海外へ行く時の長いフライトでは、機内食を楽しみにしている方も多いですよね。

メニューがあるので、事前に何が食べられるかチェックすることができます。

機内では、メインは何がいいか英語で聞かれたりするために英会話が必須
になります。

慣れていない方は、突然キャビンアテンダントさんに英語で話しかけられて焦ってしまうことも……。

機内食を楽しむためにも、機内食に関する英単語、フレーズ知識を頭に入れておくと良いですね。

メニューをチェックしてみよう

Airline meal
In-flight meal
機内食

機内食で押さえておきたいのは、メインディッシュの種類です。
メインディッシュは大抵、肉か魚を選ぶことができるようになっています。

しかし、肉類では
veal
(子牛肉)
lamb
(ヒツジ)
duck(アヒル)

シーフードは、
Prawn
(エビ)
tuna
(まぐろ)
cod
(タラ)
halibut
(大型の白身魚)

などの単語を使って聞かれることもあります。

veal or prawn?
子牛肉ですか、エビですか?

と聞かれた時に聞き取れるようにしておきたいですね。

ちなみにhalibutは、日本語でハリバという魚を示すことがありますが、英語圏では大型の白身魚(ヒラメ・カレイなど)を総称している場合があります。

サイドディッシュのメニュー内容をでよく書いてある単語は、

Shell Pasta (貝の形をした小さいパスタ)
Herb-marinated (
ハーブで風味つけしたマリネ)
Feta cheese (
フェタチーズ・山羊のチーズ)
Scallp (
スカラプ・ホタテ貝)

などといったようなことが書かれています。

また、英語でパンのことはrollbunと言うことがあるため、機内食のメニューでも

___and roll

などと書いてあることもあります。

次に押さえておきたいのは「特別食」です。

Special meal

 1[3]

機内食の中にはvegetarian meal(ベジタリアン用の食事)があることはご存知の方も多いでしょう。

一言でvegetarian mealといっても実は種類があるのです。

■Asian Vegetarian meal /アジアンベジタリアンミール
(肉無し・乳製品を含む)

■Vegan meal /ヴィーガンミール
(肉・乳製品無しの完な全野菜のみ)

■Indian Vegetarian meal /インディアンベジタリアンミール
(肉・乳製品だけでなく、ニンニク・玉ねぎの精のつく野菜も含まない)

■Raw Vegetarian meal /ローベジタリアンミール
(フルーツと野菜のみ)

Baby meal
離乳食

もう少し大きな子供用にはChild mealもあります。

Bland meal / ブランドミール
(カフェイン・アルコール・トウガラシ・コショウなどといった刺激のあるものが使用されていない食事です)
※Bland=
さっぱりした・味が薄め

Diabetic meal / ダイアビーティクミール
糖尿病患者用で砂糖無し、塩薄めの食事。

略してDB mealと呼ばれています。

Low Calorie Meal / ローカロリーミール
低カロリー食で、揚げ物、砂糖を控えています。

とこんな単語も覚えておくと便利ですね。

Religious meal (宗教食)

 changai[1]

Kosher meal /コシャールミール
ユダヤ教の決まりに則って作られた食事。
禁じられた物が混入していない証に封がされています。

Muslim meal / ムスリムミール
イスラム教向けの食事。
豚肉・ハム・アルコール類の使用がされていない。

Hindu meal / ヒンドゥーミール
ベジタリアンではない場合のインド人用食事です。
牛肉が使用されていません。

特別食を注文する時は、一般的に飛行機に乗る前に頼んでおきます。
海外の航空券を自分で購入した時などは、メールや電話で依頼をしておきましょう。

依頼をする時のフレーズは、

Could I have a Asian Vegetarian meal during the filight?
フライト中はエイジアンベジタリアンミールの食事を頂けますか?

A ghaild meal please, for our son, Tasuku Saito.
息子のサイトウタスクには、チャイルドミールをお願いします。

 

事前に頼んだ場合は、機内でスタッフに

I ordered Asian Vegetarian meal for me.
私は自分用にエイジアンベジタリアンミールを注文しました。

などと伝えましょう。

 

その他に覚えておくと便利なフレーズは、

When will a meal be served?
食事はいつ頃まででますか?

Wake me up for meals.
食事の前に起こして下さい。

I asked for meat.
お肉料理を頼んだのですが。(違うものが運ばれてきた時)

Can I have some water to take my pills?
薬を飲みたいので、お水を頂けますか?

I’m still waiting for orange juice.
オレンジジュースはまだでしょうか?

Is there a charge for alcoholic beverages?
アルコール類は有料ですか?

Take this tray away, please.
このトレイを下げてください。

食事の後にトレイを下げてもらう際には、

Thank you. It was good.
ありがとう、美味しかったです。

とお礼の気持ちを込めて一言添えるといいですね。

 

<こちらの記事もオススメ!>

まとめ

いかがでしたか?

事前にこれらのフレーズを練習しておけば、
英語で自分の気持ちを伝えられるようになりますよ。
そうすれば、機内で快適な時間を過ごせるはずです。

ぜひ活用してみて下さいね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事