16分でラクに話せる」聞き流すだけの英会話教材、
ネイティブイングリッシュを実際に体験してみました。

この教材は英語を聞く・話すを理論的に、そして効果的に伸ばせるように作られています。
リスニングやスピーキングの練習はもちろん、英語の微妙なニュアンスを学習できるCDがついているのも嬉しいポイントです。

英会話に必要なスキルをまんべんなく学習する事ができそうですね!

しかし、本当に1日6分で学習効果はあるのでしょうか。
実際の体験を元に、反復練習でリスニング力アップに効果があったかをお伝えします。

ネイティブイングリッシュは何回練習すれば基礎英語力がつくの?

まず、異なる3段階音声スピードを採用しているのが、
ネイティブイングリッシュの大きな特徴と言えるでしょう。

リスニング学習 ナチュラルスピード高速スピード(1.5倍速)
スピーキング学習
ナチュラルスピード・スロースピード(0.75倍速)

英語のリスニング能力を鍛えるのと、英語のスピーキング力を鍛えるのとでは
使用する英語の速さが異なる方が効果的なんだそうです。

リスニングには、高速とナチュラルスピードを聞くことで
そのギャップによってナチュラルな速さが聞き取りやすくなるという効果があります。

実際に聴いて見るとその効果を実感することができるでしょう。

そして速い英語を聞いてスピードに慣れることも実際の英会話において必須になります。

スピーキング学習で、
スロースピードとナチュラルスピードを使っているのは
英語を話すときにしっかりとした英語の音を知る必要があるためなのです。
スローで聴いてしっかりと聞くことが大切なのです。

こうした3段階の音声を使用して学習を進めていくのですが、
ネイティブイングリッシュには、
最短24日~324日までの学習スケジュールがあります。
(私が最初に行ったのは最短の24日)

最短の24日でも1回目よりは2回目の方が
反射的にフレーズが口から出るようになり、
リスニングも聞き取りやすくなりました。

最初は速いと思っていた音声スピードにも慣れていたんです。

2回目は16分だけでなく余裕を持って進められていたので、
24日もかからずに終わりました。

繰り返して学習することでしっかり覚えることができるので、3回目もトライ

3回くらいやるとほぼ反射的にフレーズも出るようになります。

2回目ではちょっと考えてしまう時間があったりするので、
英語が自然に口から出るという感覚にはなれず……
3回目ではリスニングも自然に聞き取れて、スムーズにできたので驚きです。

どの学習スケジュールにも共通して言えることですが、
1度CDを聞いて終わり……では効果は出ません。

何度も繰り返して聞いて、声に出すことをしなければ英語は上達しません。

ネイティブイングリッシュをストレスなく反復練習するためには?

ネイティブイングリッシュの反復練習を
快適に行うためのおすすめアイテムがあります。

それはSONYウォークマンです。

なんと、英語学習モードが搭載されているんです。

<英語学習モードの主な機能>

・再生スピードコントロール機能
・A-B リピート機能
・クイックリプレイ機能

 スピードコントロールでは、再生速度を9段階(0.5倍速~2倍速)で調節可能。
速聴を取り入れた英語教材は多いですが、
遅いスピードを採用している教材は少ないんですよね。
ネイティブイングリッシュでは0.75倍速を採用していますが、
遅聴で聞き取れないものは、通常スピードで聞き取れません。

ゆっくりのスピードできちんと理解ができるようになってから、
速いスピードにしていくのが良い学習方法です。

スピードコントロール機能を上手に活用して英語学習を進めてみましょう。

また、音声を再生して聴いている時、
『あっ、今のところだけもう1回聴きたい……』という時ありますよね。
リピート機能で手軽にリピートが可能です!

クイック機能ではちょっと聴き逃した所を、
ちょっとだけ巻き戻すことができる機能です。
これはとっても便利なので、英語学習には必須です!

まとめ

英語力を上げるためには、たくさんの教材に手を出すのではなく、
良質な教材を繰り返し学習することが大切です。

ネイティブイングリッシュは、効率よくリスニング力を上げる効果が期待できる教材です。

リスニングに自信がない方やもっと上達したいという方は、ぜひお試しください!

<こちらの記事もオススメ!>

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事