あなたは今まで、

「英語の発音がカタカナ英語で格好悪い」
「ネイティブの英語が早すぎて聞き取れない」
「簡単な質問に対して英語で答えられない」
「最近なんだか自分の英語力に限界を感じる」

こんな風に思ったことはありませんか?

ある程度の期間継続して英語を勉強していると、自分の発音に癖が出てきたり、リスニング能力に限界を感じてくることがあります。

どうにかしようと色々な参考書を買ってみたり、海外の音楽をたくさん聴いたりと試してみたものの、なかなか改善はされず…こんな経験をしたことのある方もいると思います。

そんな悩みを持った方にぜひ試して見てもらいたいのが、今回紹介する「シャドーイング」です。シャドーイングをやることで、発音、リスニング、文法のすべての英語能力を総合的に鍛えることができます。

そもそもシャドーイングって何?

シャドーイングとは、耳で聞いた英語を即座に復唱し、声に出す英語の学習方法です。耳で聞いた音声を、影のようにお追いかけながら発音することから、「シャドーイング」と呼ばれています。

もともとは通訳を本格的に目指す人の練習方法でした。通訳は耳で英語を聞き、口では日本語に訳して相手に伝える必要があるので、スピードが求められます。その最適な練習として使われているのがシャドーイングでした。

しかし、シャドーイングは通訳を目指す人だけでなく、「英語力をアップさせたい人」にも大きな効果があるということから、一般の人の間でも広まるようになりました。

シャドーイングは主にスピーキング力やリスニング力を向上するのに大きな力を発揮します。

・発音がカタカナ英語になってしまう
・ネイティブの英語スピードについていけない
・どこで息継ぎをしたら良いかわからない

といった悩みがある人にはぜひ試して頂きたい方法です。

シャドーイングで期待できる5つの効果

では、シャドーイングを練習するとどんな効果があるのでしょうか。
シャドーイングは主に以下の5つのことに効果があります。

1. 英語のリズムに慣れる

英語にはリズムがあります。例えば、世界に誇る日本の自動車会社「トヨタ」の発音方法です。日本語は棒読みで問題ありませんが、英語では「トタ!」という様に強弱をつけますよね?

このように、英語は基本的に単語のどこかにアクセントをつける必要があります。日本語に慣れている場合、コツがなかなか掴めないのですが、シャドーイングをすることで自然と身につくようになります。

2. リスニング力が伸びる

「自分で発音できない英語は聞き取れない」ということを聞いたことはありますか?有名な話ではありますが、一般的に人は自分で発音できない言葉は聞き取ることができないと言われています。

英語も例外ではありません。シャドーイングをすると、ネイティブの発音を意識的にマネるので、綺麗な発音が身につきます。結果、無意識のうちにリスニング力が伸びるのです。

3. 発音が綺麗になる

上記でも触れましたが、ネイティブの話す英語を意識的にマネするので、発音が綺麗になります。発音は一人で英語を勉強をしていると、意識的に口に出さない限り、なかなか直すのが難しいものです。シャドーイングは「口に出して発音する」ための良いきっかけになります。

4. ネイティブの英語スピードに慣れる

ゆっくり、わかりやすく話をしてくれる英語の教材等に耳が慣れると、海外のニュース等を実際に聞いた時、話すスピードに驚くことがあります。何度も教材で耳にしている単語であっても、実際にネイティブが話しているのを聞くと、「聞き取れない」なんていうことも。

シャドーイングはネイティブの話すスピードに合わせて行うので、自然とその速度にも慣れていきます。何度も繰り返すうちに、話すスピードの早い英語を聞いても、動じること無く聞き取れるようになります。

5. 英語でのレスポンスが早くなる

道端で急に外国人に「Where is the ◯◯ station?」と駅の方角を聞かれ、焦ってしまった経験はありませんか?目の前に駅はあるのに、簡単な英語すら出てこない…

実は英語は筋肉と同じで、普段使っていない人が使うと拒絶反応を起こします。普段全く運動をしない人が突然ランニングをし、筋肉痛になるのと同じことです。

シャドーイングをすると、「英語筋」を普段から鍛えておくことができます。英語筋を鍛えればとっさに英語を話す場面に遭遇しても、スムーズに話すことが出来るようになります。

シャドーイング学習に効果的な6つのステップ

シャドーイングの効果を理解したところで、今度は効果的なやり方を説明したいと思います。順序を正しく実践し継続することで、大きな効果を実感できます。

Step 1:自分にあった教材を選ぶ

シャドーイングにも教材があります。無くてもできない訳ではありませんが、専門の内容に沿って実践した方がより効果を早く実感できます。私がシャドーイングを試してきた上で、シャドーイングに効果があった教材については後半で紹介しています。

Step 2:テキストを見ずに、聞くことに集中する

自分にあった教材を選んだら、まずはテキストを見ずに音声を聞くことに神経を集中しましょう。内容は理解できなくても、聞き取れなくてもこの時点では問題ありません。英語のスピード感やリズム感を感じ、「慣れる」ことを意識しましょう。

Step 3:ボソボソとマンブリングを行う

「マンブリング」とは、聞こえてきた音声をマネしながら、ボソボソと小声でつぶやくことです。聞こえてくる英語の文章の意味は考える必要はなく、耳で聞いた通りに発音することが大事です。

Step 4:わからない文章・単語を調べる

次はテキストを見ながら音声を聞きましょう。わからない単語や熟語が出てくるはずですので、1つ1つ調べます。文章全体でどんなことを話しているのか、理解できる程度までわかるようにしてください。

Step 5:シャドーイングをする

このステップでようやく1度目のシャドーイングを行います。話している意味までは深く考える必要はないので、聞こえてくる音声の「発音」「リズム」「イントネーション」を意識して、シャドーイングをします。

Step 6:意味を理解しながらシャドーイングする

Step 5まで完了したら、シャドーイングにも慣れてきた頃だと思います。今度は意味を理解した上で、発音、リズム、イントネーションも意識して、話すように心がけて見てください。目の前に誰かがいることをイメージして練習すると効果が高いです。

効果を実感するまでの期間は最低3ヶ月

効果を実感できるまでの期間はおよそ「3ヶ月」と言われています。言語を学ぶ時によく言われることなのですが、成長を感じられる学習時間の周期は3の倍数と言われます。

ですので、「3ヶ月」「6ヶ月」「9ヶ月」を目処に、具体的な目標を立て実践すると、モチベーションを維持しやすくなります。

シャドーイングは基本的には英語中級者向け

シャドーイングは基本的に初心者には向いていません。

その理由は、

・英語のスピードが早すぎて付いていけない
・語彙力が少なく、理解が難しい

といった2点が挙げられます。

シャドーイングはネイティブの英語スピードに合わせて復唱する必要があるため、初心者の場合この時点で挫折してしまう可能性が高いのです。

もちろん、英語のリズムやスピードに慣れるためだけに聞くのであれば、初心者でも問題はありません。しかし、より効果を感じられるのはある程度の語彙力を持った中級者以上であると認識しておいてください。

シャドーイングにおすすめの教材3選

ここでは、実際に私も試して見て良かった教材を3つを厳選して紹介します。

1. 決定版 英語シャドーイング[超入門]【CD付】
本の紹介
日常会話、海外旅行、電話での応対の表現や、喜び、怒り、驚き、苛立ちなどの感情を表す表現を中心にまとめた1冊です。
身近で使える英語のフレーズが多いため、勉強しているとつい試しに話してみたくなります。「どうせ学ぶなら良く使うフレーズを学びたい!」という方にはぴったりの1冊です。

 

2. TOEICリスニング満点コーチが教える!3ヶ月で英語耳を作るシャドーイング
本の紹介
筆者が1日30分を3ヶ月のトレーニングを行い、TOEICリスニング満点を取るまで実際に行ったトレーニング方法を紹介した本。
もちろんリスニング力だけではなく、英語力の底上げが期待できます。一般的にシャドーイングの本は初心者には難しく、挫折しがちですが、初めてシャドーイングをやる人にも楽しく続けられるように、学習方法のモデルプランも準備されています。

 

3. 絶対『英語の口』になる!リアルな日常英会話で鍛える シャドーイング大特訓50
本の紹介
英会話中級者を目指す人の為の内容で、日常会話で良く使う「あいさつ」、「初対面での会話」、「買い物での会話」を中心にシャドーイングを練習します。
3枚のCDが付属しており、その会話の内容もリアルでイメージしやすく、「英語の口」を鍛えるにはぴったりの1冊です。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は「毎日10分のシャドーイングでネイティブの英語発音を身につける方法」についてご紹介しました。

「ネイティブの英語を復唱するだけで何が良いの?」と疑問に思っていた方も、シャドーイングの楽習効果の高さを理解してもらえたと思います。

ある程度英語を継続して勉強していると、「なんだか最近英語力が伸びないな」と感じることが必ずあります。その時には、ぜひシャドーイングを試してみてください。今までバラバラしていた英語の知識が1つにまとまり、次のレベルへとあなたを引き上げてくれます。

英会話は一朝一夕でマスターすることはできません。

これからも諦めずに英語の勉強を続け、英語ライフを満喫してくださいね。


<おすすめの記事はこちら!>

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事