1. TOP
  2. リアル英会話
  3. ネイティブと会話する時覚えておきたい2、3単語英会話集【イギリス編】

ネイティブと会話する時覚えておきたい2、3単語英会話集【イギリス編】

 2016/06/03 リアル英会話
この記事は約 6 分で読めます。 2,089 Views

映画やドラマを見ていると時々“単語は知っているし聞き取れるのに意味が分からない”英語表現に出くわすことがあります。

だらだら長い大演説ならともかく、ほんの二言三言の簡単なセリフすら意味が分からないなんて・・・と落ち込みそうになりますが、ポジティブに考えてみれば、今ここで簡単に覚えられる短いフレーズをたくさん引き出しにストックしておけば、いざという時にきっと武器になるはず。

そんなわけで今日は、筆者が英国生活の中で何度も耳にするうちに習得した「明日使えるほぼ2、3単語英会話集」をお届けいたします。

208919_324419744311210_558207157_n

‘Come on!’ : しっかりしろ、頑張れ( ゚Д゚)

‘Come on!’にはよく意味の知られた「おいで」の他に「しっかりしろ!」や「頑張れ!」の意味があります。

拳を握りしめ地団駄を踏みつつハイテンションで「あぁああ、しっかりやれー!」と相手を鼓舞したい時は’Come on!’と叫んでおけばまぁ大丈夫でしょう。

‘I’ll give you a ring.’ : 電話しますね(/・ω・)/

同じ意味で私達にもなじみ深い’call’という単語を耳にする方が多い気はしますが、’ring’の方もまだまだ現役で使われている表現。ちなみに文脈によっては 「指輪を贈るよ」という意味にもなります。

‘Off we go.’:さぁ行こう(‘ω’)ノ

日本では同じ意味の‘Let’s go.’が圧倒的な市民権を得ていますが、イギリス人はどちらかと言うと’Off we go.’という方が若干多いというのが私の印象。

‘Let’s go.’も問題なく通じますが、こういう言い方もあるんだな、と覚えておくと良いかもしれませんね。

560980_324410620978789_322295942_n

‘It’s terrific!’:すごい!(*´▽`*)

ついつい‘It’s terrible!(ひどい!)’と混同しそうになりますが’terrific’の意味は「素晴らしい」「すごい」。これも日常会話でよく耳にする言葉です。

‘What’s that?’:え、何ですか?(*‘∀‘)?

相手の言っていることが良く聞こえなかった時に言うのがこちら。

教科書には’What’s that?’=「あれはなんですか?」としか載っていないことが多いですが、一日数回は耳にする頻出表現です。

‘I’ll give you a lift.’:車で送りますよ(=゚ω゚)ノ

イギリス(の特に農村部)に住むなら間違いなく毎日のように聞くであろう表現がこれ。

‘Lift’には「エレベーター」の意味もあるため文脈によっては「エレベーターをプレゼントしますよ」の意味にもなり得ますが、まぁ一般庶民の会話で上記の表現が出てきた場合は99%「車で送迎」の方でしょう。



7steak pie

‘I’m stuffed.’:満腹だ(*´Д`)

直訳すると「(お腹が)ぎっちり詰め込まれている」。人によっては若干男性的な表現だと言う人もいますが、そこそこよく聞く表現です。

日本人がイギリス料理を完食すると大体食後は腹がぽんぽんに膨れ上がりますので、そのタイミングを狙って使ってみてください。

‘Bye for now!’:それでは、また(‘◇’)ゞ

メールの結びによく使う表現。直訳すると「今のところはバイバイ」。また会ったりメールしたりする相手にはこの表現が使えます。

‘It’s wet.’:雨が降っています(´Д⊂ヽ

年中雨模様のイギリスですが’It’s rainy today.’(今日は雨降りね)と言うイギリス人は非常に稀。筆者の体験では’It’s wet.’という言い方が最も一般的です。

イギリスで年間360日くらいは使える超超超頻出表現ですね。

4Fish_and_chips

‘There you go.’:はい、どうぞ(*’▽’)_U~

文字通り直訳すると「そこにあなたは行く」ですが、これは「はい、どうぞ」という意味。したがってどこかに行く必要はありません。

ほぼ同じ意味の言葉に‘There you are.’ ‘Here you are.’等もありますが、筆者が一番イギリスでよく聴く(ような気がする)のはこの’There you go.’です。

‘It’s Baltic!’ : 寒っ!(゜-゜)

寒さに慣れているイギリス人はそもそもあまり寒がるということをしませんが、それでも寒い日に時々聞こえてくるのがこの’It’s Baltic!!’

‘Baltic’とは「バルト海の~」という意味の形容詞で、ここでは「バルト海のように寒い」という意味で使われているようです。

‘I’m hung over.’ : 二日酔いです\(゜ロ\)(/ロ゜)/

お酒大好きイギリス人(特に若者)が、散々フィーバーした翌朝に呟くキメ台詞がこれ。自分が呟く側に回らないよう、お酒はほどほどに。

6Scotch pie

‘Bless you!’:神の祝福を!/お大事に!(ノД`)・゜・。

なんとも日本語に訳しにくい表現なのですが、英語圏では誰かがくしゃみをすると’Bless you!’という習慣があります。(ちなみに、咳に対しては言わない人が多いようです)

これは相手が全くの赤の他人でも同じ。筆者の場合はスーパーやバスでくしゃみをして全く見ず知らずの人から’Bless you!’と言われたことが何度もあります。

言われた側は’Thank you!’と返すのもお忘れなく。

‘Fingers crossed!’:うまくいきますように!〆(=゚ω゚)〆

英語圏では神頼みをしたい時に人差し指と中指をクロスさせる習慣があります(日本人が手を顔の前でパンと叩いて拝むのと心境的には同じ)。そこから出来た表現が’Fingers crossed!’

何かがうまくいくよう祈る時に使う、日常生活で聞くことの多い表現です。

‘See you later!’:それでは、また(・ω・)ノ

イギリス人は普段別れ際に’Good-bye’とはほぼ言いません。代わりにほとんどの人が使っているのが’See you later!’。

‘See you later!’って「また後でね」じゃないの?私あなたと今日この後会う予定ありましたっけ?と一瞬不思議に思いますが、この’later’は今日以降の未来も含んでいるため、近い将来また会うであろう相手ならば、誰に対しても使うことができます。

 
こちらの記事もオススメ!
[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/15026/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/15062/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/14692/”]

 
letters-417683_1920

明日使える一言英会話、いかがでしたか?どれもこれも、一度覚えれば非常に汎用性の高いものばかり。

英会話なんてムリムリ!という方もいきなり長文に挑むのはなく、まずはこつこつ一言英会話から初めてみると楽しいかもしれませんね。それではまた次回!

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Mon

Mon

スコットランドの片田舎在住の”旅人”。現在はホテル勤務。
子供の頃読んだハリー・ポッターの影響で外国に強い関心を持ち始め、
数年間京都の観光業界で働きながら英語を学んだ後、2014年に渡英。
特にヨーロッパの歴史、食文化、音楽、言語に興味を持つ。
イギリス国内だけでなく、世界中を旅するのが趣味で、今までに訪問した国の数は20ヶ国以上。
ちなみに一番好きな国はポーランド。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ネイティブと会話する時覚えておきたい2、3単語英会話集【イギリス編】

  • にわか雨は英語で?イギリスでは50種類以上もある雨の英語表現

  • 卒業シーズン到来!ちょっと個性的な卒業メッセージ厳選22選

  • あなたはいくつ正解できる?意外と知らない英語のことわざクイズ13連発

関連記事

  • 英語メールで使いたい「担当者」と「関係者各位」の適切な表現は?

  • 【英語でビジネスレター】英文の書き方と基本のフォーマットを徹底解剖

  • 英語で「具合は大丈夫?」体調が悪そうな相手を気遣うフレーズ紹介

  • カリフォルニアで年間106回ディズニーに通って極めた【夢の世界を楽しむための英語フレーズ】

  • ちゃんと呼べる?意外と知らない英語“担当者”の単語とフレーズ

  • 間違って覚えてない?英語で〜を楽しみにしています=I’m looking forward to~の使い方