友達が風邪をひいてしまった時や、家族が入院してしまった時、
同僚の具合が悪そうな時……

そんな時、相手に対して「お大事に」と声をかけませんか?

この「お大事に」という表現ですが、
英語では一体どのように表すのでしょうか。

相手を気遣う気持ちを正しく表現するために、
「お大事に」と伝えるときの英語フレーズをいくつかご紹介します

「お大事に」と相手に直接伝える場合

 Takecare

<電話口や面と向かって相手にお大事にと伝える表現>

Take care!

海外では、日常的に使われている気軽な表現です。
See youの前後に付け加えます。

※Take careの意味は、相手がどこかへ行ったりする場合に
「気を付けてね」という意味でも多く使われます。

 

Take care of your bady.
あなた自身をお大事にね。
この表現は、Take care!だけよりも少し強めのニュアンスになります。

 

(Please)Take good care of yourself.
goodを入れることで「本当に」という強い意味が込められます。


Take care. Get some rest.

無理しないで、ゆっくり休んでください。


Take care of your body.

あなたの体を大事にしてね。
※Take care of your bady.と似ています。


Get well soon.
すぐに良くなって下さいね。
soonを入れるのがポイント!Get wellだけなら、
友達同士で軽く使うこともあります。


I hope you get better soon.

使える丁寧な表現なので、フォーマルな時に使えます。
betterではなく、wellでもOK
I hope があると伝わるニュアンスも異なります。


I wish you a speedy recovery.
1日も早い回復を願っています。


God bless you!
頑張って!/あなたに幸あれ!
※Godは言わなくても伝わります。

「お大事にとお伝えください」と誰かに頼む場合

 f4f1d8e8[1]

相手に直接伝えるのではなく、
第三者に伝えることをお願いする時の「お大事に」の表現です。

Tell her(him) to get well soon(get better).
彼女()にお大事にとお伝えください。

I hope your mother [wife, daughter, etc.] gets better soon.
あなたの〇〇さんが良くなりますように。(家族に病人がいる方へ向けて)

まとめ

いかがでしたか?

「お大事に」といっても、
今回ご紹介したように表現はたくさんあります。

その場の状況や相手の具合を考慮したうえで、

「早く良くなってもらいたい」
「あなたを心配していますよ」

という気持ちを込めながら、相手に伝えましょう。

また、お大事にと伝える時はあまり重い表情ではなく、
手短に伝えるのがポイントになります。

自分が返事をする場合は、
OK」「Thank you」「You too」と短く返事をするのが最適です。

英会話では長い文章よりも、
短くさりげなく伝えることが大切なのでぜひ覚えておいて下さい。

 

<おすすめの記事はこちら!>

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事