旅行や出張で海外へ向かう際に、
現地の空港からホテルへ向かうまでの手段はいくつかありますよね。

もともとパッケージツアーの中に送迎が付いていたり、
ホテル行きのシャトルバスが出ていたり……

でも、それらがない場合はタクシーを使うことになります。

送迎バスやシャトルバスは乗ってしまえばそれで終わりですが、
タクシーに乗る場合は目的地を伝えなければいけません。

英会話に慣れていない方は、
どうやって目的地を伝えたらいいのかスムーズに出てきませんよね。

また、チップを渡したほうがいいのか?など
疑問点がいくつかあります。

今回は、そんな不安を解消するために
空港からホテルまでタクシーで向かう方法について詳しくご紹介します!

タクシーに乗って行き先を伝える

 10298_Ph11-750x500[1]

Can you take me to the XYZ hotel?
XYZ
ホテルをお願いします。

_____, please.でホテルの名前を言う簡単な言い方もありますが、
ちょっとぶっきらぼうな話し方になってしまいがちなので、
面倒でもCan you take me?と伝えるのがいいでしょう。

他にもこんなフレーズもあります。

I’d like to get to ____.
____まで行きたいです。

Please take me to ____.
____までお願いします。

I’m going to____.
____
まで行きます。

Do you know where ____ is?
____
の場所は分かりますか?

運賃は?時間はどのくらいかかる?

 274444_Papel-de-Parede-Transito-de-Taxis-em-Nova-Iorque_1440x900[1]

How much will that cost?
どのくらいの運賃になりますか?

金額を把握しておくことで、手持ちのお金を準備することができます。
場所や治安によっては、観光客はお金を持っていると思われ
多めの運賃を請求されることも少なくありません。

前もって確認しておくことで、
目的地に着いた時に高額な請求をされるトラブル予防にも繋がります。

 

How long will it take to get there?
どのくらいで着きますか?

観光先では場所などが分からず、土地勘もないでしょうから、
どのくらいかかるのか分かりませんよね。
観光先での貴重な時間は、少しでも無駄にしたくないという方もいらっしゃるハズです。

目的地までの時間が気になる時は、
上記のフレーズの他にもこんな質問がをすることができます。

Can we get there in 10 minutes?
10
分で着きますか?

I’m really in a hurry, so can you take the quickest route, please?
すごい急いでるので、1番早いルートでお願いできますか?

目的地に着いたら

 Taxischild mit Spiegelung im Dach des Taxis

Here’s fine.
ここでいいです

In front of ~.
~の前。

At the corner of ~
~の角

などと言えるとイイですね。

慣れない海外旅行でこういった表現をするのは難しいかもしれません。
この辺りで降りたいと思った時には、Here’s fine.がベストでしょう。

降りる時には、ドライバーにチップを渡します。(国によって異なりますが…)

チップを渡す時に便利なフレーズがこちら

Keep the change.
おつりは取っておいてください。

いくらチップをあげればいいのか考えるのは面倒なので、
このフレーズを覚えておくと便利です。

チップを渡す時に、Here you are.などと言って小銭を渡すこともできるのですが、
どうぞ…など言い方にこだわるのは日本人ぐらいかもしれません。

英語圏では無言で渡してサッと行ってしまう方も多いのです。

タクシーでの会話例

旅行者
Can you take me to the Fifth Avenue Theater?(五番街シアターまでお願いします)

運転手
 All right.(了解です)

劇場の看板が見えた…

旅行者
Here’s fine.(ここでいいです)

運転手
OK.Here we are.(着きましたよ)

旅行者
How much?(おいくらですか?)

運転手
Six Fifty.(6ドル50セントです)

旅行者
Here. Keep the change.(どうぞ。おつりは取っておいてください)

(この場合だと8ドル渡して言うのがベストですね)

 

アメリカのタクシーのチップの相場は、料金の15%。
6ドルの15%は…と考えるのではなく、
最低1ドルくらいから切りがいい位で払うと良いでしょう。

料金が17ドルで、20ドル札を持っている場合には…
17ドルの15%は2ドル50セントくらいですから、
少し多めのチップで20ドル札を料金とチップにします。

 

<こちらの記事もオススメ!>

まとめ

いかがでしたか?

空港から乗るタクシーや観光地周辺を走るドライバーさんは、
多くの観光客を乗せているので外国人の英語に慣れていることが多いのです。

ですから英語が完璧でなくても理解をしてくれることが多いので、
安心してください。

行き先をはっきりと伝え、
料金などは前もって聞いておくと余裕を持って行動できるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事