日本人の英語は「寝る」と「眠る」の意味を区別をしないため、
たびたび間違いが生じると言われています。

なぜなら、英語ではシチュエーションに応じて
”sleep” “asleep” “get to sleep” “go to bed”など様々な言葉で表現しているからです。

あなたはこれらの違いを説明できますか?

意外と説明できる人は少なく、気付かずに間違って使っていることも多いのです。

睡眠にまつわるいくつかの表現を見直し、
それぞれの違いや間違いやすいポイントを解説していきます。

“sleep”

 baby-1151351_640

英語が苦手な方でも、sleepの意味は分かるという方が多いはずです。

「sleep」の意味は、動詞の「寝る」名詞の「睡眠」のふたつです。

スマホで「スリープモード」の設定ができたり、sleepという英単語は私たちの身近にあります。

ここでポイントがあります。
動詞の「寝る」を使うときは注意して下さい!

動詞は”眠っている状態が続いている時”に使用します。

×What time did you sleep last night?
How long did you sleep last night?

最初の例文はsleepの使い方が間違っていますが、どこがおかしいか分かりますか?

これは、
継続して眠っているsleep
と、
寝た時間をピンポイントに尋ねる”what time”がケンカしてしまっているので
注意してください。

2つ目の文章は、正しいフレーズです。

「昨日の夜、何時間眠りましたか?」という質問は、
継続して眠るsleepと、何時間(どのくらいの長さ)が合っているからです。


<動詞のsleepが使われる主な例>

Did you sleep well?
よく寝れた?

I slept fpr half an hour.
30
分寝ました。

I couldn’t sleep because of the noise.
騒音がうるさくて寝れなかったんだ。

これらは、眠っている状態が続いている状況で使われていますよね。

 

<名詞のsleepを使った主な例>

Did you have a good sleep last night?
昨日はよく寝られましたか?

I didn’t get much sleep last night.
昨日はあんまり寝てないんだ

I woke up at 7 but went back to sleep right away.
7
時に目が覚めましたが、二度寝をしてしまいました。

動詞と名詞の「sleep」の意味をそれぞれ理解して使うことができれば、
相手との会話も弾みますね!

眠りにつくピンポイントの「寝る」の表現

baby-1459641_640

日本語では、動詞や名詞によって「寝る」の意味を使い分ける必要がありません。
眠りにつく瞬間も、ずっと眠っている状態のことも「寝る」という言葉で通用します。

しかし、英語の場合ピンポイントな出来事の「寝る」の時に、sleepは使わないということを覚えておいて下さい

眠りに落ちる=fall asleep

“fall asleep” の他には、“go to sleep” “get to sleep” と似たニュアンスがあるので、
こちらの意味の違いをチェックしてみましょう。

“asleep”とは「寝ている」(形容詞)という状態を表します。

さらに、「~の状態に陥る」という意味のfallがつく
寝ている状態に陥る=眠りに落ちるという意味になるのです。

眠るつもりはなかったけれど、いつの間にか眠ってしまった……
という場合にも使われます。

I fell asleep because the movie was boring.
映画がつまらなかったから途中で寝てしまった。

I tried not to fall asleep in class.
授業中に寝ないように頑張った。

“go to sleep”

無意識に「寝入る」を表す” fall asleep”に対して、
“go to sleep”は意識的に「眠りに入る」を表します。

“go to sleep”=意識的に眠りに入る

What time do you usually go to sleep?
いつも何時に寝るの?

Go to sleep. It’s late.
もう遅いから寝なさい。(布団の中で起きている子どもに対して)

 

"get to sleep"

“get to sleep”“fall asleep”と同じような意味で「寝付く」を表しますが、
疑問文や否定分で使用されることが多い表現。

Alcohol helps me get to sleep easily.
アルコールを飲むと寝付きがよくなる

I couldn’t get to sleep until 5 in the morning.
朝の5時まで寝付けなかった。

 

"Go to bed”

直訳で、ベッドに向かうという意味。

他の表現とは少し異なり「sleep」という単語が使われていません。
しかし、この言葉には眠るためにベッドへ向かう」という意味が込められています。

I’m exhausted. I’m going to bed early today.
すごく疲れたから、今日は早く寝ます。

It’s time to go to bed!
寝る時間よ!

What time did you go to bed last night?
昨日は何時に寝ましたか?

I went to bed early and read until 12am.
早くベッドに入って12時まで読書をした

”go to bed”=寝る が一般的ですが、そうではない場合も。

イディオムで会話に登場する”sleep”

 sleep-1411866_640

ここからは、会話でもよく耳にするフレーズです。実際に声に出してフレーズを覚えてみて下さい。

Get some sleep.
ちょっと寝たら?

「少し睡眠を取る」というニュアンスの表現。
睡眠不足で疲れている人に対して「少し寝たら?」という時には、“Go to bed.”ではなく、名詞の“sleep”を使って” Get some sleep.”という事が多いです。

 

I sleep in/late every weekend.
週末はいつも朝ゆっくり寝ます。

sleep in/late=(わざと)朝寝坊する

週末の朝、休日前に遅くまでゆっくり眠ることを表現するフレーズです。すっかり朝寝坊する意味とは異なるので、区別して覚えましょう。

うっかり朝寝坊= oversleep

 

She was still half asleep when he picked up the phone.
彼女は電話に出たとき、まだ寝ぼけていた。

half asleep=(目覚めた後に)ぼんやりして

朝起きた時、昼寝から覚めた時の寝起きにぼーっとしてしまうことはあるでしょう。
半分寝ている状態のことを指すフレーズです。

 

I slept like a log – I didn’t hear my alarm go off.
ぐっすり寝てて目覚ましが聞こえなかった。

sleep like a log=爆睡する

ぐっすりと寝ることを表す表現です。
”baby”が使われる場合もあるので覚えておいて下さいね。

 

Can I sleep on it? I’ll let you know tomorrow.
一晩考えていいですか?明日知らせます。

sleep on~=~について一晩考える

例えば何か大切なことを決めなければいけない時、
その場ですぐに答えを出さずに一晩かけてよく考えるという意味です。

 

また、sleepには異性と寝るという意味も含まれます。

”sleep with 〜”(~と寝る)
“sleep together”(一緒に寝る)

などの表現は、映画やドラマでもよく出てくる表現です。

We co-sleep with our 7 month old.
7か月の我が子と一緒に寝ています。

日本では親が赤ちゃんや子どもと一緒の布団で寝る習慣もありますよね。
“co-sleep / co sleep”を使います。

“We share a bed with our baby.
赤ちゃんと同じベッドで寝ています。

”share”を使ってもOK

こちらの表現も覚えておいて損はないですね。

 

 <人気の記事はこちら!> 

まとめ

いかがでしたか?

日本語では「寝る」という単語をそこまで意識をせずに使っていますよね。

英語ではシチュエーションに応じて使われる単語も異なってきます。
今まであまり意識してこなかった「寝る」「眠っていた」などの英語表現を、
これから正しく表現していきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事