋をいただけますか?」

店員とのやり取り例

あなた:Can I have a bag, please?「袋をいただけますか?」
店員:Sure, a paper bag or a plastic bag?「もちろんです、紙袋とプラスチックの袋、どちらにしますか?」

まとめ

いかがでしたか?

英語で買物をするとなるとなると、それだけで尻込みしてしまうかもしれません。ですが、買物も現地の文化を学んだり、旅行での楽しみの一つ!

「英語が不安だから」という理由で買い物を諦めてしまうのではなく、使えるフレーズをしっかり学んで、自信を持って英語で買物ができるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事