クレジットカードは買い物の支払だけではなく、
身分を証明するためにも活用されます。

旅行や出張で海外へ行く際も、
クレジットカードを持っていく方は多いですよね。

現金よりもスムーズに使えるのが特徴ですが、
海外ではクレジットカードトラブルの危険もあるので注意が必要です。

クレジットカードで支払う際は、
目の前できちんと処理が行われるのを確認しましょう。

クレジットカードの提示が求められる時~ホテルチェックイン時~

 Have-The-Best-Hotel-Reward-Credit-Card[1]

ホテルスタッフ
「How would you like to pay for incidentals, cash or credit card?」
支払い方法は現金とクレジットカードどちらになさいますか?
旅行者
「Credit card, please.」
クレジットカードでお願いします。

ホテルスタッフ
「Thank you. Could I have your credit card for a deposit?」
承知いたしました。それでは、保証金のためクレジットカードをお預かりします。
旅行者
「I have already paid for my room.」
部屋代はすでに支払っています。

ホテルスタッフ
「This is for pre-authorization. It is not a charge.」
これは事前承認なので、チャージはされません。

 

海外のホテルでは、部屋の代金を前払いで支払っていても、
クレジットカードの提示を求められることがあります。

ホテル内での飲食、その他のサービス、部屋代以外の
料金の保証のためなので、ほぼ100%このステップがあります。

海外のホテルでは当たり前のステップなので、
素直に渡してしまって問題ありません。

 

■この単語は覚えておこう

1159494_78_z[1]

Pay=支払い
incidental=雑費
credit card=クレジットカード
deposit=保証金
pre-authorization=事前承認

pre-authorizationでは、デポジットとして控えるクレジットカードが
正しく使用されているか確認するための仮チャージです。

大体、1泊分に相当する金額がチェックされます。
カード認証が済めば、金額はすぐにキャンセルされるのでご安心下さい。

「ホテル代は前払いしてるのに、二重でチャージされたの?」
と勘違いされる方も多いのですが、
落ち着いてホテルスタッフの説明を聞きましょう。

 

<こちらの記事もオススメ!>

まとめ

とても便利なクレジットカードですが、
海外ではホテルのフロントで提示を求められます。

デポジットとしてクレジットカードを登録することを知らないと
焦ってしまいそうですよね。

海外旅行に行く前に知っておくと安心できる
クレジットカードのマメ知識でした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事