• 英語学習法
    経験者が語る!英語が出来るようになるために知っておくべき10ヶ条〜後編〜
  • 英語学習法
    スピードラーニングの効果は?聞き流すだけで本当に英語リスニング力が向上するの?
  • リアル英会話
    CAイギリス英会話Chiakiが教えるネイティブが使うHow are you?の表現
  • 英語学習法
    《英語上達5つの心構え》5 tips to improve English!
  • トレンド・ニュース
    世界で「最も影響力のある100人」女性起業家エリザベス・ホームズさんについて
  • リアル英会話
    ハリーポッターの本で英語学習【アメリカ英語とイギリス英語の違い】
  • 英語学習法
    日本の祝日・祭日「みどりの日」を英語で説明するなら?
  • リアル英会話
    7月7日『七夕』の由来、英語で説明できちゃうフレーズ集
  • トレンド・ニュース
    楽しい王道英語学習!海外ドラマ、どれを見る?
  • 英語学習法
    英語が話せない、聞き取れない人にオススメする悩み別英語教材3つ

猫の鳴き声、日本語では「ニャー」、英語の鳴き声を知っていますか?
英語では“Meow”(ミャオウ)なのです。動物の鳴き声は日本語と英語でも違うのです。
英語での「動物の鳴き声」をまとめてみました。
日本語では聞こえたままの表現でも、不思議と英語では違うのですよね。

ネズミ(mouse)

559a0ef0[1]

ねずみは“チュー”、英語では“squeak”(スクィーク)
キーキーと物音を表現する時に用いられる“squeak”です。

“A mouse is squeaking in the attic.”
「屋根裏でねずみがチューチュー鳴いている」

アヒル(duck)

lrg_10249964[1]

アヒルは「ガーガー」、「クワッ」、英語では“quack”

騒々しい音や騒々しい話し声などの意味もあります。
日本語に似ている“quack”は動詞としても用いることができます。

うし(Cow)

usi[1]

牛は「モー」、英語では“moo”(ムー)
牛の鳴き声は日本語と近いかも。

“The cow mose in the morning.”
「朝、牛がモーと鳴く」

トラ(Tiger)

5e9e71d17f81b85cea699f2763d8e3823fe3fb2c_m[1]

トラ「ガオ―」英語では“roar”(ロアー)
ライオンなどの猛獣は“roar”の表現を用います。

“Tigers are roaring from the cage.”
「トラたちが檻の中かほえている。」

うさぎ(rabbit)

004[1]

うさぎ「ぴょんぴょん」、英語で“boing-boing”(ボインボイン)
飛び跳ねる様子を表現した単語。

ヘビ(snake)

13d0ade8[1]

へび「シャー」英語では“hiss”(シュッ)
人を黙らせるときに使う表現でもあります。

“The snake was hissing at me.”
「蛇が私に向かってシャーっと鳴いた」

馬(horse)

kasztan_Il_medium[1]

馬「ヒヒーン」、英語では“neigh”(ネーイ)
ヒヒーンとネーイではだいぶ違いがありますね。
馬が「いななく」という意味があります。
“The horse neighs~”という動詞としての表現ができます。



ヒツジ(Sheep)

pic_sheep_02[1]

ひつじは「メ―」、英語では“baa”(バー)、“bleat”(ブリート)
ヤギも同じだそうです。
“bleat”には「悲しい声」「泣きごと」などの意味もあるそうです。

Don’t bleat like a goat!
「ヤギみたいにめそめそするな!」

サル(monkey)

4a86b9df3e8dc04c8ff879f1234827ca[1]

サルは「ウッキー」、英語では“screech”(スクリィーチ)
“screech”「キーッ」と鳴く声を表します。

Monkeys started screeching when they see someone enter the room.
(部屋に誰かが入ってきた時に、サルは一斉にキーキーと鳴き出した。)

ニワトリ(Cock)

niwatori21[1]

ニワトリ「コケコッコー」、英語では“cock-a-doodle-doo”(コッカドゥードゥルドゥー)
これは有名ですよね。
他には"cluck"(クラック)"cackle"(カクル)など

犬(Dogg)

d0027698_1183742[1]

犬は「わんわん」、英語では“bow-wow”(バウワウ)
犬が鳴く時は、動詞“bark”を使用して表現します。

豚(pigs)

687_3Mal%C3%A9[1]

豚は「ブーブー」、英語では“oink”(オインク)
Oinkというのはだいぶ日本語と違いますね。
“oink oink”と続けて表現します。

カラス(Raven)

o025901941412041202359[1]

カラスは「カーカー」、英語では“caw”(カー)
カラスは日本語と同じなんですねぇ。

子ども達が歌って覚える鳴き声

子どもたちが動物の鳴き声や名前を覚える時に歌うのは“Old MacDonald Had a Farm”
(マクドナルドじいさんの牧場)、日本では「ゆかいな牧場」として有名な民謡です。

 
こちらの記事も人気!

 

日本語と英語では、全く違う言葉で表現される動物の鳴き声。
言語が違うだけで鳴き声もこんなに違うことがお分かりいただけたでしょうか。
似ているものや、かけ離れているものがあって面白いですよね。

関連キーワード
リアル英会話の関連記事
  • 夏休みの旅行シーズンtrip、travel、journey英単語の違いと使い分けについて
  • 読書好き必見!好きな本をおすすめする時の英語フレーズ
  • 海外で困らない風邪・ケガの病状を伝える英語フレーズ23選
  • これって英語でなんて言うの?意外と知らない日常英会話フレーズ集
  • 会社に英語の電話がかかってきたら?ビジネス用電話対応フレーズ
  • 【トラベル英会話】チェックアウト後に荷物を預かってもらう英語集

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事