ビジネスシーンで、英語での会議となると苦手な方は不安でいっぱいになってしまいますよね。

「自分の自己紹介だけじゃなくて、自分のパートも英語で話さないといけない……」
「海外チームも来ているから、ある程度英語で進行しないとな……」

日本語での会議なら不安なんて一切ない方も、英語での発言となると控えがちになってしまったり、英会話が苦手だからといって、会議で発言をしないでいると外国人との信頼関係も築くことはできませんよね。

控えめになってしまうと、せっかくのプロジェクトも自分の影響力はどんどん無くなっていくことだってあるのです。

会議で通用する英語力は身に付く方法ってないのですが、英語での会議は余儀なくやってくることがあります。

そんな時に、英語力が低くても積極的に話しかけることが大切になってくるのです。

消極的にならず、積極的に発言していきましょう。

 %20150221meeting-thumb-640x360-84327[1]

英語力に自信がない方こそ、自分から発言、質問をすることが大切です。

そこで得られるメリットは、

■会話の内容をリード

 英語力が低いうちは、簡単なことでも相手の言っていることが把握できないこともたくさんあります。

 いきなり相手に
What do you think?
と言われ、聞き取れないとYes,Yes…とうなずくだけになることも。

逆に自分からWhat do you think?と話かければ、
相手もWell, in my opinion…

こちらから質問をすることで、会話の内容をこちらでリードできるので、相手の回答を予想しやすくなります。また、相手が話している間に考える時間も生まれ、自分が発言する時には比較的落ち着くことができます。

例え、その後に内容が分からなくなることがあっても、自分から積極的に話しかけることで会議への理解を結果的に深めることができるのです。

 

■英語力に自信がもてる

1つのフレーズであっても、自分から質問をして相手に通じるという成功体験はとっても大切です。

人の脳は、感情や成功を体験とつなげると忘れにくいのです。そういった体験を積み重ねることで、英語への自信を高めることもでき、英語学習の良いきっかけにもなるのです。

英語での会議、ビジネスの機会をネガティブにとらえるのではなく、「チャンス」と捉えると良いですね。

■相手との信頼関係を築く

会議で発言が控えめになりがちになると、自分の影響力も下がり、話さない人、発言しない人という印象を与えかねないのです。

ですから、積極的にどんどん話して信頼関係を深めていきましょう。

 会議で使える英語フレーズ

ではここから、英語での会議に慣れるために、会議で使えるフレーズを紹介します。

音読してスッと発言できるように練習してみましょう。

<会議前>簡単な話題を切り出すフレーズ

It’s wonderful to see you again.
またお会いできて嬉しいです。

Are you still working at…?
今も___で働いているのですか?

Are you still in touch with…?
今も___さんと連絡を取り合っていますか?

I’ve heard a lot about you.
お噂はかねがね伺っております。

<会議前>自己紹介

I am Taro Yamada, I’m in charge of Marketing.
山田太郎です。マーケティングを担当しています。

Some of you may already know me. My name is Taro Yamada.
もうご存じかともしれませんが、山田太郎です。
[すでに何回か顔を合わせている時に使えるフレーズ]

<会議を始める>

Let’s get down to business.
本題に入りましょう。

Shall we start / begin?
始めてもよろしいですか?

Let’s move to the first item.
では最初の議題に入ります。

Ms. Tanaka, could you start please?
田中さん、始めてもらえますか?

Good morning / afternoon everyone.
みさなん、おはようございます。(こんにちは)

Thank you for your time today.
本日はお時間頂き、ありがとうございます。

Thank you very much for coming to this meeting.
お集まり頂きありがとうございます。

May I have your attention, please?
みなさん、よろしいですか?

I’d like to get things started.
では、はじめたいと思います。

<会議>トピックについて

PublicSpeaking1[1]

We are here today to discuss the new project.
新プロジェクトについて話合うためにお集まり頂きました。 

The purpose of this meeting is to discuss the new project.
この会議の目的は、新しいプロジェクトについて話し合う事です。

The reason I have called this meeting is to discuss the new project.
この会議を開いたのは、新プロジェクトについて話合うためです。

 

プレゼンテーションのトピックスは3つが効果的
3という数字は印象に残りやすく、リズムがとりやすいために効果的な印象を与えることができるんです。

イントネーションは、1番目と2番目、最後のフレーズをやや上がり目。3番目を下がり目で発音するのがメリハリのでるポイント。
実はこの手法、スティーブ・ジョブスも使っていました。

The agenda for this meeting is as follows:

First, I’d like to start with the new project’s budget.
Then, Michael will tell us about the project schedule.
Finally, we will decide the action plan.

会議の議題は、以下の通りです。
最初に、新プロジェクトの予算について、
次にマイケルがプロジェクトのスケジュールを説明します。
最後に、新プロジェクトのメンバーについてです。 

<会議>質問をする・促す

I have a question.
質問があります。

Do you have any questions?
質問はありますか?

May I interrupt?
ちょっといいですか?

Do you have any thoughts regarding…
___についてどう思われますか?

I’m not sure I understand. Do you mean…?
ちょっとわからないのですが、___という意味ですか?

Could you explain that again, please?
もう一度、説明いただけますか?

Could you give us some more details?

もう少し詳細を教えていただけますか?

I don’t understand…
____
についてわかりません。

May I ask your opinion?
あなたの意見はいかがですか?

解決案を求めるフレーズ

What do you think we should do?
私たちはどうすべきだと思いますか?

How would you suggest that we solve this issue?Audio Player
この問題をどう解決したらよろしいでしょうか?

アクションを求めるフレーズ

I’d like everyone to research the market before the next meeting.
次の会議までにマーケット調査をお願いいたします。
[部下や同僚に言うやや強い表現。 ]

Could you research the market before the next meeting?
次の会議までにマーケット調査をお願いできますか?
[よりフォーマルな表現です。]

会議の締めのフレーズ

shutterstock_204774604[1]

May I ask for two or three comments before we close?
会議を終える前に、ご意見をいただきたいと思いますが

This concludes our meeting.
では、会議を終わります。

I think we’ve covered everything.
話し合いは以上です。

Thank you for your participation today.
みなさんのご意見、ありがとうございました。

<会議後>ランチに誘うフレーズ

会議の英語に慣れてきたら、会議後にランチに誘ってみるのもおすすめ。

What are you doing for lunch after this?
この(会議)後のランチどうしますか?

Do you have any plans after this?
この後、どうしますか?

Are you free after this?
この後、時間ありますか?

Let’s grab something to eat.
ランチにしましょう!

Have you had lunch already?
もうお昼食べた?



<人気の記事はこちら!>

まとめ

会議で使えるフレーズを紹介して参りましたが、これで英語の会議をこなせるようになるわけではありません。

積極的に発言をすることが大切です。

英語での会議が毎週行われる……というならチャンスです!

発言できなかったことや、分からなかったことを次回までに復習したり、調べること、発言できるように繰り返すことで英語力アップにつながります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事