海外旅行をする時、宿泊するホテルの予約は事前に行うのが一般的ですよね。
しかし、客室の希望はホテルの事情で変化する場合があります。

予約時のリクエスト通りの部屋が確保されているとも限らないので、
チェックインをして鍵を受け取る前に、どんな部屋か確認しましょう。

「窓から海が見える部屋を指定したのに、全然見えない……」
「高層階を指定したのに低層階になってる?」

など、楽しい旅のはじまりで気を落としたくないですよね。

そこで、チェックインの時に改めて具体的な希望を伝えるための
便利なフレーズや英単語をご紹介します!

部屋の希望を伝える

 dreamstimemaximum_38603234[1]

 ルームキーを受け取る前に、部屋の希望を伝えましょう

I’d like a room with a nice view, please.
眺めの良い部屋がいいのですが。

Do you have a twin-bedded room available?
ツインベッドの部屋はありますか?

Available=客室

I'd like ~, please.
Do you have ~?
は希望を伝える時に使えるフレーズなので、覚えておきたいですね。

ちなみに、ホテルの部屋、設備に関する単語は……

■禁煙室       a non smoking room(floor)
■ツインベッドの部屋 a twin-bedded room
■バスタブ(シャワー)付きの部屋 a room with a bathtub(and a shower)
■静かな部屋(フロア)a quiet room (floor)
■眺めの良い部屋   a room with a nice view
■エレベーターの近く a room near the elevator(lift)

■本館 main building
■新館 new wing
■別館 annex
■旧館 old wing

少し贅沢なお願いをする時

May I ask a room on a higher floor for?
(もう少し上の階のお部屋をお願いできますか?)

もう少し広めの部屋=a little bit larger room
もう少し上の階の部屋=a room on a higher floor
もう少し眺めの良い部屋=a room with a better view

上記の言葉も知っていると便利ですね。

同行者・友人と近くの部屋にしたい

We would like to have adjoining or connecting rooms.
近くの部屋がいいのですが。

Adjoining rooms =左右に隣接、もしくは向かい合わせの部屋
connecting rooms =左右に隣接し部屋がドアの内側で繋がっている


出張などで長期滞在する場合は、可能な限り部屋を見せてもらう

Could you please show me some rooms?
いくつか部屋を見せていただけますか?

こういったお願いは丁寧に伝えると良いですね。

 I’ll take it. Thank you.
その部屋にします。ありがとう。

That’ll be great! Thank you.
すばらしい!ありがとう。

希望通りの部屋を確保してもらえたら、
感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

<こちらの記事もオススメ!>

まとめ

いかがでしたか?

「どの部屋になるか」というのは、予約時に確定するものではありません。

思い出に残る素敵な旅行にするためにも、
チェックイン時に部屋を確認する習慣を身に着けておきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事