• 英語学習法
    5,000人以上の外国人と英語で話してきた日本人が教える!すぐ英語を話す3つのコツ
  • トレンド・ニュース
    超キャリアウーマンFacebookのCOOシェリル・サンドバーグ名言集
  • 英語学習法
    英語ブログのすすめ1(はじめ方編) ~今から30分で英語ブログを立ち上げよう~
  • TOEIC
    あなたは何型?TOEICスコア別・タイプ別勉強法と超絶おすすめ教材
  • リアル英会話
    これって英語でなんて言うの?意外と知らない日常英会話フレーズ集
  • トレンド・ニュース
    facebookCEO・マークザッカーバーグが送る卒業英語スピーチ
  • TOEIC
    TOEIC950点取得した英語講師が厳選!900点台取得までに役立つおすすめ教材14選
  • 英語学習法
    《英語発音レッスン》LとR発音のコツ:L and R consonants
  • 英語学習法
    恋人にクリスマスカードを贈ろう!愛と感謝を込めた英語メッセージ例文集
  • リアル英会話
    7月7日『七夕』の由来、英語で説明できちゃうフレーズ集
新TOEIC(R)テストスコアアップ講座の体験版レビューと知っておくべき講座の特長4つ
スポンサーリンク

教材や模擬テストで知られている旺文社のオンライン通信講座『旺文社Pカレッジ 新TOEIC(R)テストスコアアップ講座』

「より短い時間でより点数の上がる教材」というコンセプトの講座は、TOEICの勉強をしている方だったら気になるのではないでしょうか。
今回は、体験版を試した感想、講座の特徴などをご紹介したいと思います。

まず体験した感想

lgf01a201501130800[1]

体験版では、470点コースの体験でしたが、なかなか良くできているという印象でした。
ストーリー性のある音声を聴きながら、質問される事に回答して行きます。
選択問題でスクリプト・日本語・解説も表示することができます。
E-ラーニングのよさとも言える、ゲーム感覚の特徴が楽しんでやれるので、無理にやらされている感がありませんでした。

ストーリー性のある所が、面白く、ゲーム感覚で学習を進めることができるので、継続して学習を行うという点ではプラスになると思いました。
470点コースには、飽きずに学習が続けられる工夫がたくさんされていました。

個々の弱点部分は、テストを提出すると、解答に応じてオリジナルの問題が送られてくる
そうです。

スポンサーリンク

標準学習プランとスピード学習プラン

gf01a201502081600[1]

標準学習プラン【4ヶ月】

Pカレッジ「TOEICテストスコアアップ講座」が設定する標準受講期間4ヶ月をかけて学習するプラン。カリキュラム通りに土日を除いた、毎日30分程度の学習を4ヶ月間行います。最初の1,2か月は、リスニング学習を行い、3・4ヶ月目はリーディング学習を行います。受講修了し、模擬試験・本試験と…。

スピード学習プラン【2か月】

標準受講期間の4ヶ月を倍のスピードで学習するプラン。リスニングとリーディングを同時に学習します。

カリキュラムの内容

・トレーニング(問題演習)
・シュミレーションスタディ(シーン学習)
・ボキャビルディング(語彙力強化)
・診断テスト(TOEIC形式ハーフテスト)
・弱点補強問題(弱点集中問題演習)
・模擬試験
といった様々な学習メニューがスコアアップに直結する質量でカリキュラムが組まれています。

新TOEIC(R)テストスコアアップ講座の特長

lgf01a201406020500[1]

・教材を持ち歩くことなく、パソコンのある環境でいつでもどこでも学習が可能
・専任スタッフがついて、疑問・質問に答えてくれるメールのやり取りができる。
・モバイルPカレッジというシステム(携帯で登録した単語チェックが可能)
・音声をスマホのプレーヤーにダウンロードすれば持ち歩くことができる。

時間を選ばず自分のペースで学習

やりたい時にやりたいだけ学習をすることができます。社会人の方にも嬉しい、スキマ時間にもネットに接続すれば学習が始められるので、TOEICテスト対策もばっちり。

通信講座で「個別対応型」

専任チューターによる細かい対応、個別対応が魅力的。診断テストもすぐに結果が返信されてきて、弱点を診断し、補強問題が送られてきます。月1の診断テスト(リスニングパート・リーディングパートのハーフテスト)があり、それぞれの弱点が分析された結果がメールで届くシステム。

弱点補強問題なので、不正解問題に似た形式の問題を多数こなすことで、弱点の克服につながります。学習中は、「質問メール」が利用でき、専任チューターに届いたメールは、基本的に24時間以内に返信がきます。(1コース受講につき、8回まで使えるそうです。)

 

20150314study_top-thumb-640x436-85223[1]

忙しい社会人にとってシステムが整っている教材だと思います。体験版では470点コースでしたが、600点・730点コースの3種類あります。初心者~中級者向けの教材。TOEICのスコアアップに焦点を当てて作られているので、英語力をアップさせるというよりも、今の実力で最大のスコアを出したいという場合に役に立つでしょう。

体験版は気軽にトライできるので、試してみてはいかがでしょうか。470点コースと模擬試験が体験することができます。

詳しくは→旺文社のTOEIC講座で100点アップ!

仕事でTOEIC学習にたくさんの時間を確保できない人、TOEICのテスト対策を優先したい人には、効率よくTOEICのスコアアップが期待できるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
TOEICの関連記事
  • コストをかけずにTOEIC演習問題!リスニング・リーディング練習問題サイト7選
  • 慎重に選ぼう!TOEIC参考書の選び方と注意点7つのポイント
  • 【新TOEIC5分で攻略】リニューアルされる各セクションの変更点7つ
  • 6ヶ月の短期集中!TOEICで高得点を出すための方法6選
  • 半年でTOEICテスト800点を取るための5つの習慣
  • ウルトラ語彙力主義で行こう! 『TOEICぜったい英単語』のサービスが半端ない!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事