1. TOP
  2. トレンド・ニュース
  3. 【海外ニュースを読み比べ】デビット・ボウイの記事で英語学習!

【海外ニュースを読み比べ】デビット・ボウイの記事で英語学習!

 2016/02/04 トレンド・ニュース
この記事は約 13 分で読めます。 481 Views

Hi there! It’s Amy!  It’s been a while to write here…how have you been?
お久しぶりです! 皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今回は、今年1月10日に亡くなったDavid Bowie(デビット・ボウイ)に関して。
いくつかの記事を読み比べて、英語学習してみましょう!

あれから時間が経ち、報道されたニュースを読み比べることも良い勉強になりますからね。

最初に、ボウイとの永遠の別れを告げる記事をいくつか取りあげていきます。
タイトルと記事の要約がある始めの数行に、特に注目してみました。
ではまず、私がニュースを知ったきっかけになったBBCの記事から。
(以下、日本語訳は全て私が担当させていただきます)

Let’s danceならぬ、Let’s study!

[ BBC News ] 
スクリーンショット 2016-01-30 22.35.28

David Bowie dies of cancer aged 69

Singer David Bowie, one of the most influential musicians of his era, has died of cancer at the age of 69.
A statement was issued on his social media accounts, saying he “died peacefully, surrounded by his family” after an “18-month battle with cancer”.

デイビット・ボウイ、ガンにより69歳で亡くなる

時代に最も影響を与えたミュージシャンの一人である歌手デビット・ボウイが、
ガンのため69歳で亡くなった。
その知らせは彼のソーシャルメディアアカウントから発せられ、
「彼は18ヶ月に及ぶガンとの闘いの後、
家族に看取られ、安らかに亡くなった」
と報じている。

+++

とてもシンプルな書き出しで、非常にわかりやすいですね。
さすがBBCです。

die(s) of 〜(原因、病名)
は、「〜で亡くなる」という意味ですが、〜に使う言葉を変えると全く違う意味に。

die of laughing  笑いこける (死ぬほど笑う、という意味合いですね)
die of boredom   死ぬほど退屈する

 

[ABC News]

Screen Shot 2016-01-31 at 12.56.57 PM

David Bowie dies aged 69 after 18-month cancer battle

Rock icon David Bowie has died just two days after his 69th birthday following a struggle with cancer, according to his son and his official Facebook page.

“David Bowie died peacefully today surrounded by his family after a courageous 18-month battle with cancer,” the Facebook statement read.

デイビット・ボウイ、18ヶ月のガンとの闘いを経て69歳で亡くなる

ロックの象徴であるデイビット・ボウイは69歳の誕生日のわずか2日後にガンとの苦闘の末に亡くなったことが、
彼の息子と公式Facebookページから伝えられた。

Facebookの声明では
「デイビット・ボウイは18ヶ月に及ぶガンとの闘いの後、家族に看取られ、安らかに亡くなった」
と書いてある。

+++

ABCでは、どのようにして亡くなったのかが一目で分かるような
タイトルの書き方をしていますね。
agedはここで使われている「〜歳の」「〜歳で」の他に、「老いた」「年数を経た」という意味でもよく使われます。

aged wrinkles 老いによって出来るしわ
aged cheese    熟成したチーズ
just は「まさしく」「ちょうど」という意味で使うことが多いかもしれませんが、
ここでのように、「ほんの今〜したばかりだ(=わずか)」とonlyの意味にも使えます。

just then ちょうどその時
just on time 時間通りに
She has just(only) come.  彼女は今来たばかりだ。

[The Guardian]

Screen Shot 2016-01-31 at 1.04.46 PM

David Bowie dies of cancer at 69: ‘He gave us magic for a lifetime’

The legendary musician known for musical innovation and experimentation with his image died 18 months after being diagnosed with cancer

デイビット・ボウイ、ガンのため69歳で亡くなる:彼は生涯を通じて私たちに魔法をくれた

彼のイメージと共に音楽の革新と実験で知られる伝説のミュージシャンが、
ガンと診断された18ヶ月後に亡くなった。

+++

The Guardianではatを使って年齢を表現していますね。

lifetimeは名詞、形容詞の両方として「生涯(の)」「終生(の)」の意味で使えます。
ここでは名詞として使われていますね。

known for は、is known for~ の省略で「〜で知られる」
ちなみにknow [人]for~ だと「〜として[人]を知っている」という意味になります。

I know him for what he is. 彼の本性を知っている。

diagnoseは、「(病状を)診断する」「(問題や故障)の原因を突き止める」
She was diagnosed being with leukemia [as being leukemia].
彼女は白血病と診断された。




[CNN]

Screen Shot 2016-01-31 at 1.07.09 PM

David Bowie, a master of music and makeovers, dies at 69

David Bowie, whose incomparable sound and chameleon-like ability to reinvent himself made him a pop music fixture for more than four decades, has died. He was 69.

Bowie died Sunday after an 18-month battle with cancer, his publicist Steve Martin told CNN.

音楽とイメージチェンジの達人デイビット・ボウイ、69歳で亡くなる

唯一無二の音楽と自身を作り変えるカメレオンのような能力で
40年以上の間、ポップミュージックになくてはならない存在になった
デイビット・ボウイが亡くなった。
69歳だった。

ボウイはガンとの18ヶ月の闘いの後、日曜日に亡くなったと彼の担当者であるSteve MartinがCNNに伝えた。

+++

CNNもボウイがどう有名だったのかをすぐに伝えるようなタイトルをつけていますね。
個人的には、この書き出しが好きです。

makeover「改造、改装」「イメージチェンジ」の意味です。
日本語になっているリフォームは、もしかしたらこの単語の意味合いが強いかもしれません。
incomparable「比較出来ない」「無比の」
in(〜ない)+compare(比較)+able(出来る)と区切れば覚えやすいでしょうかね。
日本語訳で唯一無二としたのは、
ボウイの音楽が革新的で他と比べられないという意味から来ています。

soundの日本語訳を音楽としましたが、意味としては「音楽スタイル」
日本語にもなっている「サウンド」ですね。

最後はジャパンタイムズに注目してみましょう!

[The Japan Times]

Screen Shot 2016-01-31 at 1.08.39 PM

 

Iconic British singer David Bowie dies at 69 after long battle with cancer

David Bowie, the iconic and shape-shifting British singer whose illustrious career lasted five decades with hits like “Fame,” “Heroes” and “Let’s Dance,” died Sunday after an 18-month battle with cancer. He was 69.

伝説的イギリス人歌手デイビット・ボウイ、ガンとの長い闘いの末に69歳で亡くなる

「Fame」「Heroes」そして「Let’s Dance」などのヒット曲で
輝かしいキャリアを50年存続した
伝説的で変化し続けるイギリス人歌手デイビット・ボウイが日曜日、
ガンとの18ヶ月の闘いを経て亡くなった。彼は69歳だった。

+++

ヒット曲がいくつか書かれているのは、日本にも多くのファンがいるからでしょうか。
文章の組み立て方やBritishを使っているところも独特ですね。

iconic「肖像の」「聖像の」という意味ですが、
日本語訳でそのまま使ってしまうと訳がわからないので、「崇められる存在=伝説的」として訳しました。

illustrious は「著名な」「はなばなしい」「輝かしい」
功績などに修飾する言葉ですね。

そもそもDavid Bowieは、なぜ有名?

 

david total copy

彼の訃報を伝える様々なニュースを読んできましたが、
皆様、どんな人物だったのか知っていますか?
彼は何故有名な歌手として伝えられるようになったのでしょう?

様々な記事に目を通していて、CNNの記事が見やすく一番わかりやすいと感じたので、
紹介します。

Marriage of music and fashion

From a mop-topped unknown named David Jones, to his space-alien alter ego “Ziggy Stardust,” to his dapper departure as the soul-influenced Thin White Duke, Bowie married music and fashion in a way few artists have been able to master.

He was theatrical, he was flamboyant, he was without parallel in his showmanship.

His albums, especially after his 1972 breakthrough “The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars,” were treated as events.

His songs, including “Changes,” “Fame,” “Heroes” and “Modern Love,” were anthemic hits, played constantly on the radio and inspiring generations of musicians.

With a voice that soared from a baritone to a falsetto, he spoke of carrying on against the odds.
Of the terror in knowing what the world is about. Of turning and facing the strange.

His songs were a salve for the alienated and the misfits of the world.

http://edition.cnn.com/2016/01/11/entertainment/david-bowie-death/より抜粋

音楽とファッションの融合

モップ頭※1で無名のDavid Jonesから彼の宇宙人的第二の自我Ziggy Stardust、
彼の粋な出発点としてソウルに影響されたThin White Dukeまで、
ボウイはごく少数のアーティストしかマスター出来ない方法で
音楽とファッションを融合させた。

彼は演劇的で、華麗で、彼はショーマンシップ※2において別格だった。

特に彼の1972年に大ブレイクした
「The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars」以後、
彼のアルバムはイベントのように取り上げられた。
「Changes」「Fame」 「Heroes」 そして「Modern Love」を含む彼の曲は
アンセム※3的ヒット曲となり、
ラジオで絶えず流れ、何世代にも渡ってミュージシャンたちに影響を与えた。

バリトンからファルセットまで高く上がる声で、彼は不平等にめげず生き続けることを語った。
この世界が何たるかを知るのは怖い、と。 振り向いて未知なるものに立ち向かえ、と。

彼の歌は疎外された人々と世の中に上手く適応出来ない人々への慰めだった。

 

※1 モップ頭:The Beatlesのメンバーがしていたモップの先のような髪型を指す
※2 ショーマンシップ:見物客を喜ばせようとする心がけ
※3 アンセム:英国国教会の礼拝式で歌われる合唱曲を由来に、アーティストの定番曲・代表曲を指す

+++

marriageは一般的に「結婚」の意味が強いように感じますが「融合」という用法もあります。
フランス語からのマリアージュのような意味合いですね。

without parallel「匹敵する物がない」という意味のフレーズです。
そこから「別格である」という訳にしました。

ちなみに、parallel「平行(の)」「相似(する)」

この記事はボウイの功績を簡潔に、とても素敵にまとめていると思い、
紹介しました。使われている英語も興味深いですよね。
私にとって彼は個人的に大きく影響を受けた歌手でありアーティストの一人だったので…
読んでいて胸が熱くなりました。
ありがとう、ボウイ。

david ziggy
こちらの記事もオススメ!
[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/trend/15537/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/6948/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/5833/”]

 
いかがでしたか?

今回はDavid Bowieの訃報関連ニュースに注目してみましたが、
様々な記事のほんの数行からでも多くを学ぶことが出来たのではないでしょうか?

彼が亡くなったことを知った時には駅のホームでニュースを読みながら号泣してしまった私も、
この記事を書くことで癒されたような気がします。

読んでいて少しでも「なるほどなあ!」「読み比べって面白い!」
と思ってもらえたら幸いです。

That’s all for today. Thank you so much for reading all the way through.
Hope you enjoyed it and have wonderful days.
Take care and see you soon!

※All illustrations from here.
R.I.P Sir David Bowie

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Amy

Amy

英語が全く話せない日本人の両親の元に生まれたものの、幼少期より英語に
強い興味を持ち、ほぼ独学でバイリンガルになりました。
そのせいなのか良くも悪くも、あまり「日本人」に見られないので、意識としては「アジア人(一応ジャパニーズ)」。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 英語で知るデイビッド・ボウイの魅力。音楽への感謝と変化に隠れた心

  • 【海外ニュースを読み比べ】デビット・ボウイの記事で英語学習!

  • 【Youtubeカバー曲まとめ】2015年上半期のオススメ5曲で英語学習!

  • 漫画で英語学習!David, Justin and sometimes Ken -第4話-

関連記事

  • 【気になる英語力】有名日本企業の社長たちの英語レベルは?

  • 【初詣は英語で?】日本の文化・習慣を英語で説明してみよう

  • 英語のWhat time is it now?は「割った芋いじんな」で本当に通じるか検証してみた

  • クリスマスシーズンに観たい映画はコレ!おすすめクリスマス映画22選

  • 【イチロー選手3,000本安打の記者会見】ESPNキャスターのTwitter投稿に全米批判&大炎上

  • あなたはいくつ正解できる?意外と知らない英語のことわざクイズ13連発