Stock Photo by Sean Locke www.digitalplanetdesign.com

旅行などで海外に行く際に、現金は危ないからあまり持ち歩かない方がいいとよく言われますよね。逆に、クレジットカードは持って行くべきだと耳にしたことはありませんか?

実際に、アメリカなどの国で多く利用される支払方法といえば、現金よりも小切手やデビットカード払いが一般的です。
例えば、お店で100$札を支払うと目の前で偽札チェックをされることもある、というくらい現金は使いにくいのです。

でも、海外旅行や出張でクレジットカードを使いたい時に

「支払回数は?」
「一括払いは英語でなんて言うの?」
「使い方は日本と同じ?」

など不安になる方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、海外でのクレジットカードの使用方法、英語フレーズなどを紹介します!

会計で支払回数を聞かれたら?

image-2016-05-25-21019782-41-card[1] 

海外での支払いにクレジットカードを使用する時、店員さんに「支払方法はどうしますか?」と英語で聞かれたらどう答えますか?

1回払い…one time

答えは…

何も答えなくていい!!

そもそも、海外ではクレジットカードの支払回数や支払い方法を聞かれることはありません。

何も答える必要がないのです。

海外のクレジットカードは支払い方法を選べないので、レシートや端末にサインをするだけでクレジット払いは完了します。

とても簡単ですよね。

一括払い、分割、リボ払いというのは、日本だからこそ選べる支払方法ということを覚えておいて下さい!

海外の支払い方法は?

海外でのクレジットカードの支払方法はどうなるのか。

というと、日本で発行されたクレジットカードには、海外利用時の支払い方法があらかじめ設定されています。

ほとんどが一括払いしか使えないカードでしょう。クレジットカードによっては海外利用に関して全てリボ払いに設定されている場合もあります。

この点は、海外出発前に確認しておきましょう。

海外ではカード払いの分割払いは無いの?

日本と海外ではクレジットカードのシステムが異なります。

クレジットカードで買い物をする時、支払い回数を答える必要はないとお伝えしたので、

『海外は全部一括払いしかないの?』

と疑問が湧いたのではないでしょうか?

私はアメックスとかVISA、マスターカードなど日本でも使用できるカードを使っていますが、毎月の締め日が過ぎるとクレジット会社から明細書が送付されます。

その時に支払いの残高を一括で払うか、一部を分割にして払うかを選択することができるんです。

分割で払う額は自分で自由に決定できるのですが(最低支払額は決まっています)、残高には利子が掛かります。ですから、日本のようにお店でのお会計の時に支払い方法を決めることはありません

海外ではカードで支払うということは「全額を一括でカード払い」することです。

日本でお買い物をする外国人の方に、支払いの選択肢について「現金一括払い」、「カード一括払い」、「分割払い(月賦)」ということを聞くとするなら、

"Would you like to pay the whole amount in cash or credit card?
Would you like us to split the charge? We can split it into 2, 3, or ......times."

と聞けば、誤解なく伝わるでしょう。

まとめ

クレジットカードを持たずに海外旅行をする方も稀にいらっしゃるのですが、海外ではカードは少なくても1枚は持っておくべきです。

最近ではクレジットカードがないと宿泊できないホテルも多かったり、レンタカーも借りられない……などということも増えてきているんです。

クレジットカードがないと旅行を満喫できないどころか、宿泊するところも探せない……と行動が限られてしまうので、現金主義の方でも海外へ行くならクレジットカードを忘れずに持っていくようにしましょう!

 

 こちらの記事もオススメ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事