何かを人にお願いする時は、丁寧な表現を使いますよね?

「これやっといて!」
「こちらをお願い出来ますか?」

どちらのほうが頼まれて気分が良いでしょうか。

日本語だけではなく、英語にも丁寧語が存在します。
何かをお願いする時の“Could you ~?””Would you ~?”ですが、
これらの表現の違いをそれぞれ説明できますか?

今回は、“Could you ~?”と”Would you ~?”のニュアンスの違い/使い分け
について解説していきます。

それぞれの意味合い

“Could you ?””Would you ?”のそれぞれの意味合いからチェックしていきましょう。

まず、“could”・“would"の意味です。
これらはcanとwillの過去形ですが、
話の内容が現在のことであっても過去の表現を使います。
なぜだと思いますか?

……その理由は、見せかけの過去形を使うことで丁寧さを表現するためなのです。

英語で丁寧さを表現したい時は、
直接的な表現を控えて遠回しな表現を選択することが多いです。

意味合いがそれぞれ違うので、例文を交えながら確認していきましょう。

“Could you ?”

IMG_7514[1]

“Could you ?”とは、頼みごとの内容を相手が物理的に実行できるかどうか、
という所に注目した表現となっています。

例えば、海外で道に迷ってしまった場合は、
”Could you ?”を選ぶ方が多いと思います。(Can you ?でもOK)

Could you tell me how to get to the station?
駅への行き方を教えて頂けますか?

“can”=~することができる
つまり、ability(能力)を表すことから” Could(Can) you 〜?”となるのです。

”Would you ?”

”Would you ?”と“Could you ?”の意味とほとんど同じで、
相手の能力と物理的に実行できるかどうかを確認します。
ただ、”Would you ~?”は頼みごとを快く引き受けてくれるかどうか
という相手の気持ちに焦点を当てているのです。

 

“will”は「~するつもり」というように意思を表す英単語。
“Would(Will) you 〜?”で相手にそうしてくれる意思があるかどうかを尋ねる質問になるのです。

“Would(Will) you ?”は、能力・物理的に相手が頼みごとを実行できると分かったうえで
「~してくれますか?」と相手の気持ちを確かめている
ことが多いです。


Would you please shut the window?
窓を閉めてくれませんか?

これは相手が能力的にも実行できると分かった上で、
閉めてもらえますか?と相手の意思を確認しています。

これを
Could you please shut the window?

と聞くと、意地悪な人は”I could. But I won’t(will not).”(できるけどしないよ)
と答えることもできちゃいます。
 

それぞれの意味が分かった所で、更に理解を深めてみましょう。

例文でさらに深く2つをチェック!

 shutterstock_268204013[1]

“Could you please tell me how to get to the station?”
“Would you please tell me how to get to the station?”

<2つの文のそれぞれのポイント>
両方とも、相手に道を教えてくれる〇〇があるのか。という文が当てはまります。
この〇〇の部分に何が入るか考えてみて下さい。

正解は、Could you~=能力、Would you~=意思

道端で知らない人に道を尋ねる場合は、
相手の能力が分からないので“Could you”を選択するのが無難ですよね

しかし”Would you”を使える場合もあります。

Could you please open the window?
Would you please open the window?

この例文でも、“Could you”は相手ができるかどうかを尋ね、
” Would you”は相手に意思があるかどうかを尋ね
ています。
その場の状況によってはどちらも使える表現ですよね。

どっちを使えばよいのか迷った時は

丁寧にお願いをしたいけれど、どちらを使えば良いのか分からない…という時は、

Would you mind ~?
~していただけませんか?

直訳では「~するのは嫌だと思いますか?」ですが、
実際は「~していただけませんか?」という意味になります。

Would you be able to ~?
~していただくことはできますでしょうか?
(最も丁寧な表現)

Would you mind picking me up at six tomorrow?
明日の6時に迎えに来て頂けませんか?

Would you be able to help me?
お手伝いいただくことはできますでしょうか?

Would you mind ?は日常的に「~して頂けませんか?」という時によく使われます。
Would you be able to ?は、相手が面倒だと感じるようなお願いをする時によく使われます。

上記の2つのフレーズを覚えて、頭に入れておくと便利ですよ!

 

<こちらの記事もオススメ!>

まとめ

いかがでしたか?

2つのニュアンスの違いを把握することができましたでしょうか。

まだしっくり来ない……という方は、
can
willの違いをしっかり押さえることで理解が深まるはずです。

意味を把握して正しい使い分けをしていきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事