アメリカ圏に旅行に行くと「ポンド (Pound)」や「オンス (Ounce)」の表示を頻繁に見かけることはありませんか?

日本でいう「キロ (kilogram)」や「グラム (gram)」の代わりに使われる重さの単位のようだけど、どのくらいの重さなのか良くわからない、そんな経験があると思います。

今回は主にアメリカで使用されているこの「ポンド」と「オンス」について詳しく説明したいと思います。これを読めば、アメリカ圏に行っても戸惑うことなく重さが理解できるようになります。

「ポンド」「オンス」の単位が使用されている国は?

「ポンド」「オンス」の重さの単位を使っている代表的な国というと、真っ先に思い浮かぶのはアメリカですが、実はアメリカ以外にもミャンマーやリベリアでも以前は使用されていました。

今はどちらの国もポンドの単位を使うことをやめ、キロの単位で表記することに統一され始めていますが、まだキロの単位へ移行することを決定してから日が浅いため、一部でその名残が残っています。

ただ、今でもポンド、オンスの単位を積極的に使用しているのは実質アメリカだけです。

イギリス通貨の「ポンド(£)」とは関係ない

「ポンド」と聞くと、イギリス通貨の単位の「ポンド(£)」を思い浮かべる人もいると思いますが、この2つは全くの別物です。重さの単位のポンドは本来「Pound (パウンド)」と書きます。

本来は「パウンド」と読むべきものを「ポンド」と読んでしまい、その呼び方が浸透して一般的になったのです。

「ポンド」「オンス」は何キロ?何グラム?

では実際に1ポンド、1オンスの重さはどの程度なのでしょうか。

1オンス (Ounce/oz.) = 28.3グラム

1ポンド (Pound/lb.)  = 453グラム

アメリカのスーパーに行くと野菜やお肉など量り売りが多く、よく「$3/lb」といった表示も見かけます。日本では使わない単位なので、なかなかイメージしづらいのですが、1オンスは30g、1ポンドは約0.5kgとざっくりとした単位で覚えておくと計算しやすくなります。

例えば、「10ポンド」と言われたら「0.5」を掛け算すれば、大体のキロでの重さが出ます。この場合だと約5キロほどになりますね。

日本人にはなかなか伝わりにくい単位ですが、私のアメリカ人の友人はキロやグラムで重さを聞いても逆にしっくりこず、ポンド、オンスに置き換えると直ぐに理解できるようでした。当然ではありますが、小さな頃から使っていれば、当たり前の様にイメージできるんですね。

10オンスで「1ポンド」にはならない

日本の単位では「1,000グラム = 1キロ」になりますが、「10オンス = 1ポンド」とはならず、「1ポンド = 16オンス」というややこしい考え方をしなければなりません。

この法則を使用している国が、あまり影響のないどこかの小さな国であれば良いのですが、世界に多大な影響を与えるアメリカであることが悩ましいところです。

パウンドケーキの由来は「ポンド」

パウンドケーキは好きですか?

実はパウンドケーキの名前の由来は重さの単位「ポンド」から来ています。小麦粉、バター、砂糖、卵をそれぞれ1ポンドずつ使用して作ることから、パウンドケーキと呼ばれるようになりました。

本来の流れで言えば「ポンドケーキ」が正式名称になりそうな気がしますが、ここは正式な名称を引き継いだようです。ますますややこしいですね。

今もこのレシピで作られているのかどうかはわかりませんが、バターや砂糖が1ポンド(約0.5kg)ずつ使われていると考えると、食べるのが怖くなるのは私だけでしょうか(笑)

 

<こちらの記事もオススメ!>

まとめ

いかがでしたか?

今回は「アメリカで使われる単位「ポンド」「オンス」の意味をわかりやすく解説」をテーマにお話をさせて頂きました。

日本、及び世界の国々では「キロ」、「グラム」が主流なので、普段の生活で困ることはあまりありませんが、アメリカ圏内に旅行や出張に行く機会も多い方はある程度の目安ぐらいは覚えておいた方が良いかもしれません。

アメリカが今までと思考を変えて、やっぱり「キロとグラムを単位で使おう」と言ってくれたら我々日本人を始めとする外国人も助かるのですが、単位を変えるとそれを修正するのにかかる費用も莫大なので、なかなか難しいのが本音の様です。

これはこれで一つの異なる単位なんだと思い、理解するしかなさそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事