• 英文メール
    英語で年末年始の会社休暇期間『New Year Holiday』案内メール例文
  • トレンド・ニュース
    河北麻友子の驚きの英語力!ニューヨーク生まれの英会話力はいかに?
  • リアル英会話
    歓迎会シーズン到来!英語でスピーチをする前に必ず読むべきポイント6つ
  • 英語学習法
    <英語の発音を良くしたい人必見>発音は良いのに日本人英語っぽくなってしまう理由
  • トレンド・ニュース
    【話題のポケモンGO】ポケモンの英語名が斜め上すぎて話題に...
  • リアル英会話
    Googleを使った冗談も?楽しく学べるアメリカンジョーク7選
  • 英語学習法
    【教歴10年目の英語教師が語る】今すぐ実践できる英語のイントネーション
  • リアル英会話
    ちゃんと知ってる?【Co.,・Ltd・Inc】会社名の意味の違いについて
  • トレンド・ニュース
    楽しい王道英語学習!海外ドラマ、どれを見る?
  • 海外留学
    海外に語学留学すれば英語が話せるようになると思っている人必見【語学留学のススメ】
【季節の習慣】英語で説明しよう!6月の「衣替え」英語表現まとめ

6月になると「衣替え」の季節。
梅雨の湿気でジメジメとした蒸し暑い時期とともに、季節に合った衣服に替える四季のある日本らしい習慣でもあります。
「衣替え」を英語で表現するにはどのようにしたら良いでしょうか。
今回は、「衣替え」の英語表現についてまとめてみました。

衣替え

hoshi[1]

Clothing Change
=衣替え
Change one’s wardrobe for new season.
衣替えをする

ですが、説明的に英語で表現しないと、外国の人には通じないかも…。
衣替えとは、「季節に合った衣服に替える」ということ。
日本では6月、10月が衣替えの時期になりますよね。

衣替え・季節の変わる時期に使う表現

coloredShirts[1]

I changed my wardrobe for new season.
衣替えをしました。
Change our clothes for the summer .
夏用の衣服に替える。
June and October are the months of seasonal clothing change in Japan.
6月と10月が日本では季節の服に替える月です。

 

14ss_pileonep_b2[1]

Dress for weather
天候・季節に合った服装をする。
I dressed for weather.
季節・天候に合った服装をしています。



衣服の整理で「衣替え」英語表現

o0800060010263823559[1]

Put away
しまう・片づける
Take out
取りだす

I put away my spring clothes and took out my summer clothes.
春物をしまって、夏物を出した

この時、“put”の過去形は変化しませんが、“take”の過去形は“took”になります。
“cloth”(服)の複数形“clothes”は発音が複数形になっても変わりません。
「クローズィズ」と言ってしまいそうですが注意しましょう!

 

guarda-roupa[1]

I wanna take out my summer clothes but I have no time.
夏物出したいんだけど、時間がない。

“wanna”(want to~)
=~したい

Did you take out your summer clothes?
夏物出しましたか?

Putting away my family's summer clothes bug me.
家族の夏物をしまうのが面倒。
“putting away”にすることで、動名詞「しまうこと」という意味に。

We don't need to put away our clothes.
服をしまう必要はないんだよ。

正直衣服をしまうのは面倒ですよね…。
自分の物だけならまだしも、家族がいるお母さんは大変ですよね。

A seasonal Japanese custom(四季のある日本らしい習慣)

IMG_1018

Traditionally, we change the clothes in our closet twice a year, known as koromogae, in June and October, in accord with the changing seasons. It's just a custom and not a duty, but many companies and schools have a winter and summer version of uniforms. Generally, the uniforms are thick clothes in dark colors for winter and lighter-colored, light clothes for summer.

私たちは、季節に応じて6月と10月頃に、“衣替え”と呼ばれる衣類の入れ替えをします。四季のある日本らしい習慣ですね。“絶対”ではないのですが、企業や学校では制服を夏服と冬服を用意して、冬の黒くて厚い服から、白く薄手の生地の服に変えていきます。

引用出典:http://www.alc.co.jp/speaking/article/kihon/18.html

 
こちらの記事も人気!

 

いかがでしたか?
春の暖かな陽気に包まれ、6月になると「衣替え」をし、夏の前に梅雨がやってきます。
「衣替え」の表現は、なかなか授業では教えてくれないのではないでしょうか?
この季節らしい習慣でも英語表現を覚えると、衣替えも梅雨の時期も違った楽しみ方ができるかも。
梅雨の時期の英語表現の記事も合わせて、季節らしい日本の習慣を英語で表現できるように参考にしてみてくださいね♪

 

関連キーワード
リアル英会話の関連記事
  • 【海外旅行英会話】ホテルで英語を使ってwi-fiやネット環境について尋ねる方法
  • こんな時どう言う?『私も同じく』の英語表現は
  • ドキドキは英語でなんて言う?日本語に多いオノマトペを紹介
  • カリフォルニアで年間106回ディズニーに通って極めた【夢の世界を楽しむための英語フレーズ】
  • 英語で道を聞かれたらどうする?基本的な道案内に役立つフレーズ
  • 言葉の持つパワーは素晴らしい!読み返したくなる英語の名言25選

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事