英会話を長年勉強しているけど全然上達しない・・・

単語や文法の知識は十分にあるのに、いつも言いたいことを英語で伝えることができない・・・

なぜ日本人の多くは英語を沢山勉強しても、なかなか英会話を身に付けることができないのでしょうか?

日本人が英会話を苦手としている理由を知って、気を付けてみることであなたの英会話スキルが格段にあがるでしょう。

伝えたいモノは同じでも、見方が違う


日本人の多くは、中学高校大学と、合計10年間学校で英語を学習しています

単語や文法を中心として学校教育における英語をどれだけ勉強しても、実際にネイティブスピーカーと会話する時には伝えたいことを英語にすることができず、英語を話せる日本人はとても少ない、という現実

日本人が英語を習得するために単語や文法を沢山勉強しても、英語で相手に物事を伝えることが苦手な現象には理由があります。

まず、目の前の状況を相手に伝える時、日本人は周辺の情報から伝え、ネイティブスピーカーは伝えたい物事の中心から伝えることになります。

【例】
テーブルの上に赤いリンゴがある。
The red apple on the table.

日本語では、周辺の情報である【テーブル】から説明していますよね。
一方で、英語の場合は、伝えたい物事の中心である【赤いリンゴ】から説明しています。

このように、英語と日本語では、見ているモノが同じであっても、モノをみる順序に違いがあるのです。

いくら単語や文法を勉強しても英会話が上達しない原因は、単語や文法を知っていても、実際に英語で相手に物事を伝えようとしたときに伝えたい物事の順番が分からなくなってしまい、スムーズに言葉が出てこなくなってしまいます

英会話を上達させるためには、まずはモノの見方についての違いを理解して、意識しておくことが重要です。

その他にも英会話上達のコツを知っておく!

まず、英会話を上達させるためにはモノの見方を変えてみることがとても大切ですが、その他にも英会話上達のためのコツがあるのでご紹介します。

英会話初心者はなるべく簡単な言葉を使用する!

英語が話せる、と聞いてどのようなイメージを持ちますか?

難しいフレーズや言い回し、比喩などを使って会話をしていると、あたかも英語を話せる人のように感じるときがありますが、決してそんなことはありません

まずは簡単な言い回しや単語を使用して会話をするようにしましょう

伝えたい内容をできるだけ簡潔に、という気持ちで会話をすることが大切です。

難しい言葉やフレーズを使おうとすると、ネイティブでも知らない言い回しであったりすることもあるため、会話が成立しない、ということも。

あいさつのバリエーションで会話を楽しく!

ネイティブスピーカーの方と会話をすると、人それぞれ、その時と場合によって、いろんな挨拶の仕方をしています。

日本人の多くは【How are you?】と聞き、【I’m fine thank you.】と返事をする、という日本における英語学習の定番のような挨拶をする人が沢山います。

しかし、その他にも沢山挨拶の仕方があるので、いくつかのパターンを覚えて実践してみることをオススメします。

相手側の反応もいつもと違ってくると、「こんなあいさつもあるんだ!」と知ることもできますよね。

早口での英語はNG!

ゆっくりと話す英語はどこかかっこよくないように感じてしまうこともありますよね。

しかし、早口で話すことが英会話の最終到達点ではありません

英語で、自分の言葉で相手に伝えたいことを伝える、会話をすることが目標ですよね?

英会話上達のためには、はっきりと、ゆっくりで構わないので伝えたいことが伝わるスピードでの会話を心がけましょう

相手がネイティブスピーカーであっても、ゆっくりハッキリと伝えることで、ちゃんと聞いてくれます。

コツをつかんで実践英会話を楽しもう!


英会話をみにつけるための最終段階として、実践的な英会話学習をする方が多くなります。

実践的な英会話の中で、これまで学習した単語やフレーズなどを活用して積極的に会話に挑戦しましょう

その中で、モノの見方について意識して会話をすることで、今までよりもスムーズに会話を楽しむことができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事