英会話を学ぼうとするとき、人はつい「すぐに話せるようになりたい!」と結果を急いで出したいという気持ちになりがちです。

実際、英会話を身につけている人たちは皆ある程度の期間をかけて少しずつ上達してきたというのが現実です。

英会話上達のカギは「継続すること」です。日々の中に英会話を取り入れ、それを習慣にすることで確実に英語は身についていきます。

今回は、英会話上達のために習慣にするべき5つのことについてお話していきましょう。

英語を勉強する時間的余裕がないと思っている人へ


英会話をマスターしたいけれど、仕事も忙しいし英語の勉強ばかりに時間を費やせないという声を聞くことがあります。

これを耳にしたときにまず思うのは、「それってただの言い訳だよな」ということ。

ダイエットがしたいけれど、ジムに通う暇がないというのと同じことです。

皆それなりに忙しい中で、時間を上手く使って自分のやりたいこと、達成したい目標に向かって頑張っているわけです。

忙しくてできないなんてことはありえません。

そして、もうひとつ伝えておきたいことがあります。

それは、「英会話をマスターするために、毎日何時間も咲く必要は必ずしもない」ということです。

もちろん、集中的に英語漬けの日々を送ればそれだけ上達は早くなります。

ですが、ゆっくりでも確実に学んでいくことができるのが英会話です。努力は裏切りません

今回お話しするのは、英会話上達のために取り入れるべき習慣です。

習慣ですから、日々の生活の中に入れ込んでいくだけで良いのです。

新たにたっぷりと時間を作り、新しく何かを始めるということとは全く違う考え方です。

どれだけ忙しくても絶対に可能な方法です。

時間がないことを理由にあきらめるのではなく、時間をかけずにできることから始めてみましょう。

英会話が確実に上達する5つの習慣


私自身も、日常会話に困らない程度の英会話は身につけましたが、中でも効果があると感じた方法はここで紹介する5つです。

しかも、これらはどれも時間がそれほどかからないものばかりなので、強い意志さえあれば確実に継続できることです。

大切なのは、「習慣」にすることです。

つまり毎日の生活の中に絶対に取り入れるようにすること、これができれば絶対に効果は出ます。

習慣①英語を声に出す時間を毎日必ずつくる

英会話は会話ですから、相手がいなければできないことだと思われがちです。

ですが、実際には会話でなくても自分自身で勝手にしゃべることで足りない会話量を補うことは簡単にできます。

英語を声に出すことを習慣づけてください

何でもいいのです。ひとりごとから始めてみましょう。

I’m so tired today!
I have to clean my room.
I will go to the gym tomorrow.
I saw my friend this afternoon. We ate pizza at Italian restaurant.

こんなふうに、今日の出来事をひとりでしゃべってみることで、日常会話スキルをUPさせていくことができます。

このときに、「あれ?これってなんて言えばいいんだろう」と感じたら、その場でわからない単語を調べる癖を付けるのがポイントです。

そうすることで言えることが増えていきます。

実際に口に出すことで自分がどの程度の難易度のことを英語で話せるかが分かるので、上達もしっかり実感することができますよ。

習慣②英語で文章を書く時間を毎日必ずつくる

先ほどは、声に出して英語を話してみるということについて書きましたが、やはり書くことも大切です。

というわけで、英語で文章を書く時間を必ず毎日作るようにしてください

英語で文章なんて書けない!と思うかもしれませんが、そんなに大変なことを言っているのではありません。

先ほど挙げた例文のような、「今日の出来事」を日記のようにメモに書き留めるだけでいいのです。

時間にして5分程度で済むことです。

日記というと大変に感じるかもしれませんが、要はその日に起こったことをいくつか英文にして書けばよいことです。

そのとき自分がどう感じたかも書いてみると良いでしょう。

もちろんこのときにも、分からない単語は分からないままにせずにその都度調べましょう。

習慣③好きな海外ドラマやYouTubeのチャンネルを毎日見る

英会話を上達させるための習慣の中には、やはり聞くことも入れていかなければなりません。

これを習慣として続けていくためには、自分自身が好きな何かを利用するというのが大切なポイントです。

例えば、好きな海外ドラマのエピソードを毎日1話見ることは、決して苦痛には感じませんよね。

YouTubeのチャンネルでお気に入りに登録しているものでも構いません。

できる限り、日本語字幕を使わないようにすると効果がより期待できます

このあたりは、皆さんの英会話レベルによるので、ご自身のレベルに合わせて決めてもらって構いません。

ほんの少し頑張れば割と意味は理解できるというレベルであれば、日本語字幕はOFFにすることをおすすめします。

習慣④身の回りの電子機器を英語に切り替えて使用する

簡単に身の回りの環境を英語に変えていく方法があります。

それは、今使っているスマホやパソコンの言語設定を英語に変えることです。

これはぜひ今すぐにでも始めてください。

そうすることにより、毎日嫌でも英語を目にすることになります。

慣れるまで違和感を感じたり、使いづらいと感じるたりすることもあるでしょう。

ですが、これに慣れてくると自然に使いこなせるように必ずなります

そしてその過程でこれまで知らなかった英単語を覚えることができます

着信履歴ってなんていうんだろう、既読表示って英語でなんていうんだろう、こういう素朴な疑問はすぐに解決されるでしょう。

習慣⑤英和辞書を辞めて英英辞書を使用する

皆さんは、分からない単語を見つけたときに、どのようにしてその意味を調べますか?

多くの人はきっとGoogleで検索して日本語訳を見て理解するのではないでしょうか。

ですがここでも新しく習慣にすべきことがあります。それは、英英辞書を使うことです。

英英辞書を使うとなると、分からない単語の意味も英語の説明で理解する必要があります。

最初は正直言って非常に面倒です

当然日本語の方がサッと頭に入りますから簡単ですし、下手にそこで考える必要がありません。

ですが、英語の意味を英語で考える癖が付けば、それは会話の中でも確実に役に立ちます。

英会話の上達を考えると、英語を日本語に訳しながら話す習慣は、一日でも早く変えていくべきです

英語を英語で考えることができれば、その分話すスピードも上がります。

そのためには、単語の意味を調べる段階から日本語を介さずに英語だけで理解するようにトレーニングするに限るのです。

まとめ


英会話上達に欠かせないのは、日々の生活の中にできるだけ英語を取り入れていくことです。

机に向かって何時間も勉強をする時間をとることに比べると、ここで紹介した5つの習慣は格段に実践しやすいですよね。

ぜひすぐに始めてみてください。

言語を習得するには、当然ある程度の時間がかかるものです。

結果がすぐにでないからといって、あきらめてしまうのではなく、もっと気長にのんびりやってみることをおすすめします。

もちろん、結果を急ぐのであれば他にも方法はあります。

ここで紹介した方法は、あくまでも「習慣にすることで確実に英会話が上達すること」です。

続けることに意味があります。

皆さんも、この5つの習慣を生活に取り入れてさえいれば、ある日「あれ!私英語がちょっと話せるようになってるかも!」と思うときが必ずきます。

継続は力なり!まずはやってみること、そして続けることが肝心です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事