• トレンド・ニュース
    【b わたしの英会話】女性限定、初心者におすすめな英会話スクール
  • トレンド・ニュース
    【話題のポケモンGO】ポケモンの英語名が斜め上すぎて話題に...
  • 英語学習法
    【教歴10年目の英語教師が語る】私の人生を変えた英語学習の歩み
  • トレンド・ニュース
    青学二連覇達成『箱根駅伝』を外国人に英語で説明するためのフレーズ集
  • リアル英会話
    歓迎会シーズン到来!英語でスピーチをする前に必ず読むべきポイント6つ
  • 英語学習法
    《英語上達5つの心構え》5 tips to improve English!
  • 英語学習法
    5年以内!東京オリンピックまでに英語を話せるようになれる?
  • TOEIC
    TOEIC満点を取得したATSUが教える2つのことを実施するだけで2ヶ月で200点スコアアップする方法
  • リアル英会話
    THX:)ってなに・・?英語のメールやSMSを書くときに使える省略文集
  • リアル英会話
    ネイティブが使う英語で「久しぶり!」の言い回し12選
人手不足のオーストラリア【ビジネスビザ取得】就職しやすい職種と必要英語力

英語を学習している人の中には、この先、海外で就職をして働きたいと考えている方もいらっしゃると思います。移民大国のオーストラリアでは、国内で不足している職業を補うために、特定の職業についている人に永住、ビジネスビザを発行するシステムがあるのはご存じですか?

現地の学校に通い資格を取得した場合、また日本でその仕事に就いている人にも門戸が大きく開かれているのです。現在、オーストラリアの中でも比較的簡単に雇用先、ビザを取得しやすい職業について説明したいと思います。

長期就労ビザ『Subclass 457』

melbourne-951349_640

オーストラリアには、Subclass 457(長期就労ビザ)があります。
オーストラリアで長期就労する事を目的としたビザです。

総称してビジネスビザ、ワークビザと呼んでいるビザの種類です。この長期就労ビザ、学生ビザやワーキングホリデービザと違う点は、申請条件にあります。

必要なのは「スポンサーと英語力と技術」

man-875702_640

スポンサー

申請条件に違いがあると言いましたが、決定的な違いと言うと「ビジネスビザをスポンサーしてくれる企業が必要」ということ。

英語

ビジネス申請の際に提出が求められる「IELTS」
一定以上の英語力は身につけておく必要があります。

技術
技術は、日本で学ぶにしても、現地で学ぶにしても技術が認められてスポンサーを受けることになりますので、しっかりとした技術は必要です。



オーストラリアで比較的就職しやすい仕事と必要英語力

保育士

kindergarten-504672_640

必要英語力
IELT5.5レベル

最近、海外留学生に人気なのが保育士なんです。
保育士(チャイルドケア)のコースを修了すると、比較的簡単に就職先は見つかり、雇用主がビザのスポンサーをしてくれるケースも増えて来ているようです。

授業の一環として、現地でのチャイルドケア研修があり、気に入られるとそのまま正社員としてオファーが来るケースもあると言われています。

シェフ

chefs-749563_640

必要英語力
IELT6.0レベル

・料理のジャンルを問わず、料理に携わるシェフやパティシエといった職種は、オーストラリアで大きな人手不足なのが現状です。国内だけでは求人を補う事ができず、昨年から移住優先リストに復活しています。

食文化の発達オーストラリアでは、給与も日本円で約500万円~と待遇も◎
雇用先がビジネスビザをスポンサーしてくれるケースが多く、ビザ・給与のどちらの面からも最も今熱い職種となっているようです。

看護婦

doctor-563428_640

必要英語力
IELT7.0レベル

オーストラリアでは看護婦も通年人手不足の職種なのです。
日本で看護婦として働いていた方は、英語力さえクリアできれば比較的簡単に永住権を取得することができます。

ただ、定められている英語レベルがIELTアカデミックで全スコア7.0以上という高度なもの。
この英語で諦めてしまう方も多いようです。IELTの代わりに、The Occupational English Test(OET)toと呼ばれる医療専門の英語テストで代用も可能だそうです。
こういった専門職以外、一般企業でのオフィス業務と言った場合になると、現地で教育を受けてきたネイティブ達との張り合いになってしまうため、英語が第一言語ではない私たち日本人にとっては不利なケースが多いと言うのが現状ですね。
紹介した専門職は、技術、手先の器用さ、細やかな気配りなどでカバーが出来ます。ですからネイティブではない私達にも就職のチャンスは十分にあるのです。
海外永住、海外での就職を考えている方は、こういった特定の職種で就職のシステムがあることなど参考にしてみてください。

 

関連キーワード
海外留学の関連記事
  • フィリピンで英語語学留学をするメリットと語学学校の選び方
  • イギリスの語学学校でヨーロッパ人と楽しく英語を勉強しよう
  • ワーキングホリデービザを取得してイギリスで働こう【申請編】
  • 確実に成果を出すために、留学前に決めておくべき10のこと!
  • ワーキングホリデービザを取得してイギリスで働こう【当選編】
  • 海外に語学留学すれば英語が話せるようになると思っている人必見【語学留学のススメ】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事