英語が話せる人は、リアクションがとても上手です。

英語は日本語と違って、多少大げさなくらいにリアクションすることが多い言語ですから、ネイティブに近づきたいと思うのであれば、相手の言葉に対するリアクションのバリエーションを増やすことが大切です。

今回は、そんなあいづち上手になるためのおすすめフレーズを紹介したいと思います!

代表的なあいづち


まずは、皆が知っているようなあいづちから紹介していきましょう。

基本的なものです。おそらく今英語で会話をするとして、これらを多用することが皆さんも多いのではないでしょうか。

それぞれの意味もあわせて確認しておきましょう。

I see.

意味は「なるほど」です。

日本人は「なるほど」という言葉を割とよく使います。

相手の言ったことに対して、「ふうん」「そうか」と思ったときに使えるフレーズです。

相手に与える印象としては、ややインパクトに欠けます。

ですが少なくとも相手が理解してくれたんだな、と感じることはできます。

特に相手が言ったことに対して意見がない場合はこの反応で問題ありません

Really!

語尾を上げずに言う場合、「そうなんだ!」という意味合いですね。

この場合は相手の言ったことに対して、多少の驚きを表していますので、先ほどのI seeに比べるともう少し感情的だと言えるでしょう。

相手に与える印象としては、「興味を持ってくれたんだな」という感じでしょうか。

相手がやや興味をもって積極的に話を聞いてくれているように感じるのがこのReally! です。

Really?

こちらもよく使われるあいづちです。

語尾を上げて言うことによって、意味合いが変わり「本当?」「まじで?」という意味になります。

予想外のことを言われたときに使えるあいづちですね。

これを言われた人が受ける印象は、「興味をもって聞いてくれている」という感じ、また「本当かどうか疑わしいと思われている」という感じですね。

ここから更に話が盛り上がっていくこともよくあります。

I understand.

「分かりました」というあいづちです。

日本人はよく、「分かった」「分かりました」という反応を示します。

英語でこれを表すのはI understandです。

理解したことを示す言葉なので、もちろんこれで問題ありません。

分かったときに「分かった」ということを伝えるという意味では、正しいリアクションです。

ですが、これを言われた人が受ける印象としては、あまりうれしいものではないかもしれません。

というよりも、あまりにも「普通」のリアクションなのです。

日本語でも、「分かりました」だけで済まされると、話していてあまり楽しい気持ちにはなりませんよね

それと同じことです。

これらのフレーズを使って会話をもっと盛り上げよう!


それではここからは、さらに会話を盛り上げるために使えるフレーズを紹介したいと思います。

あなたがリアクション上手になると、話す方も気分良く話すことができるようになるので、結果として会話が断然盛り上がりますよ!

That’s awesome!

アメリカ人は本当にこのフレーズを多用します

アメリカ帰りの日本人も、よく影響されてこのリアクションを連発しているのを見ますが、本当によく使われるフレーズです。

日本語に訳すのならば「すごいじゃん!」「やばいね!」「それすげぇ!」といった感じでしょうか。

友達同士の会話ではよく使われるリアクションです。

Seriously?

これは、先ほど出てきたReally? に近いリアクションです。

日本人はあまりにもReally? を連発する傾向が強いので、ここで新たにSeriously? を加えることで、ワンパターンのリアクションを避けることができます

ちょっと発音が難しいかもしれませんが、この反応もネイティブは本当によく使います。ぜひ使いこなせるようになりましょう。

日本語にするのであれば、意味は「まじ?」「本気で言ってるの?」「ホント?」という感じです。

非常に使い勝手のよいあいづち英語です。

No way!!

学生のときに習った記憶があるのではないでしょうか。

No way はまさに「まさか」の意味です。

ですが、多くの会話の中では「うっそー!」というようなリアクションに使われています

信じがたいことを聞いたとき、ビックリするようなニュースを耳にしたときに使う一言です。

基本的に、やや大げさにリアクションをしていくくらいの方が、英語での会話は楽しめます。

ですので、ぜひアメリカ人っぽく「のーうぇーーい!」とオーバーにリアクションしてみましょう。

慣れてくるとこれくらいのことは、日常的にできるようになってきますよ!

Exactly!!

「その通りよ!」という意味で、このリアクションもよく使われています。

文脈としては「え?今言ったのって、〇〇っていう意味?」「Exactly!!」という感じですね。

相手の言ったことに対して、「そう!まさにそれよ!」というときに使います。

ただ単にYes, that’s rightというよりも、もっと気持ちが伝わりやすい一言ですね。

慣れるまでは出てきにくい言葉でもありますので、ここでぜひレパートリーに加えてください。

That’s incredible / amazing!!

こちらも話し手からすると、気持ちの良いあいづちです。

何かを言ったときに、相手からこういわれると気分良く話が続けられます。

意味は「それってすごいじゃん!」「うそー!それすごーい!」という感じです。

人はやはり相手から褒められると気分が良くなります。

それは会話の中でも同じです。

特にこのincredibleamazingは、信じられない、素晴らしいと言った意味の言葉で、かなり強い意味を持っていますので、リアクションとして、あなたもぜひ使えるようになっておきましょう

ネイティブと話していたら、きっとよく耳にするあいづちのひとつです。

Wow!

シンプルなのですが、非常に思いが伝わりやすい「わぉ!」です。

ニュアンス的には、「えーーーーー!」とか、「おおお!!!!」という感じで使います。

これだけで終わるというよりは、このあとに自分の感想を続けていった方が良いですね。

Wow! I have never seen this before! といえば、「わぁ!!こんなの初めて見た!」という意味になります。

驚きや感動を隠さず100%表すのが英語です。

恥ずかしさは捨てて、このような感嘆詞も自然に言えるようになりましょう!

You’ve got to be kidding me!

英語特有の表現ですが、「冗談でしょ!」というリアクションで、これの意味合いは「嘘だぁ!」という感じになります。

相手が何か驚くべきことを口にしたときや、信じられない様ないいニュースを持ってきたら、日本語であっても「いやそんなの嘘だよ!」と言ってしまうときがありますよね。あれと同じです。

ネイティブと話していると、この反応は割と頻繁に耳にします。

文章なのでやや長めになりますが、言い慣れてしまうと非常に便利なフレーズのひとつです。ぜひ覚えましょう。

まとめ


あいづちはとても大切です。

あいづち上手な人は、会話が上手な人です。

相手が気持ちよく話し続けられるように、要所要所でしっかりリアクションを取っていくことができるようになりたいものですね。

英語は日本語と比べて、リアクションのバリエーションがかなり豊富です。

これらをたくさん使いこなせるようになると、自分自身もリズムに乗って楽しく会話ができるようになっていくはずです。

いつも同じ反応をしてしまっているなと思うのであれば、今すぐに改善していきましょう

英語はそもそも、同じ言葉を何度も使うことを避ける傾向が強いので、そういった意味でもあいづちで使える言葉をたくさんレパートリーとして持っていると良いでしょう。

英会話は、とにかくリアクションが大事です!リアクション上手になって、英会話をもっともっと楽しめるようになりましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事