1. TOP
  2. リアル英会話
  3. ハリーポッターの本で英語学習【アメリカ英語とイギリス英語の違い】

ハリーポッターの本で英語学習【アメリカ英語とイギリス英語の違い】

 2015/05/07 リアル英会話
この記事は約 12 分で読めます。 27,146 Views

皆さんには、思い出に残る英書はありますか?

私が初めて読んだ英語の本はJ.K.Rowlingのハリー・ポッターシリーズでした。

当時日本語版はまだ2巻までしか出版されておらず、親に強請って原書の3巻を買ってもらったのを良く覚えています。

ところでこの時、私にとってひどく印象的だったことがあります。

それはこのハリー・ポッターシリーズには『アメリカ版』『イギリス(オリジナル)版』が存在すると言うこと。

当時、単に出版社やデザインの違いだと思い「どうせならご本家版を買おう」という軽いノリでイギリス版を購入した私でしたが、実はこの二つのバージョンは意外と大きな差があるのを皆さんご存知でしょうか。

それはもちろん、『イギリス英語』と『アメリカ英語』の違い

私達日本人にとってはあまり違いなどないように思えますが、これがネイティブスピーカー達にとっては意外と大問題。

「言いたい事は分かるが、なんかこう、その変な言い回しをなんとかしれくれ」系から「何を仰っているのか全く意味が分かりません」系まで様々な違いが存在します。

ハリー・ポッターの『アメリカ版』は、もはや『日本語版』や『ドイツ語版』などと同じ翻訳版の一つと言えるかもしれません。

それでは今日はハリー・ポッターのオリジナル版(イギリス版)とアメリカ版を見比べながら、両者の違いを見て行きましょう。

(尚、日本語の翻訳は日本語翻訳版からの引用ではなく、当記事の筆者によるものです。)

“あまりに細かいが地味に気になる”系の違い

DSCN7127

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”UK.png” name=”英国版”] He was in a very good mood until lunch-time, when he thought he’d stretch his legs and walk across the road to buy himself a bun from the baker’s.[/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”US.png” name=”アメリカ版”] He was in a very good mood until lunchtime, when he thought he’d stretch his legs and walk across the road to buy himself a bun from the bakery.[/speech_bubble]

ダーズリー氏が職場からパン屋に出かけるシーン。ここでの違いは“昼食”と“パン屋”の単語の違いのみです。

昼食の方は実はイギリスでも“lunch-time”とするのはかなり稀なので、アメリカ版ではより馴染みの深い“lunchtime”に修正されたのでしょう。

興味深いのは“baker’s”“bakery”の違い。イギリス英語では「職業名+’s」で「~屋さん(のところ)」という言い方をするのが好まれます。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”UK.png” name=”英国版”]’And where did you get that motorbike?’ [/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”US.png” name=”アメリカ版”]”And where did you get that motorcycle?”[/speech_bubble]

ダンブルドアが、どこでそのバイクを手に入れたのかと尋ねるシーン。

ほとんど間違い探しの域ですが、よーく見ると引用符の種類が違うのがお分かり頂けますか?

イギリス英語では‘こちら’、アメリカ英語では“こちら”が正式な引用符として使われます。

またアメリカ英語では“motorbike”は小型二輪、“motorcycle”は大型二輪の意味です。イギリス英語ではどちらもさほど違いはありません。

ハグリッドが小型に収まりきるとも思えませんので、アメリカ英語版では大型に訂正されたのでしょう。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”UK.png” name=”英国版”]Harry heard her walking towards the kitchen and then the sound of the frying pan being put on the cooker.[/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”US.png” name=”アメリカ版”]Harry heard her walking toward the kitchen and then the sound of the frying pan being put on the stove.[/speech_bubble]

間違い探し第二弾。 こちらも注意深く見てみると“towards”“toward”の何だかよく分からない違いが分かります。

また“cooker”“stove”の語彙の違いも訂正されていますが、これはどちらも「コンロ」のこと。

そもそも「コンロ」って英語じゃなかったんかい!と思われたあなた、実はコンロは漢字で「焜炉」と書く、れっきとした日本語なんですよ。



“その謎の文法はやめてくれ”系の違い

SE2

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”UK.png” name=”英国版”]Dudley had learnt a new word (‘Shan’t!’)[/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”US.png” name=”アメリカ版”]Dudley had learned a new word (“Won’t!”)[/speech_bubble]

こちらはかなり短い文章ですが、さり気なく面白い違いがいくつか含まれていますね。

動詞“Learn(学ぶ)”の過去形・過去分詞系は英米で若干の違いがあります。

またダドリーが学んだ言葉“Shan’t!(嫌だ!)”に関しては全く聞き覚えのない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

イギリス英語では“Will”の代わりに“Shall”を使う場合があり、その否定形の“Shall not”の短縮形が“Shan’t”です。

これはアメリカでは使われない言い方なので、アメリカ版では“Won’t”に翻訳されたのでしょう。

ちなみにイギリスでも最近“Shan’t”は若干おじいちゃんおばあちゃん言葉となりつつあります。

 

“一体君は何の話をしてるんだい?”系の違い

DSCN7061

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”UK.png” name=”英国版”]Harry Potter and the Philosopher‘s Stone[/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”US.png” name=”アメリカ版”]Harry Potter and the Sorcerer‘s Stone[/speech_bubble]

ハリー・ポッターシリーズにおける英米最大の違いは何と言っても1巻のタイトル。

不思議国家イギリスでは“Philosoper’s Stone(賢者の石)”と言えば魔法のアイテムであるというのはもはや常識ですが、一方のアメリカでは読んで字の如く“哲学者の石”という意味しかありません。

これでは何の話かアメリカ国民にはさっぱり分からないことから、アメリカ版ではより直接的な“Sorcerer’s Stone(魔術師の石)”という語に変更されたそうです。

ちなみに作者のJ.K.Rowling氏はこの変更に大変な難色を示したらしく、今なお改題を許可したことを悔いているのだとか。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”UK.png” name=”英国版”]Term begins on 1 September. We await your owl by no later than 31 July.[/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”US.png” name=”アメリカ版”]Term begins on September 1. We await your owl by no later than July 31.[/speech_bubble]

イギリスとアメリカでは日付の表記が違うことをご存じでしたか?

イギリス式“日/月/年”に対しアメリカ式で日付は“月/日/年”の順番で表記されます。

上記の文章の場合は月の方がアルファベット表記ですので、間違える可能性はまずないでしょうが、もしイギリス人から「2/3に会おう!」と言われた場合、これは2月3日ではなく、3月2日の可能性が高いです。

とんだ勘違いにならないよう、しっかりと確認してくださいね。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”UK.png” name=”英国版”]Hagrid…gave the notes to Harry so he could buy their tickets.[/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”US.png” name=”アメリカ版”]Hagrid…gave the bills to Harry so he could buy their tickets.[/speech_bubble]

これはなかなか面白い違いです。

英米両者とも言いたいのは「ハグリッドがハリーに切符を買うための“紙幣”を渡した」ということなのですが、アメリカ人がイギリス版を読めば「ハグリッドがハリーに切符を買うための“メモ(note)”を渡した」という意味に取れます。

一方でアメリカ版はイギリス人にとって「ハグリッドはハリーに切符を買うための“請求書(bill)”を渡した」と言う、なんとも意味不明な文章になりかねません。

ちなみにこういう微妙な意味の違いはアメリカ人イギリス人の間でも時々ネタになっているようです。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”UK.png” name=”英国版”]A moment later the puddings appeared.[/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”US.png” name=”アメリカ版”]A moment later the desserts appeared.[/speech_bubble]

イギリス版を読んだアメリカ人は(そして恐らく日本人も)今日のホグワーツのデザートは“プディング(プリン)”か、と思うでしょうがこれは大きな間違い。

イギリス英語で“pudding”はデザートのことを表します。

余談ですが、筆者はイギリスで美味しいプリンと言うものに終ぞ出会ったことがありません。

その他の不思議な違い

DSCN7071

イギリス英語とアメリカ英語の違い、と言ってしまって良いのかは限りなく微妙なところですが、ハリー・ポッターのアメリカ英語版はオリジナル版に比べて若干謎の説明が付け足されている、という説があります。

いくつか例を並べてみました。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”UK.png” name=”英国版”]Dudley had a tantrum because his knickerbocker glory wasn’t big enough,(ダドリーはパフェが小さいと癇癪を起した)[/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”US.png” name=”アメリカ版”]Dudley had a tantrum because his knickerbocker glory didn’t have enough ice cream on top,(ダドリーはパフェに乗っているアイスが少ないと癇癪を起した)[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”UK.png” name=”英国版”]’If he’d known who yeh were–he’s grown up knowin’ yer name if his parents are wizardin’ folk–you saw ‘em in the Leaky Cauldron.’(もし彼(マルフォイ)がお前の正体を知ってたらなぁ・・・親が魔法族ならお前の名前を聞きながら育っているさ。漏れ鍋の人達を見ただろう?)[/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”US.png” name=”アメリカ版”]”If he’d known who yeh were–he’s grown up knowin’ yer name if his parents are wizardin’ folk. You saw what everyone in the Leaky Cauldron was like when they saw yeh.”((前略)お前を見た時の漏れ鍋の人達がどんなだったか見ただろう?)[/speech_bubble]

当然アメリカ英語版の方がオリジナル版より後に書かれていますので、多少の補足は有り得るかとも思いますが、ご本家イギリスでは「意味の分からない補足が多い」「アメリカ人には行間を読む能力が無いのか」とからかいのネタにもなっているようです。

++++++++++

如何でしたか? 今回は1巻のほんの最初の方だけを取り上げましたが、他にも英米の違いはたくさんあります。

両方を読み比べて、アメリカ英語とイギリス英語の違いを見てみれば、今まで知らなかった英語の新事実に気が付けるかもしれません。

日本語版しか読んだことがない、という皆さんもこの機会にぜひ英語版をお試しください!

++++++++

引用文献

J.K.Rowling, Harry Potter and the Philosopher’s Stone, Bloomsbury Publishing PLC, 1998
J.K.Rowling, Harry Potter and the Sorcerer’s Stone, Scholastic Paperbacks, 1999

 

こちらの記事もオススメ!
[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/13924/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/7884/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/8735/”]

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Mon

Mon

スコットランドの片田舎在住の”旅人”。現在はホテル勤務。
子供の頃読んだハリー・ポッターの影響で外国に強い関心を持ち始め、
数年間京都の観光業界で働きながら英語を学んだ後、2014年に渡英。
特にヨーロッパの歴史、食文化、音楽、言語に興味を持つ。
イギリス国内だけでなく、世界中を旅するのが趣味で、今までに訪問した国の数は20ヶ国以上。
ちなみに一番好きな国はポーランド。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ネイティブと会話する時覚えておきたい2、3単語英会話集【イギリス編】

  • にわか雨は英語で?イギリスでは50種類以上もある雨の英語表現

  • 卒業シーズン到来!ちょっと個性的な卒業メッセージ厳選22選

  • あなたはいくつ正解できる?意外と知らない英語のことわざクイズ13連発

関連記事

  • ハニー?ダーリン?恋人への愛称&愛を伝える英語フレーズ

  • 外国人からデートのお誘い!お返事するときの英語フレーズまとめ

  • 実用ビジネス英会話【注文・発注】に関する英語フレーズまとめ

  • 【自然災害】覚えておいて損は無い!災害に関する英単語・英語表現まとめ

  • 【ゴールデンウィーク直前】ビジネスシーンで使われる「お知らせ」のフレーズ集

  • 【海外セレブ】強く美しく生きてきた女性たちの英語名言15選