1. TOP
  2. リアル英会話
  3. 海外のレストラン、カフェで使ってしまいがちな和製英語について

海外のレストラン、カフェで使ってしまいがちな和製英語について

 2015/06/02 リアル英会話
この記事は約 6 分で読めます。 1,665 Views

海外に行った時や日本で外国人と話をしている時、知っている英単語が通じなかったことありますよね。
「発音が違うのかな?」
自分の発音が悪くて通じなかったんだと思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし発音ではなく、そもそも英語ではない!という事があるんです。
当たり前のように知っている英単語が、和製英語だったりするのです。
今回は、海外に行ったら誰もが行くであろうレストランやカフェで使いそうな和製英語を紹介したいと思います。

知らずに使っている和製英語

gf01a201503290500[1]

日本で何気なく使っている英単語。
英語だと思っていると実は和製英語という言葉が溢れているんです。

バーなどの店主を「マスター」と呼びますよね?
正しくはowner,chief,manager,proprietorと呼びます。
英語の“master”は、「犬の飼い主」「奴隷のオーナー」という意味があるんです。
そんなことを店主に言ったら驚かれますよね…。

海外へ行った時に役立つ、レストラン・カフェで日本人が使ってしまいそうな和製英語を
ご紹介します。
正しい英語を頭に入れておきましょう。

和製英語「食べ物」編

1109ha_0069[1]

パン
Bread

これはご存じの方も多いと思います。
Could I have some more bread, please?
レストランやカフェで、パンをもう少しもらいたい時に使えます。

Does ◯◯(料理名)come with bread?
「○○にはパンが付いてきますか?」注文する料理にパンが付いてくるか聞きたい時に。
“come with~”で、「~が付いてくる」

フライドポテト
French fries (米)
Chips (英)

日本ではマックなどでも当たり前に「フライドポテト」と表記されているので間違いやすい
ですよね。
細くカットされた物ではなく、くし型のポテトは”wedges”(ウェッジズ)と呼ばれることが多い。

 

o0800040012822108729[1]

アイス
Ice cream
日本では「アイス」で通じますが、 “ice”=氷なので…。
英語では”ice cream”としっかり言いましょう。

プリン
Cream Caramel

海外では、日本ほどプリンがメジャーな感じがありません。
日本のプリンに近いのは、”Cream Caramel”
世界でもデザートの定番である「クリームブリュレ」は、英語でもフランス語の“cream brulee”を使います。

英語での“pudding”は、しっとりとした蒸しパンみたいなデザート、肉の腸詰めも“pudding”
で表します。

シュークリーム
Cream Puff
定番の和製英語。
「シュークリーム」と伝えると、「靴クリーム」と思われてしまいます。

 

6c359fe77a7249a146a8245290e08583[1]

バイキング
Buffet
All you can eat
Smorgasbord

「バイキング」は、食べ放題のスタイルを初めて日本に取り入れた帝国ホテルのレストラン名
から来ているのです。



和製英語「飲み物」編

Barista doing your coffee

ホット・ブレンドコーヒー
Coffee
日本では、「ホット」「ブレンド」で注文する事も多いですが、英語ではその種類のコーヒーが欲しいかを伝えます。
“hot”を付けなくても、通常は熱いコーヒーが出てきます。
“Black coffee”“cappuccino”

アイスコーヒー・アイスティー
iced coffee
iced tea
「氷で冷やした」という意味の“iced”を使います。
“iced coffee”は、ミルクが入った冷たいコーヒーを指すこともあるので、国や地域によって
違います。
ブラックが良い人は、“iced black coffee”と言うと間違いなくブラックのアイスコーヒーが出てくるでしょう。

ココア
Hot chocolate

“cocoa”は、カカオを指すことが多いので、日本でも飲んでいる温かく甘いココアを注文する時は“Hot chocolate”
メニューにも“Hot chocolate”と記載されています。

 

95499a7962a05dcd2616de7e801b1b17_s[1]

サイダー
Sodapop
日本で思い浮かべるサイダーは、“sodapop”と言います。
“cider”は、地域によって違いますが、リンゴの炭酸水・リンゴ酒、イギリスでもリンゴ酒のことを表します。

レモンティー・ミルクティー
tea with lemon
tea with milk

ミルクやレモンが入った紅茶を注文するなら、“tea with milk”などと言います。
ミルクティーは、“White tea”と言う人も。
レモンティーも、あまり日本ほどメジャーでは無いので、“tea with a slice of lemon”と注文する必要があるかも。
レモン味がもとからついた“lemon twist tea”というメニューがあるお店も。

 

BIER_IM_EG[1]

ビールジョッキ
Handle
Beer mug

「ビール、ジョッキで!」と居酒屋で注文するのは定番ですよね。
英語では、国や地域で差はありますが、“handle”“beer mug”と呼ばれます。
イギリス英語圏でのビールは、“pint”(パインと)と言う570mlくらいの大きなグラスがほとんどで、取ってはついていません。

ノンアルコール
non-alcoholic

“non-alcoholic”=アルコール無しの
ちなみに“alcohol free”は飲酒が禁止の公共の場所にある看板に書かれている。
こちらの記事もオススメ!

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/21639/”]
[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/6322/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/10508/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/11429/”]

 
いかがでしたか?
カタカナで書かれていて、普通に英語だと思って使っていた和製英語。
「そりゃ通じない訳だ」と思った方もいるのではないでしょうか。
日本で生活していて、何気なく見るカタカナ表記をちょっと意識してみるとたくさん和製英語が溢れています。
和製英語、みなさんも意識してみてはいかがでしょうか?
正しい英語での言い方を覚えることができますよ。

英語の達人ではあらゆるシーンに役立つ英語フレーズを紹介しています。
ネイティブが使うフレーズをもっと毎日勉強したいという方、

英語の達人運営部がおすすめする
完全無料のメールマガジン
登録はコチラ↓

EVERYDAY ENGLISH PHRASES

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

californiagirl

californiagirl

カリフォルニアのカレッジを卒業後、貿易会社に就職。
アメリカで初めての社会人生活に奮闘中・・・。
特技はサーフィン・サルサダンス・ピアノ

この人が書いた記事  記事一覧

  • ローラ、ミラ・ジョボビッチと英語で挨拶「バイオハザード:ザ・ファイナル」ワールドプレミア1

  • <ビジネス英語>もしも英語で会社に電話がかかってきたら?受け方の応対フレーズ

  • ネイティブイングリッシュと他の英会話教材の比較

  • CEO、CTO、CFOなど名刺でよくある役職・部署名の英語表記一覧

関連記事

  • 海外のマクドナルドで焦らずに注文するための英語フレーズ集

  • 秋は英語でFallとAutumnどちらを使う?日本と海外の秋イベント表現

  • 海外で銀行口座開設!口座開設に必要な英語フレーズまとめ

  • 外国人の友達を誘おう!Cherry Blossom Viewing【お花見】に使える英語表現

  • 英語の日付の表記は大丈夫?日付、曜日の書き方、読み方などに関するまとめ

  • 時代はイギリス英語?ネィティブに学ぶイギリス英語の発音規則