海外旅行や出張で日本の航空会社を利用する場合は、機内で英語を話す必要はありません。

しかし、外国の航空会社を利用する場合は、外国人のキャビンアテンダントが担当になるケースがほとんど。何かをお願いしたり、食事の提供時などは英会話が必要になります。

今回は機内での英会話に着目し、知っておきたい便利なフレーズをまとめて紹介します。

お願いをする時のフレーズ

 stewardesa

キャビンアテンダントを呼びとめる時は、

Excuse me.

日本語での「すみません」という呼びかけに当たります。

何かしてもらったり、物を受け取ったりした時には必ず

Thank you.

と言うのは基本ですね。

日本語で「どうも」といった軽い感じで言う時と同じ雰囲気で言うとOK

長時間のフライトでは、

「毛布を下さい」
「お水をください」

~を下さいと言うフレーズはよく使われます。

Water, please.

と言っても間違いではありませんが、丁寧な言い方もすることができます。

Can I have ~?
~してください。

その他にも、何か尋ねたりする時のフレーズは、

Do you have ~?
~はありますか?

May I have~?
~してもいいですか?

機内サービスで「ジュースじゃなくてコーヒーが飲みたいのですがありますか?」などと聞きたい時に使うことができます。

May I recline my seat?
イスを倒してもいいですか?

なども尋ねることができます。

その他のフレーズでは

I would like to have disembarkation card.
入国審査の書類を下さい。

Could you tell me how to fill this card?
この書類の書き方を教えて下さい。

I have written disembarkation card wrong. Can I have a new card?
入国審査の書類を書き間違えたので、もう1枚もらえますか?

Are there any staffs who can speak Japanese?
日本語を話せるスタッフはいますか?

機内食で使えるフレーズ

 jedzeniesamolot-1q[1]

飛行機の中で食事やドリンクを選ぶ時に、
CAさんの英語を聞き取るのは難しいですよね。

困らない為にも事前に座席のポケットに入っている
本日のメニューを見て、何を頼むか考えておきましょう

また、他の周りの人が頼んでいるのを見て、品定めしておくのもOK!

メイン料理に関する基本的な単語は覚えておきましょう。
メニューは航空会社のHPでも予めチェックすることができます。

日本人には聞き慣れない単語をあげてみると……

Scallop ホタテ
Prawn クルマエビ
tune マグロ
coppa ハムの一種
duck アヒル

などでしょうか。

注文する時には、”Tuna, please.”といって頼むことができます。

また、機内食では特別食(special meal)も種類があります。

Vegetarian meal ベジタリアン用の食事
Diabetic meal 糖尿病食
Baby meal 離乳食

特別食は飛行機に乗る前に依頼をしておきます。

航空券を購入する時に、メールや電話で事前に頼んでおき、当日機内で受け取りましょう。

I ordered DB(Diabetic) meal for me.
私は自分用にDBメールを注文しました。

このように伝えます。

食事後にトレイを早く片づけて欲しいときは、

Can you take this away?
これを片づけてもらえますか?

とお願いしましょう。
逆に、

May I take this away?
これを片づけてもいいですか?

と尋ねられることもあるかもしれません。

 
こちらの記事もオススメ!

まとめ

機内では、キャビンアテンダントの方と会話をする機会があります。

あらかじめ聞かれることを想定しておけば、英語が苦手でもあまり緊張せずに対応できるはずですよ。

基本的なフレーズを覚えておくことが機内での時間を快適に過ごせるポイントです。

今回ご紹介したフレーズを、ぜひ活用してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事