英語が話せるようになりたい!そう思ったらまずあなたはどういう方法を思い浮かべますか?

「英会話スクールに通おう」と思うのか、「英会話の教材を買って独学で始めよう」と思うのか、それは人によって違うでしょう。

正解はどちらでもありませんし、どちらも正しいとも言えます

英会話をマスターするにあたっては、英会話スクールに行っても行かなくてもどちらでも可能ではあるのです。

ですが、英会話スクールに通うことで素晴らしく飛躍的に効果が上がる人もいます。

今回は、英会話をマスターするために、英会話スクールに通うべき人とそうでない人についてまとめていきたいと思います。

スクールに行くことで一気に成果が上がるタイプの人の特徴


さて、まず英会話スクールに通うことで、飛躍的に成果が上がる人というのは、どのような人なのかを見ていきたいと思います。

この特徴にあてはまる人は、スクールに行くことをぜひおすすめします!

特徴①基本的にちょっぴりシャイな人

シャイな人は多いです。日本人は基本的にコミュニケーション力がそれほど高くありません

どちらかというと、初対面の人と話すことが得意ではない人の方が多いのではないでしょうか。

シャイな人というのは、間違えることも怖がる傾向が強いため、自分からどんどん英語で人に話しかけるなんてもってのほかです。

このようなシャイな人にこそ、英会話スクールはおすすめできます。

なぜなら、スクールに行けば先生と自分、もしくは他に同じように英語を学ぼうとしている生徒のみしかいません。

この場でなら、まだチャレンジがしやすいですし、先生から質問をされたら答えるしかありません

要は、コミュニケーションを取らざるを得ない状況に自分を追い込むことができるということです。

英会話はとにかくコミュニケーションですから、まずはこういうシチュエーションを作らなければ英語を話すことに慣れていくことができませんからね。

特徴②仕事が忙しくなかなか時間が取れない人

次に、仕事が忙しくて自分の時間がなかなか取れない人です。

このような人は、独学で英会話を勉強しようとしても、結局は時間が取れず仕事に追われて後回し、やろうやろうと思ってもなかなか上手く軌道に乗らず、一年経っても何も上達していない、という状況になり兼ねません。

英会話スクールに通うことになってしまえば、嫌でもその時間は英会話の学習にあてるしかありませんし、そういう意味では強制的に英会話の時間を作ることができるというわけです。

スクールと言っても毎回決まった時間でなくても構いません

今はオンラインの英会話スクールもたくさんあります。

このようなサービスを利用して、週に決まった回数英会話のレッスンを受けることができれば必ず意味はあります

独学だとどうしても後回しにしてしまいますが、スクールを利用すれば費用もかかりますし、その分やらざるを得ない状況になるというわけですね。

特徴③自分で決めるのではなく、人から決められる方がやりやすい人

英会話スクールに行けば、基本的にはあなたのレベルに合わせて、何をどう学習していくかは先生が、もしくはスクールが決めてくれるわけです。

あなたはそれを聞き、言われた通りに頑張っていくしかないわけです。

元々、一から自分で計画して何かを進めていくのが苦手な人は、スクールに通う方が断然効果的です。

「あなたはこのレベルだから、このテキストを使って、こう勉強していきましょうね」と全て導いてくれるわけですから、後はやるのみ。

何をどう勉強していけばよいかを自分で考える必要が全くありません

楽ですよね。このように、人から決めてもらった方がそれに沿って頑張れる!という人にとっては、スクールがおすすめですよ!

スクールに行かなくてもそれほど変わらない成果を出せる人の特徴


スクールに行かなくても、自分だけでそれなりに成果をあげられる人の特徴も見ていきましょう。

これにあてはまる人は、スクールに行く必要は必ずしもあるとは言えません。まずは自分の力でやってみるのもおすすめですよ

特徴①人と話すのが大好き!コミュニケーション力高めの人

英会話はコミュニケーションですから、やはりもともとコミュニケーション力が高い人は上達するのが早いです。

喋るのが好き、人と関わるのが大好き!というコミュニケーション力高めの人は、案外自分の力で英会話を身に着けることができるものです。

スクールに行かなくとも、外国人との出会いや、もしくはオンラインでの言語交換サイトなどでの出会いさえ利用できれば、「たまに腕試しで英語で話してみるときの相手」は探せるわけです。

これさえ確保できれば、あとは地道に独学で英語を勉強しながら、時々実践をしていくということの繰り返しで英会話をある程度のレベルまでマスターすることは可能です。

もちろんスクールに行っても良いのですが、行かなくてもそれなりに良い成果が出せるということです。

特徴②自分で決めたことをやり通す自信がある人

もともと、自分で決めたことに強い意志をもってやり抜くことができるタイプの人は、独学に向いています

人から決められたことをやるよりも、自分で「これをやろう、いつまでにどこまでやろう」と決めて、計画的に勉強を進めていく方が性に合っている人もいます。

こういう人は英会話スクールに行く必要があまりありません

もちろん、スクールに行くことでプロの視点から英会話習得に向けてのアドバイスやノウハウを教えてもらえるという利点はあります。

ですが、実際の英会話の勉強の部分だけを考えると、自分で独学のスタイルで進めていくことも可能なのです。

今は携帯で使える英会話絡みの無料アプリだけでも、本当にたくさんありますからね。便利な世の中になったものです。

人によっては、自分で決めた方がやる気が出る人がいるものです。

人に決められるといまいちモチベーションが上がらない、自分で決めた方がやる気になる、という人ですね。

ある意味で頑固なところがありますが、その分意志が強く、継続力があります。

特徴③時間的な余裕がある人

やはり自分で勉強するとなると、それなりに時間的な余裕がある方が良いでしょう。

英会話スクールはもちろん有効ではありますが、時間的な余裕がある人であれば、英会話スクールに行かずとも独学でマイペースに勉強をしつつ、空いた時間で実践がてら外国人と話す時間をもつ、ということで十分英会話力はUPしていきます。

時間的に余裕がない人はどうしても限られた時間で高い成果を出さなければならないので、人の手を借りた方が良いということになるわけです。

時間があれば、どんな教材を使って勉強しようか、どうやって英語のチャット相手を見つけようか、そういうこともゆっくり余裕をもって考えながら、自分の好きなように決めていくことができます。

時間的な余裕は心の余裕にも繋がりますからね

これがあれば独学は上手くいきやすいのです。

まとめ


英会話スクールに行くか行かないか、という点で悩む人も多いかもしれません。

スクールに行かなくても、英語をマスターすることは可能です。

ですが、今回お話ししたように英会話スクールに通った方が圧倒的に早く英会話が話せるようになる、つまり成果が出やすい人というのもいるのです。

自分にはどちらのやり方が合っているのかを正確に知り、効果的な勉強法を選んでいきましょうね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事