海外旅行で必ず通らなければならない道。
それは、入国審査・税関です。

日本語が使えないということで、緊張が高まりますよね。

これらをスムーズに通過するためには、事前に情報を収集しておくことが大切です。
ここでは、空港で役立つ英単語をいくつかご紹介します!

1.入国審査

 people-sign-traveling-blur

飛行機を降りて空港に入り、immigration(入国審査)に向かいます。
入国審査はImmigration、またはpassport controlとも呼ばれます。

出口に向かうと、passport control/baggage claimという案内が目に入ります。

入国審査では、入国係官にパスポートと一緒にimmigration card(入国カード)を渡しましょう。

入国カード=immigration cardまたはE/D card
機内で配られます。

出入国カードで使う英単語

入国カードを記入する時に使う英単語を紹介します。

入国審査の時にも、
Fill in the form, please.
書類に記入して下さい。

と声をかけられるかもしれません。

カードで記入する内容は、

first name
surname / last name
nationality 国籍
place and country of birth 出生地
date of expire パスポートの有効期限
place of issue パスポートの発行地
country of residence 居住国
last place/port of embarkation 出国地
occupation 職業
accommodation 宿泊先
address in_____ 現地の住所

Last place / port of embarkation
(例)成田から飛行機に乗った場合はNarita(tokyo)

Address in ______は、住むわけではありませんが、
滞在先住所という意味で使われますのでホテルの住所を記入すればOK

入国審査が終わったら、手荷物受取所に行きます。

2.手荷物受取で使う英単語

 iah-intl-baggage-claim-1_27350[1]

荷物を受け取りに行くのですが、

手荷物受取所
Baggage claim
luggage claim

荷物預け入れ証
Claim tag

荷物を取る
Pick up the luggage

カート
Cart / trolley
※空港によってはカートが有料な所もあるので注意。

3.税関で使う英単語

 

荷物を受け取ったら次は税関です。

税関
Customs

だいたいの空港は、

Declare(申告する)
Nothing to declare(申告するものなし)

のカウンターに分かれています。

Nothing to declareの窓口には人がいないことも多いです。
全ての人が係官とやりとりする所もあるので空港によってさまざまです。

Anything to declare?
Do you have anything to declare?
何か申告する物はありますか?

と聞かれたら、nothing.と答えればok

 

税関を通りぬけると、到着ホールに出ます。

ここまできたら本格的に現地での旅のスタートですね。

Arrivals hall=到着ホール

ここのエリアには、foreign exchange(外貨両替)ができる銀行があり、
またタクシーやシャトルバスのtransportationの標識を見て行き先へ向かいましょう。

Tourist information(観光案内所)
地図やパンフレットも貰っておくと役立ちます。

 
<こちらの記事もオススメ!>

まとめ

いかがでしたか?

飛行機を降りて空港に着いたら3つやらなければいけないことがあります。

入国、荷物受取、税関に関する英単語を事前に知っておくと、
空港でスムーズに通過することができますよ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事