英会話を勉強しようと思い一念発起して教材を購入したものの、結局続かずにその辺りに放置してしまっているというケースは少なくありません。

これは教材の選び方が悪かったのでしょうか。

そうとは限りません。

この場合は、教材の活用方法が分かっていないことがほとんどです。

英会話の教材にもいろいろな種類がありますが、自分に合った活用法というのは必ずあります。

今回は、独学で英会話を身につけるために絶対必要な「教材の活用方法」についてお話していきましょう。

英会話教材にはどのようなものがあるの?


まず、英会話の教材について今一度どのような種類のものがあるのかを理解しておきましょう。

教材によって活用方法も異なります。

まずは、ご自身が持っている教材もしくはこれから購入するかもしれない教材がどの種類に属しているのかを確認してみてくださいね。

タイプ①リスニング教材

スピードラーニングという「聞き流し教材」が何年も前に流行りましたが、これがリスニング教材の中で特に有名ですね。

リスニング教材はCDもしくは音声ファイルの中に、英語の音声のみが含まれているものです。

聴くだけで英会話ができるようになる!といううたい文句のものですね。

集中してリスニング力を強化したい人向けです。

タイプ②ムービー教材

ムービー教材はリスニング教材と違い、目で見て理解することができるムービー形式の教材です。

NHKのテレビ英会話講座のようなもので、実際に英語での会話を音声だけでなく映像で見ながら、英会話を学んでいくというものです。

スマホPCで手軽に使うことができるように作られていることがほとんどです。

リスニング教材で耳から聞くだけだと飽きてしまう人にはとても使いやすい教材です。

タイプ③オンラインスクールの復習用教材

今や、オンライン英会話は高価なものではありません

画面を通して行う英会話レッスンはサービスによってとても安価に受講できるようになりました。

オンラインスクールによっては、復習用の教材がとても充実していて、自宅でも自習できるように考えられていることが多いため、上手く活用できればレッスン以外でも効率的に英語力を伸ばしていくことができます

タイプ④本屋で購入できるテキスト教材

参考書のようなテキスト型の教材で英会話を独学で身につけようというのもひとつの方法です。

レベルに合ったテキストを選び、それを元に読み進めていくことで着実に語彙力や文章力が養われます

勉強的な要素が強いタイプの教材になるため、人によっては合わないと感じる人もいます

ページごとに読み進めてしっかり学んでいく勉強タイプが好きな人にはおすすめです。

英会話教材を効率的に活用していくための5つのコツ


それでは、英会話の教材を実際に活用していくためには、どういう点に気を付ければ良いのでしょうか。

教材はたくさん世に出回っていますし入手するのは簡単です。

難しいのはこれをしっかり活用して自分の英語力を上げていくことです。

ここでは5つのコツについて紹介させていただきます。

これまで教材を活用できずに「お金の無駄だったな」と感じた経験のある方には、ぜひこの5つのコツからご自身に合った活用方法を見出していただければ幸いです。

コツ①期限を決めて教材を使い終えるまでのスケジュールを立てる

教材があっても使いこなせないという場合、その多くが「特に期限を決めずに英会話の勉強をはじめた」というケースです。

教材に含まれている内容には限りがありますよね。

その内容を一体いつまでに終わらせるのかというのは初めに決めておくに限ります

これによって、〇月までにはこの教材を使い終わるというイメージができるようになります。

こうしておかなければ、「ちょっと忙しいから今はお休み」なんてことが頻繁に起こってしまいます。

期限をあらかじめ設定しておくことで、英会話の勉強が自分の習慣にならずして自分の興味の対象からも外れてしまうということが起こることを防ぐことができます。

要はモチベーションを保ちやすくなる、ということですね。

コツ②一週間の予定を見て毎日何時から何時まで英会話の勉強をすると決めておく

教材を活用するためには、「ときどき」ではなく「その教材を使う機会がほぼ毎日ある」状態にするのが大切です。

そのためには、あなたの生活の中でどのタイミングに英会話の勉強の時間を入れ込んでいくのかを決めておくのがおすすめです。

つまり、月曜日から木曜日は夜の〇時から1時間教材を使って勉強する、金曜日と土曜日はこの時間に勉強をする、というように決めてアラームをセットするなりしておくということです。

これによって、その教材を活用して英語を学習することが生活の一部になり、やらなくてはいけない必須事項へと変わっていきます。

コツ③リスニング教材は理解できるようになってから先に進むようにする

聞き流すタイプのリスニング教材であっても、これをただ単に日々流し続けているだけの「ながら勉強」ではなかなか英会話は身につきません

リスニング教材は確実に理解しながら先へ進めることが重要です。

リスニング教材を活用できていないというのは、「聞いてはいるけれど、結局上達できている気はしない」という状況であることがほとんどです。

これを変えるためには、分からないところをクリアにしてから先へ進むということを徹底していく必要があります。

コツ④成果を感じなくても3カ月同じことを継続して行う

英会話の教材を買っても、なかなかそれを活用して英語を上達させることができないのは、「上達できる前に挫折してしまう」からです。

英会話の勉強は、どれほど評判の良い教材を使ったところで、数週間程度でみるみる上達できるようなものではありません

だからこそ継続することが大事なのです。

そして、その期間は一旦3カ月は見ておきましょう

一度やり方を決めて、同じ教材でひたすら継続的に勉強していくことは簡単ではないかもしれませんが、継続することで確実に効果は得られるのが英会話の勉強</span>です。

コツ⑤使わなくなった教材がある場合は一番初めからやり直してみる

もしも、あなたが過去に「よし!これで勉強しよう!」と思って購入した英会話の教材が、今も部屋の片隅に転がっているとしたら、それをもう一度使ってみてください。

そして、その場合に注意すべきことは「一からやり直す」ということです。

中途半端に使ってしまった教材の内容というのは、思った以上に頭に入っていないものです。

そして、「前にこれを使っていて上手く活用できずに挫折してしまったな」という苦い思い出もセットになってしまっています。

これをもう一度活用するためには、新しい気持ちで取り組むということが欠かせません

初めからやり直して初心に戻って取り組むのがコツです。

まとめ


英会話教材は、持っているだけでは何の役にも立ちません。活用して初めて意味があるものです。

多くの人は、これを活用せずして、「あんまり上達できなかった」というようなことを言うのですが、そうではありません

上達できなかったのは、教材を活用できなかったことが原因です。

英会話はやり方を決めてしっかり継続して勉強をしていけば、少しずつ必ず身についていくものです。

大切なのは、いかにしてその教材を自分に合った方法で活用していくかという点です。

ここで紹介した5つのコツを理解し、もう一度新しい気持ちで取り組んでみてください。継続していくことで確実に効果を感じられるようになるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事