1. TOP
  2. TOEIC
  3. TOEIC800点を確実にゲットするための【リーディング攻略法4選】

TOEIC800点を確実にゲットするための【リーディング攻略法4選】

 2015/04/21 TOEIC
この記事は約 5 分で読めます。 2,035 Views

TOEICのリーディングセクションで苦戦している人は多いのではないでしょうか?
長文問題の量が多いので、時間内に解き終わらない人も多いかと思います。
今回は、TOEICのリーディングセクションで点数が取れるようになるためのコツをご紹介したいと思います。

 

時間配分を考える

stop-watch-396862_1280[1]

TOEICは問題数が多いので、一問をじっくり考えて解く時間はありません。
100問を75分以内に解くには、一問に1分かけたらアウトです。
25分もオーバーしてしまいます。
しかし、長文問題はできれば一問解くのに1分は欲しいですよね?

 

Fotolia_47871820_S.aba0712f769e80d6c5a68e887f371951[1]

Part7の長文問題は48問あります。
48問×1分=48分
ということは、
Part5(40問)、Part6(12問)の文法問題は30秒以内に解かなければいけません。

30秒×(40問+12問)=26分

48分+26分=74分

これで、ギリギリ75分以内に解き終わります。

しかし、ホントに長文問題を一問1分ペースで解けるでしょうか?
できればギリギリではなく、見直す時間も欲しいですよね?
ということは、文法問題をもっとスピーディーに解いていくしかありません。

できればPart5、Part6の文法問題は一問15秒以内に解きましょう。

15秒×(40問+12問)=13分

そうすれば、長文問題に60分程使えます。

75分-(13分+おまけ2分)=60分

時間配分を考えてみると、どれだけ素早く問題を解いていかないといけないかが分かりますよね?
どうしても長文問題は時間がかかってしまうので、文法問題でじっくり悩んでいる時間はないということです。

 

文法問題で点数を稼ぐ

mzl.kmjuwfos[1]

長文問題は48問、文法問題は52問あります。
長文問題は、英文を読む力や語彙力が足りないと正解数を上げていくのが難しくなります。
従って、できるだけ文法問題で点数を稼いでおくことをオススメします。

 

o08300550150310aki[1]

文法力を上げるのに文法問題集で勉強される方は多いかと思います。
しかし、文法問題集で勉強しなくても文法力を上げる方法があります。
それは、普段からネイティブが書いた正しい英文を読む習慣をつけておくことです。
普段から沢山正しい英文に触れていると、正しい英文と間違えのある不自然な英文を
見分ける力がついてきます。

文法を理論で理解して、正しい文法を使いこなすというのは難しいことです。
しかし、普段から正しい英文を多読しておけば、正しい文法に慣れてきます。

 

large_9441239472[1]

TOEICの文法問題は、15秒以内に正しい答えを見つけなければいけません。
悩んでいる暇はありません。

普段から、沢山正しい英文を読んでいれば、英文と選択肢を見ただけで、素早く正しい答えを
見つけられるようになってきます。

 



スキャニング力をつける

large_3345296623[1]

長文問題は、48問を60分以内に解いていきます。
一問に1分程度しかかけられません。
それ以上かけてしまうと、時間オーバーで全問解き終わることができません。

英文を素早く読める方は、長文を全部読んで答えを探すのがいいと思います。
しかし、長文を素早く読めない方は、全文読んでいると時間が足りなくなってしまいます。


9a9dcdf9746613d92a7cab7dae6b9d54[1]

長文問題は大きくわけて6種類あります。

1、メール
2、記事
3、手紙
4、広告
5、イベント
6、ダブルパッセージ(2つの文書)

まず、タイトルを読んだら、手紙なのか、広告なのか、メールなのかを理解しましょう。
その後、文書の1行~3行ぐらいを読んで、どんな内容なのかを掴みましょう。
そして、設問を読んで、その設問の答えが書いてありそうな文章を読み、答えを見つけていきます。

 

chapter[1]

①タイトルを読んで、どんな種類の文書なのか理解する
②文書の1行~3行ぐらいを読んで内容を掴む
③設問を読んで、答えが書かれていそうなところから答えを探す

答えを探すのに時間がかかってしまいそうな設問は飛ばしましょう。
最後まで解き終わって、時間が余ったらまた戻ってきて答えを見つければ良いです。

2つの文書がある最後の問題ダブルパッセージは一見難しそうですが、意外と答えが探しやすかったりします。
なので、最後まで諦めずに全問解き終わるようにしましょう。

 

TOEIC模試を解く

jtw02[1]

TOEIC受験1~2ヵ月前になったら、TOEIC模試を解いてみましょう。
できたら、同じ模試を3回やって復習しましょう。

【1回目】

間違えが沢山あってもいいので、しっかり答え合わせをしましょう。
模試の中に知らない単語が出てきたら、調べておきましょう。

【2回目】

1回目で間違えた問題を間違えないようにしましょう。

【3回目】

時間内に全問正解を目指しましょう。

 

imasia_5556439_M[1]

時間を計って事前に模試を解いておくことで、当日慌てずに済むと思います。

 

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/trend/11783/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/toeic/9469/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/6993/”]

 

いかがでしたか?

TOEICは問題数が多いので、テクニックも必要です。
しかし、テクニックだけでは高得点は目指せません。

TOEICはあなたの英語力がしっかり反映されるテストです。
テスト前に勉強するだけではなく、普段から英語力を上げておくことが何より大切です。
リーディング力を上げるためにも、普段から沢山英文を読む習慣をつけてみてくださいね。

Good luck☆

Summer

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Summer

Summer

高卒。留学経験なし。
契約社員として働いている時に、転職のためにTOEICの勉強を始める。
しかし、なかなか点数が上がらなかったために挫折。
その後、TOEICを諦め、楽しく英語を学ぼうと決意し、独自の英語勉強法を編み出す。
その勉強法で独学を続けたところ、英語が話せるようになり、TOEIC890点、英検準一級を取得。
現在も独学で英語学習を継続中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 英語学習を諦めている人に送る本「英語は絶対にできる」

  • 英語ができるようになって、世界って変わりましたか?の答え

  • 【留学いらずの100万円節約術 】英語教材、断捨離のススメ

  • ミランダ・カーから英語で学ぶポジティブアファメーション23

関連記事

  • 6ヶ月の短期集中!TOEICで高得点を出すための方法6選

  • スルー禁止! TOEIC学習を始める前の「絶対確認」4つ

  • TOEIC初心者が英語多読だけで1ヶ月200点上げる方法

  • 【目指せTOEIC600点!】Part.1 TOEIC600点を取るための勉強時間と必要なこと

  • 【TOEIC・TOEFL対策問題】無料で充実コンテンツを利用できるサイト6選

  • ウルトラ語彙力主義で行こう! 『TOEICぜったい英単語』のサービスが半端ない!