仕事上の挨拶はもちろん、普段の人付き合いなど
様々な場面で使われる「よろしくお願いします」
という便利なフレーズ。

このフレーズは日本語独特の表現です。

英語にはこの表現はありませんが、旅先や仕事などで
「よろしくお願いします」と伝えたい場面もきっとありますよね。
その場合は、一体どうしたら良いのでしょうか?

今回は、シチュエーションごとにその方法とフレーズをご紹介します!

英語にはない日本語独特な万能フレーズ

 yada-yada-222767_640

 

英語でよろしくお願いしますと伝えるには、
何と言ったらよいのでしょうか。

「よろしくお願いします」という日本語は、
状況に応じて意味が変化するとても便利な言葉ですが、
英語にはこれにあたる言葉は存在しません。

言葉は文化背景が強く影響していて、
日本語は一言で多くを推し量り、
ひとつの言葉で10伝わる文化と言えます。

一方英語では、言葉の裏をかいたり相手の気持ちを想像することよりも、
自分の意志を的確に表現することが求められます。

そういったことから、日本語では万能に使える
「よろしくお願いします」というフレーズも、
英語では「よろしくお願いします」の内容を細かく伝える必要があるのです。

「よろしくお願いします」日本語と英語の違い

まず、日本語で「よろしくお願いします」と言うときは、
特に意味を考えたりせず自然に使っていますよね。

これは元々「よろしい」という言葉が由来していて、
承認、承諾、受け入れてもらうという意味から来ています。
現代ではさまざまに変化し、シチュエーションによって変化します。

出会いの場面なら、

お会いできて嬉しいです。
仲良くしてくださいね。

などの気持ちが合わさった表現ですよね。

仕事上では、

引き受けてくれてありがとうございます。
丁寧に作業してください。
責任を持ってお願いします。
信頼していますよ。

などの気持ちが含まれますよね。

英語では、日本語の意味合いをそのまま英語に表現してみると、

Please accept/承諾して下さい
Please take care of me/私を身守ってください。
Please be nice to me./私によくしてください。

……これらのフレーズをネイティブは
「よろしくお願いします」という場面では使いません。

 

thanks-1004046_640

日本語の「よろしくお願いします」を
英語で伝えるシチュエーションの場合、
基本的にはお礼を言うことが多いです。

これから先、よろしく……というよりも、
出会いに感謝、
時間を取ってくれたことに感謝、
作業をしてくれることに対して感謝など、
先に「ありがとう」という感謝を言うことが多いんです。

つまり、

「Thank you」

が「よろしくお願いします」に1番近い表現になるのです。

ではシチュエーションごとに表現を紹介して行きます。

シチュエーションごとの「よろしく」英語表現

初めて出会った時の「よろしくお願いします」

hand-819279_640

Nice to meet you.

1番よく使われますね。
「お会いできて嬉しいです。」という意味ですが、
よろしく~という意味合いも含まれるんですよ。

It’s pleasure to meet you.
Pleased to meet you.

丁寧な表現で上司や、
仕事の相手など誰に使っても失礼にならないフレーズ。
意味は、お会いできてうれしいです。

It's nice to meet you all
数多くの人前で自己紹介をし、最後に言う挨拶の時。

これからよろしくお願いします。
という気持ちで挨拶をした時に使います。

出会いの後の「よろしくお願いします」

Nice meeting you.
It was nice meeting you.
Thanks for putting up with me.

良い出会いでした。
お会いできてよかったです。
という意味ですが、
今後ともよろしくお願いします。という意味も。

Let's get together again.
またおちあいましょう…
というようなカジュアルな表現。

Please do me this favor.
友人に何かを頼んだ時の表現。

会った時ではなく、
今日はありがとう、これからもよろしくお願いします。
というニュアンスの場合です。

今後も~という部分も会話で言うなら、

Keep in touch.
Let’s stay in touch.
I’ll see you around.

連絡を取り合おう、
またどこかでお会いしましょう…。
というようなフレーズを使うことができます。

この3つのフレーズはよく使われるので、
これから仲良くしたいという人には
こういったフレーズを加えると良い印象を与えられます。

ビジネスシーンの「よろしくお願いします。」

partnership-526413_640

仕事で出会った相手にいう場合は、
初めの挨拶に加えて、
一緒に仕事ができることが嬉しいという気持ちを伝えます。

I’m excited to working with you.
I look forward to working with you.
I'm looking forward to working with you.
We look forward to do business with you.
Thank you for your cooperation always.

これらのフレーズは、
「一緒に働けるのが楽しみ」という意味。
最後のフレーズは丁寧に取引などかしこまった形の時に。

We are looking forward to our future business dealings in the days ahead.
「これから先のビジネスをよろしくお願いします」
という会社同士のやりとりの際に使われる丁寧な表現。

頼みごとをした時の「よろしくお願いします。」

Thanks!
Thanks for taking care of it.
Thank you for doing this.

Can I count on you?
友達や同僚に何か頼む場合のカジュアルな表現。

部下や同僚に仕事を任せるときに伝える
「よろしく」も「ありがとう」という場合がほとんどです。

Thank youの最後の2つのフレーズは、
少しフォーマルなシチュエーションでも
使うことができます。

I’m counting on you.
I knew I could count on you.
「期待しているよ」、
「頼むね」という意味
この2つも使えますね。

その場にいない人に伝える場合

その場にいない人に対して、
よろしくお伝えくださいということもあります。

~さんによろしくお伝えください。

Please say hello to _____.

Tell ______I said hello.
↑少し気軽なニュアンス。

Please say hello to your family.

会議での「よろしくお願いします」

会議や打ち合わせなどをする場合のフレーズは、
「お時間を作って頂きありがとうございます。」
「お越し頂きありがとうございます。」
などという言い方が一般的。

Thank you for taking time to meet.
お時間を作って頂きありがとうございます。

I appreciate you taking the time to meet.
お会いする時間をつくって頂き感謝いたしております。

Thank you very much for coming.
お越し頂き本当にありがとうございます。

I appreciate you coming.
お越し頂いたことに感謝します。

I appreciate your kind cooperation.

I appreciate~ =~に感謝します。
丁寧な言い方です。

お礼を述べることで、
会議や打ち合わせに対しての「よろしくお願いします」
という意味合いが含まれます。

参加する側の場合は、
上記のフレーズに対して

Thank you for having me.
私を呼んで頂きありがとうございます。

It’s our pleasure.
こちらこそありがとうございます。

英語の場合は、
用件を簡潔にまとめることを望むので
挨拶が済んだら本題に入ってOKです。

メールでの「よろしくお願いします。」

メールの最後で挨拶をする場合は、
お決まりのフレーズがあります。

Most sincerely
Yours very sincerely
Best regards,

Thank you in advance.
(仕事などをお願いした時によく使う)

Thank you for your time
提案を出す手紙やメールの最後に書く挨拶の場合

直訳的には「先に、ありがとうを伝えます」という意味。

ただ、状況によっては相手に
プレッシャーをかけているように
聞こえてしまうことも……
「お願いできますでしょうか?」など
伺いを立てている状況で使うことは
あまり好ましくないので、気をつけましょう。

<こちらの記事もオススメ!>

まとめ

英語では「よろしく」の代わりに、
感謝を伝えることが多いということをお分かりいただけましたか?

お礼・感謝なので難しいフレーズではありませんし、
何度か繰り返していくうちに簡単に覚えられるはずです。

この場面ではこうやって気持ちを伝えるんだと知っておくことで、
相手の方とより良い関係が築けるはずです。
ぜひ参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事