1. TOP
  2. トレンド・ニュース
  3. 【イチロー選手3,000本安打の記者会見】ESPNキャスターのTwitter投稿に全米批判&大炎上

【イチロー選手3,000本安打の記者会見】ESPNキャスターのTwitter投稿に全米批判&大炎上

 2016/08/22 トレンド・ニュース
この記事は約 6 分で読めます。 115 Views

先日、イチロー選手が、MLB通算3,000本安打を打ち
話題、ニュースになりましたね。

試合後に英語・日本語の両方で記者会見が行われました。
いつも通り、イチロー選手はアレン・ターナー通訳を介して英語の質問に答えていました。

この記者会見の様子について、
ESPNのキャスターが日曜の夜にtwitterに投稿した内容が
全米から批判を浴びることになり、
最終的に謝罪をすることとなったのです。

記者会見後に投稿したTwitter

 

問題の投稿をしたのは、
ESPN
Sports Centerという番組を
担当しているキャスター、トッド・グリシャム氏

 As impressive as Ichiro’s 3,000 hits are his unwillingness to learn English after 15 years in America amazes me more.
イチローの3000本安打は確かに驚くべきことだが、15年もアメリカにいて英語をを習う意思もない事の方がもっと驚くべきことだ。

 

このツイートが問題視されたことは言うまでもなく、
短時間で膨大な批判ツイートが殺到。

大炎上…。

「外国人アスリートが皆、英語を学ばなければならない」という前提から、

世界中からアスリートが来るアメリカ、
しかもESPNというスポーツ局のキャスターなのに何と言う事だ!

アメリカ人の野球選手の多くは、日本に行っても日本語を話さないぞ!

といった非難の声が上がりました。

 

このツイートで最も批判を受けたのは、

「イチロー選手がほぼ完璧な英語を話す」

という事実があったから。

 

 ichiro-swisher[1]

今回のツイッター炎上について多くの記者が記事を出していましたが、
New York Daily News誌のエベニーザー・サミュエル記者

「イチローのファンでなくても、デレック・ジーターがイチローとよくセカンドベース上で会話をしていたこと、またボブ・コスタス氏の有名なテレビ取材でもイチローが堪能な英語を話したことなどは多くの人が知っている。」

と指摘しました。

さらにサミュエル氏は、
今回の問題の投稿をしたグリシャム氏の無責任なツイートに、

“In 15 years of watching and dealing with Ichiro Suzuki, how many.”
イチローを15年見て来て、取材をしてきた我々のうち、彼の言語を学ぼうとした人は一体何人いるんだ。

 

かつて所属していたマリナーズのCMでも流暢な英語を聞くことができます。
10回も出場しているオールスターゲームの試合前に、ア・リーグ代表の選手を前に放送禁止語句などを含んだスピーチを披露したことも有名な話。




炎上したツイートから感じられる偏見

 ツイッター上では非難がその後も殺到しました。

「イチローは、ただ微妙なニュアンスの違いなどで混乱を避けるために通訳を介して話すんだ。」

という反論ツイートに対し、

And BTW, yes Ichiro apparently speaks “fluent” English as I have been bombarded with. My apologies. Have only seen him w/an interpreter.
ところで多くの方から指摘されたが、どうやらイチローは「流暢な」英語を話すらしい。ただ私は通訳なしでは見たことがない。

こうグリシャム氏は投稿したのです。
(※一連のツイートは本人によって既に削除されています。)
そして立て続けに…

Ironically I took Japanese in College and actually appeared on a Japanese television show! Not kidding.
皮肉なことに、実は私も大学で日本語を勉強したし、日本のテレビにも出たことがある。ホントだ

 相次ぐ非難を受けているにも関わらず、こういった投稿をした結果…
さらに炎上…。

 

New York Daily News誌のサミュエル記者は、
自身の記事内で問題となった最初の投稿について見解を示しました。

“It’s built on the idea that Ichiro needed to learn English to communicate with the media that cover him, that somehow in between belting out 3000 hits and stealing a gaggle of bases and making lots of money he owed it to the fans (who really just want to see him belt out hits) to speak their language.”
「このツイートによれば、自分についてまわる報道陣に答えるために、イチローには英語を学ぶ義務があり、さらに3000本もの安打を放ち、何百回も盗塁を 決め大金を稼ぎながら、ファンのために(ただ多くの安打を求めている)、そのファンの話す言葉も習得しなければならない、ということになる」

 

しかし、イチロー選手は英語を学びました。

スペイン語を母国語とする他の多くの野球選手と同じように、
報道陣の質問をより深く理解するため、
より適切なニュアンスで答えられるように、
コミュニケーションを図るために英語をマスターしたのです。

サミュエル記者の記事の最後に、

The only downside of understanding English came for Ichiro on Monday: It meant he could understand the ignorant, arrogant idiocy of Grisham.
「英語が理解できることを初めてイチローが悔いたのは月曜日だったかもしれない。それは、グリシャム氏の無知で高慢で馬鹿げた言葉を理解できてしまうからである」

 皮肉たっぷりに書き足されていました。

 

英語はペラペラに話せるけれど、
記者会見では微妙なニュアンスを伝えられなかったり、
誤解を招かないようにするためにも、通訳をつけて自分の言葉で話す。

ということはイチロー選手の有名なポリシー

 
こちらの記事も人気!

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/21639/”]
[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/20801/20801/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/18918/18918/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/7226/7226/”]

 

天才・完璧主義なイチロー選手が英語を話せないわけない…。
実際にはスペイン語も学んでラテンの選手と話すことができるのですからね。

この問題のツイートに対して英語のスラングで反論することもできたでしょう。
でも、そんなことをしない所にイチロー選手らしさを感じました。

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

californiagirl

californiagirl

カリフォルニアのカレッジを卒業後、貿易会社に就職。
アメリカで初めての社会人生活に奮闘中・・・。
特技はサーフィン・サルサダンス・ピアノ

この人が書いた記事  記事一覧

  • ローラ、ミラ・ジョボビッチと英語で挨拶「バイオハザード:ザ・ファイナル」ワールドプレミア1

  • <ビジネス英語>もしも英語で会社に電話がかかってきたら?受け方の応対フレーズ

  • ネイティブイングリッシュと他の英会話教材の比較

  • CEO、CTO、CFOなど名刺でよくある役職・部署名の英語表記一覧

関連記事

  • facebookCEO・マークザッカーバーグが送る卒業英語スピーチ

  • 1Dゼイン・マリクが語る脱退の理由と真相【英語全文翻訳】

  • 【話題のポケモンGO】ポケモンの英語名が斜め上すぎて話題に…

  • グーグルがパンダを開発!?”Google Panda”の新機能

  • オリンピックを英語で応援!スポーツ観戦で使うフレーズ30選

  • クリスマスシーズンに観たい映画はコレ!おすすめクリスマス映画22選