英語が話せたらカッコイイなと憧れる気持ちはありつつも、なかなか英会話をスタートするのは勇気が要ることですよね。

しかも全くの初心者からしてみれば、英会話の勉強をスタートすると言ってもその勉強法が分かりません

というわけで、今回はこれから一念発起して英会話にチャレンジする人向けに、初心者が取り入れるべき勉強法について書かせていただきたいと思います。

勉強法その①中学生の参考書を用意する


英会話をスタートするとき、人はなぜかすごく高額な教材に手を出したり、いきなり高い英会話教室に申し込んだりしがちです。

ですが、まず初めにするべきことはそれほど大掛かりなことではありません

大切なことを言っておきます。

中学生で学んだ英語をもう一度やり直すだけで、英会話をかなり上達させることができます

皆さんはきっと、友達同士で話すようなことが英語で話せればいいなと思っているのではないでしょうか。

そうなるとつまり、話せるようになりたいことは日常会話ですよね。

・今日は友達とランチに行って、美味しいカレーを食べました。
・新しいテレビドラマが最高に面白くてハマった!
・どうしたらダイエットできるだろう。食事制限って大変よね。
・彼氏ができて、最高に幸せなの!

こんな内容の話が英語でスラスラできたらいいなと思っているのであれば、この程度の会話は中学生英語で十分事足ります

私たちは、中学生のときにかなりたくさんのことを学んでいるのですが、実践に活かせていないので結局今も英会話として身についていないだけの話です。

中学生用の英語の参考書を用意してください。

そして、それを毎日1ページずつでも読み進めてください

それで必ず、先ほど挙げた例文のような内容のことは英語で話せるようになります。

勉強法その②ラジオの初心者向け英会話を毎回確実に聞く


英会話スクールに通うことをしなくても、英語のレッスンのようなものを無料で受けることは可能です。

それが、ラジオ英会話です。

様々な難易度のものが用意されているNHKラジオ講座をぜひ利用しましょう。

ラジオというと聴き慣れない人にとっては少し抵抗を感じるかもしれません。

ですが慣れてしまえばとても有効な英会話の勉強法のひとつになります。

ここで大切なのは、毎週もしくは毎日のように習慣づけて聴き続けることです。

継続してやっていることがあればあるほど、「これだけちゃんと続けてるんだからきっと効果がでるはず」という暗示に自分をかけることもできます。

継続は力なりといますが、一度二度で退屈だと感じても絶対に投げ出さないでください

時間にしてみればとても短時間で済むことです。どれだけ忙しくても継続して聴き続けましょう。

勉強法その③リスニングのときにリピートして声に出す練習をする


最初におすすめした、中学生英語の参考書にCDが付いていればそれでもかまいませんし、別のリスニング用教材でも構いません。

リスニングの時間は必ず取り入れてください

毎日できる限り英語を耳に入れること、これはとても大切なことです。

聴きとれるようになると、英会話に対する苦手意識がどんどんなくなっていくのが分かります

英会話に対して、「絶対自分にはできそうにない」と感じるのは、まず聴きとることができないからです。

聴いて分からないことに対して苦手意識を持つのは自然なことです。

であれば、まずはここから集中的に鍛えていきましょう

このときに絶対にやってほしいことがあります。

それが、声に出してリピートするということです。

リスニングの勉強をするときはスピーキングの勉強をするチャンスでもあります。

どうせなら一石二鳥を目指しましょう。

リスニングで聞いた文章を、CDの真似をして唱えるだけでばっちりです。

それだけで、リスニングのトレーニングはリスニングだけで終わりません。

スピーキングを兼ねたリスニングのトレーニングとなるということですね!

勉強法その④書いて覚える


勉強の仕方は人それぞれですが、書いて覚えるというのはやはり取り入れるべき勉強法のひとつです。

今では日本人も文字を紙に書くということがとても少なくなり、私たち日本人でさえ「あれ、この漢字ってどうやって書くんだっけ」と思い出せなくなってしまうこともありますよね。

それだけ、書くということをしないと人はなかなか暗記することができない生き物なのです。

ということを考えると、やはり書くことは大切です。

単語をひたすら書いて覚えた学生時代のように、また書きながら覚えるということを始めましょう。

参考書を使って勉強をしているときに、分からない単語に出会うことがたくさんあるでしょう。

このときにまず分からなかった単語をメモしておきます

それを参考書の勉強が終わった後に、復習の意味を込めてひたすら書くのです。

これで単語力は確実にアップします

単語力というのは英会話の初心者の勉強において非常に大切です。

極端に言ってみれば、英会話は単語だけでもどうにか成り立ちます。

もちろん、きちんと文章で話せるようになることが大切ではあります。

ですが、いざ外国人を目の前にしたときに全く話せないよりは、単語だけでもコミュニケーションが取れた方が良いに決まっています。

単語は書いて書いて書き続けて覚えていくことをおすすめします。

勉強法その⑤オンライン英会話を受講する


さて、今は良い時代になったものです。

オンライン英会話は月に5,000円程度から始めることができるようになりました。

一昔前までは、こんなことは考えもしなかったことです。

何万円もの大金をはたいて週1回の英会話レッスンを受けていた時代はもう過ぎ去りました

安価で質の良い英会話レッスンは、自宅でオンラインで受けることができます

一度、オンライン英会話を体験してみることをおすすめします。

画面越しにレッスンを受けることが何となくイメージできず抵抗を感じる人も多いと思います。

ですが、受けてみると案外画面越しのやり取りも、思うよりも自然です。

まるで目の前に講師がいるような感覚で、しっかりレッスンを受けることができることに気が付くでしょう。

初心者の段階から、こうしたオンライン英会話を取り入れていくことはとてもいい方法です。

もちろん、話せなくてツライと思います。

初めは皆同じです。ですが、この「話せないことによるイライラ」を感じることも、英会話のモチベーションUPに繋がっていきます。

「もっと話せるようにならなくては!」という危機感をもつことができるため、より一層しっかりと独学に励むことができるようになるものです。

まとめ


独学で英会話をマスターすることは可能です

誰にでもできることです

これが難しく感じるのは、初心者の段階では相手の言っていることやCDで流れる英語音声が全く理解ができないからです。

誰しもがこの時期を経て上達していきます。

最初から英語がスラスラと耳に入ってくる人なんてひとりもいません。

英会話は、聞くことと話すことがメインとなりますが、英会話をマスターするには読み書きもやはり重要なポイントとなります。

偏りなく全てを伸ばしていきましょう。

初心者の段階から偏りなくスキルを伸ばしていくことが大切です。

そうすることで、今後英会話が上達していく過程でも極端に苦手とする部分が出てきにくくなります。

中学生レベルの英語でも十分に日常会話が成り立つということを忘れないでください。

そうすればきっと、「私にもきっとできそう!」と思えてくるはずです。

絶対にできる、そう信じてまずはスタートしてみることが大切です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事