• 英語学習法
    【b わたしの英会話】実際の無料体験レッスンに行った決定版レビュー
  • 英語学習法
    もうやめた!英語学習のスランプや挫折を対処する4つの方法
  • 英語学習法
    【英文法基礎講座】名詞の使い方について簡単に解説!
  • 英語学習法
    海外旅行に行きたいけど英語に自信がない人必見の無料で英会話を勉強する方法
  • TOEIC
    半年でTOEICテスト800点を取るための5つの習慣
  • トレンド・ニュース
    決定版!英語LINE・FB入学祝いメッセージ!コピペでドン!
  • 英語学習法
    恋人にクリスマスカードを贈ろう!愛と感謝を込めた英語メッセージ例文集
  • リアル英会話
    海外の旅行先で困らない!レストランで使える英語表現まとめ
  • トレンド・ニュース
    あなたはいくつ正解できる?意外と知らない映画の英語版タイトルクイズ12連発
  • リアル英会話
    あなたはどっち?イギリス英語VSアメリカ英語【ボキャブラリー編】
マンガで英語学習!David, Justin and sometimes Kenー第2話ー

Hello everyone! Amyです!
いかがお過ごしですか?What are you doing lately?

今回は、オリジナル4コマ漫画David, Justin and sometimes Kenの第二話をお届けします!
本格的にイギリス英語のアメリカ英語を比較してゆきますよ。

では、第二話”Flatmate and Roommateフラットメイトとルームメイト”をどうぞ!
Hope you enjoy it!

s2frontpage.psd

 

第二話 ”Flatmate and Roommate
-フラットメイトとルームメイト”

s2p1.psd s2p2.psd new s2p3 s2p4.psd

 

第二話”Flatmate and Roommate -フラットメイトとルームメイト”では、イギリス英語とアメリカ英語での単語の違いをいくつか紹介し始めています。

ケンのイギリス英語に対する印象は、
まさに私が感じた思いそのままです。

元々アメリカ英語に親しんでいたので、
触れたことのなかったイギリス英語は
最初とても不思議な響きに聞こえました。

FlatmateとRoommate

イギリス英語=British Englishと言うと、容認発音(Received Pronunciation, RP)やBBC英語(BBC English)と呼ばれている発音で、

もともと上流階級が主に使う発音である

クイーンズ・イングリッシュ(Queen's English)

を想像する人も多いので、

イギリスで話されている英語

を指すにはUK Englishの方が妥当かと思い、こちらを採用しました。

日本語になっている同居人=ルームメイトを表す
イギリス英語ではFlatmate
アメリカ英語ではRoommate

イギリスに住んでいた時は寮生活だったのですが、
当初、自分の部屋に関する書類を読んだときにFlatの意味がつかめず
少し戸惑いました。

Flatとは同じ階にある数室で一家族、
数人で住めるように設備した住居のことを言います。
もともとflatには平らな、平たいという意味がありますよね。



会話でよく使われる表現

First of all 【まずはじめに】

順番に何かを説明していく時に使うと効果的ですね。
プレゼンテーションでも使うと説明する側も説明していく内容や順番を明確にしやすいです。

For instance 【たとえば

for exampleとも言いますね。

漫画の中でも紹介していますが、
アメリカ英語とイギリス英語では
多くの異なる単語を使用しています。
表記の違いや、使う単語そのものが違うなど様々。

Sounds 【〜のように聞こえる、思える】

例:Sounds so different and a bit weird to me.
<かなり違って聞こえるし、僕にとっては少し変だなあ。>

Soundは会話表現では
~のように聞こえる、思える
という意味です。日常会話では割とよく使われる気がします。

正式に書くと、It sounds so different.
会話では、itを省略することは多々あります。

例:It sounds good to me. / Sounds good to me.
<いいね。>

これも日常会話で良く使います。
相手の話に同意したり、問いかけに応じたり等色んな場面で使えます。

a bit【少しだけ、いくらか、やや】

a bit 少しだけ、いくらか、やや
= a little
ちなみにbitは名詞で、ひとかけら、食べ物等の一口、ちょっとの間という意味。

ほかにも会話でよく使われる表現は...

a little bit 【わずかに】
quite a bit 【大いに、たくさん】

Be familiar with【 ~ に親しむ、良く知っている】

例:Cause you are familiar with American English.
<なぜなら君はアメリカ英語に親しでいるから。>

Familiarは、よく知られている、おなじみの= common
熟知している、親しいという意味。

Definitely 【たしかに、絶対】

英会話で相手への返答や会話中の相づちにも使える便利な単語です。

ちなみにDefinitely not は、とんでもない、まさかという意味を含みます。


例:Are you cheating on your girlfriend?
<彼女をだましているの?>

Definitely not! Why did you think like that?
<まさか!どうしてそういう風に考えたんだい?>

 

 

いかがでしたか?
I hope you enjoyed reading. See you next time! Thank you!

関連キーワード
リアル英会話の関連記事
  • あの人の発音はなぜいいの?【有名人・芸能人の動画で英語発音分析】
  • 覚えるのも楽しくなる【英語で豆知識】花の英語名まとめ
  • 【ビジネス英語】役職を英語で言えますか?肩書き・役職英語名一覧
  • 実践!ニューヨークで使った、聞いた日常英会話-美術館・博物館編-
  • ハリーポッターの本で英語学習【アメリカ英語とイギリス英語の違い】
  • SNSやSMSなどで良く使われる英語の略語・スラング45選

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事