Businessman and businesswoman shaking hands

ビジネスシーンでの自己紹介について、ご質問をいただきました。

「My name is ○○ of XX company. と言いたいのですが、これで合っていますか?」
「My name is ○○ from XX company.という人もいるのですが、どちらが正しいのでしょうか」

「My name is ○○~から言い始めたいのですが、アドバイスをお願い致します」

それでは、ご質問にお答えしたいと思います。

私は○○株式会社の■■です。

 introduce[1]

質問の回答をまず言いますと、

fromが正解です。

日本語での電話などで「○○株式会社の___と申します。」という当たり前の自己紹介の仕方は、必ずしも英語圏で誰もが自己紹介をする時に使う表現ではありません。

日本では自分の所属している会社を伝えることは大切なことで、省くことはできませんよね。

My name is ________ from XYZ company.

これも間違いではないのですが、あまり使わない紹介の仕方。

自然な自己紹介をできるのは、

My name is ____.
I’m working for XYZ Co., Ltd.

まず名前を述べて、職業、最後に所属する会社を述べるのが正しい方法(順番)になります

この順番は文化的な違いで、欧米では名前が先に、最後に苗字が来ます。

日本では苗字(所属する家)があり、名前(個人)の順番ですよね。
「拙者、何々藩、誰の誰兵衛が家臣、石川五右衛門と申す」
この順番は日本の文化であり、しきたりですね。

自分の名前・所属・会社名を紹介するフレーズ例

My name is Taro Yamada,a planning manager at XYZ company.
「XYZ会社で企画課長を務めております、山田太郎と申します」

My name is Taro Yamada.
I working for
XYZ company.
私はXYZ会社で働いています。(雇用関係を表す)

I work for XYZ company at Tokyo.
私は東京にあるXYZ社で働いています。(場所を指す表現)

I’m in the Sales Department.
営業部にいます。

I’m in charge of our internal systems.
私は社内システム担当です。

 

その他にも…

I’m a freshman here.
新入社員です。

I’m the manager of the Sales Department.
営業部の部長です。

I have worked in Accounting for 2 years.
私は経理部で2年間働いていました。

I’ve been working for this company for 10 years.
この会社で10年働いています。

こちらの表現もあるので参考にしてみてください。

ビジネスシーン~自己紹介の会話例~

Mr. Smith: Hello, I’m John Smith. Nice to meet you.
(はじめまして。私はジョン・スミスです)

Taro: Hi, my name is Taro Yamada. Nice to meet you Mr.Smith.
(私は山田太郎です。お会いできて嬉しいです)

Mr.Smith
: Lovely to meet you, Taro. I’m the managing director of XYZ trading. What do you do, Taro?
(お会いできてよかったです。私はXYZトレーディングで社長をしています。お仕事は何をされているのですか?)

Taro
: I work for Google. I’m in charge of international sales.
(グーグルで勤めています。インターナショナルセールスの担当をしています)

~違う話題へ~去り際に

Taro: Well, I’m afraid I have to go now. It was nice talking to you, Mr.Smith.
(グーグルで勤めています。インターナショナルセールスの担当をしています)

Mr.Smith:
It was lovely talking to you, too. I’ll see you soon.
(こちらこそお話できてよかったです。では、また)

 

<人気の記事はこちら!>

まとめ

いかがでしたか?

簡潔に大切なことを伝えるのですが、仕事に関しての表現はたくさんあるので、自分の仕事に合ったものをあらかじめ準備しておくと自己紹介もスムーズに行うことができます。

役職名や部署名の英語名が分からない時は、上記の記事も参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事