1. TOP
  2. リアル英会話
  3. 必読!英語でのプレゼンテーションで使えるポイント3選

必読!英語でのプレゼンテーションで使えるポイント3選

 2015/03/08 リアル英会話
この記事は約 6 分で読めます。 4,511 Views

外資系で働いていると、誰にでもやらなければいけない時があるかもしれない「英語のプレゼンテーション」。 日本にある会社だからと言っても、いつその機会がやってくるかは分かりません。 その時のためにも、「英語のプレゼンテーション」を形にする基本を知っておいても良いかもしれません。
プレゼンテーションで使える英語のフレーズをご紹介します。

英語のプレゼン

2014011815208657[1]

「資料は出来たけど、いざプレゼンするとなると難しいし、英語が厳しいな…。」
なんて頭を抱えてしまう人もいるのではないでしょうか。
プレゼンの内容以外に、プレゼンを形にするパートに合わせたフレーズを覚えましょう。

プレゼン3つに分けて、出だしパート、内容パート、結論、最終パートに合わせたフレーズを
ご紹介します。

出だしのパート

img1[1]

オープニングはとっても重要なパートです。
聞き手の自分の話しに惹きつけ、プレゼン全体のリズム、雰囲気を掴み、プレゼンの内容を
的確に伝えます。
出席者への挨拶
・目的を伝える
・プレゼンの概要についての説明。
・質疑応答についての説明。

この4つの要素は必須です。
良い印象と理解を持ってもらうには、挨拶、目的をしっかり伝え、内容に入り、 プレゼンを
スムーズに進める事が大切です。

1.挨拶

b47e5c7a7e9bae399a18ac331870a5691-304x214[1]

 

“Thank you for your introduction.”
まず、司会、主催の人に紹介された場合は、紹介者にシンプルな挨拶を

Thank you for attending this presentation.
My name is Ryo Suzuki and I am responsible for marketing at XYZ Company.

→皆様、本日はお越しいただきありがとうございます。私の名前は鈴木 亮です。
マーケティングを担当しております。

Good morning everyone.
My name is Hana Suzuki and I am director of marketing for XYZ Company.

→皆様、おはようございます。私はXYZ会社のマーケティングディレクターの鈴木 華です。

2.目的を伝える

01_1071008_14843726[1]

Today, I would like to talk to you about Development of new products.
→本日は弊社の新製品の開発に関して説明したいと思います。

3.概要の説明

pics2445[1]

There are three things I’d like to cover today. Firstly, I will talk about (our new technology). Then I will explain (new product features).
Finally, I will describe (our new pricing system).
プレゼンテーションは3部に構成されています。始めに弊社の新しいテクノロジー、次に製品の将来について、最後にプライシングシステムについてご説明いたします。

4.質疑応答について

shutterstock_135573032[1]

We’ll have a Q&A session at the end of the presentation.
→プレゼンテーションが終わってから質疑応答を受け付けます。

If you have questions, please do not hesitate to ask.
→質問があれば遠慮なく聞いてください。

プレゼンにかかる時間、質問はプレゼン中に受け付けるかなども説明しておきましょう。
オープニングでしっかり説明して、目的を明確に伝えておくことで出席者側の理解を促すこと
ができます。



内容のパート

2014011213591953[1]

オープニングが済んだらいよいよ内容のパートへ。
プレゼンテーションのメインが始まります。

話題と話題の間を繋ぐフレーズ

47487466[1]

わかりやすく説明する効果的なテクニックです。

I’d like to start by looking at (our new technology).
→まず最初に(私たちの新技術)について説明します。

Next, I’d like to talk about (new product features).
→次に(新プロジェクトの将来)についてお話いたします。

Let’s move on to (our new pricing system).
→次に(私達の新プライシングシステム)についてお話いたします。

連結フレーズを活用すると、出席側が流れを把握しやすくなります。
さらに内容が明確な印象を与えてくれます。

結論、最終パート

47489659[1]

いよいよ締めくくりのパート。

プレゼンの最後を告げる
・ポイントの概要
・結論
・質疑応答、締めくくりの挨拶

プレゼンテーションを最後に、よい印象で締めくくるために4つのフレーズを順に
説明してまいります。

We are coming to the end of today’s presentation.
→本日のプレゼンテーションの最後になります。

I’m now going to give a brief summary of what we have covered…
→今回の要点をお伝えすると…

In conclusion,….
結論は…

2014012311405774[1]

Are there any questions?
→何か質問はありますか?

Thank you once again for taking the time to join today’s presentation.
→本日はプレゼンテーションに参加して頂き、ありがとうございました。

 

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/16699/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/8079/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/4945/”]

bus_pres[1]

いかがでしたか? プレゼンテーションでフレーズを活用すると、全体のメリハリができます。
このパートごとにメリハリをつけるのは英語に限ったことでは無く、日本語でも同じことです。
実践で最初から上手く行く人は少ないでしょう。
実践を重ね、失敗しながらも英語を体得して行くものです。
今後、実践するかもしれないプレゼンテーションに参考にしてみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

californiagirl

californiagirl

カリフォルニアのカレッジを卒業後、貿易会社に就職。
アメリカで初めての社会人生活に奮闘中・・・。
特技はサーフィン・サルサダンス・ピアノ

この人が書いた記事  記事一覧

  • ローラ、ミラ・ジョボビッチと英語で挨拶「バイオハザード:ザ・ファイナル」ワールドプレミア1

  • <ビジネス英語>もしも英語で会社に電話がかかってきたら?受け方の応対フレーズ

  • ネイティブイングリッシュと他の英会話教材の比較

  • CEO、CTO、CFOなど名刺でよくある役職・部署名の英語表記一覧

関連記事

  • 歓迎会シーズン到来!英語でスピーチをする前に必ず読むべきポイント6つ

  • 日本語でよく言う「キモい」は英語でなんて言う?気持ち悪い時の英語表現

  • 【ビジネス英語】請求明細書に関する英語フレーズ24選

  • 海外で困らない風邪・ケガの病状を伝える英語フレーズ23選

  • 「もう1回言って」相手の言っている事が聞き取れなかった時の英語フレーズ

  • 英語で褒め上手が御用達のすぐに覚えられてめちゃくちゃ使えるフレーズまとめ