1. TOP
  2. リアル英会話
  3. にわか雨は英語で?イギリスでは50種類以上もある雨の英語表現

にわか雨は英語で?イギリスでは50種類以上もある雨の英語表現

 2016/05/09 リアル英会話
この記事は約 6 分で読めます。 4,373 Views

こんにちは。桜の季節もピークを迎え、世間では新しい年度に移り変わった慌ただしさがようやく落ち着きを見せて来ましたね。

さて、この季節は昔から「春に3日の晴れなし」と言われるように意外と雨が多かったりするものですが、皆さんは英語で雨を表す表現をご存じですか。

雨の多い日本では「土砂降り」「にわか雨」「夕立」と様々な表現がありますが、そのさらに上を行く元祖雨国イギリスでは「雨」を表す言葉がなんと50以上存在すると言われています。

今日はそのバリエーションを空模様ごとに皆さんにご紹介いたします。

小雨・霧雨

rose-921428_1920

The fine rain turned to mist in the early evening.
(霧雨は夕方には霧へと変わった。)

“fine”には「元気」「良い」以外に「粒子が細かい」という意味があります。
“fine rain”は「良い雨」ではなく「霧雨」。

I think I felt a drop of rain. (ぽつんと来た気がする。)

A light rain began to fall. (小雨が降り始めた。)

同じ意味で“slight rain”という言い方もあります。

It was drizzling. (霧雨が降っていた。)

It’s sprinkling.(雨がぱらぱらと降っている。)

スプリンクラー(sprinkler)と語源は同じ。
上からぱらぱらと雨が降って来るイメージです。

土砂降り・大雨

rain-84648_1920

It’s pouring with rain. (雨がざぁざぁ降っている。)

I was caught in a big downpour. (酷い土砂降りに遭った。)

“pour”は液体がざばざば流れている様子を表す動詞です

The rain was coming down in sheets. (雨がざばざばと降り注いでいた。)

“sheet”は「一面の~」という意味。
日本語では一面の雨とは言えませんが、“sheets of flames”(一面の火の海)ならイメージが分かるでしょうか。

The rain was coming down in torrents. (雨は滝の様な土砂降りだった。)

The game was cancelled owing to torrential rain.(豪雨の為試合は中止となった。)

“torrent”=急流、激流 “torrential”=激流のような

It rained in buckets. (バケツをひっくり返したような雨だった。)

It’s raining heavily. (土砂降りだ。)

It’s pouring cats and dogs.(雨がざぁざぁ降っている。)

“cats and dogs”は北欧神話に由来する言い回し。
今でも使われますが、人によっては少々古臭い言い方に感じるようです。

It’s chucking it down. (雨が激しく降っている。)

It’s throwing it down. (土砂降りだ。)

The rain is pelting down. (雨が叩きつけるように降っている。)

It’s lashing down.(同上)

“pelt” “lash”共に「強く打ちつける、叩きつける」という意味です。




雷雨・暴風雨・にわか雨

wet-350235_1920

We’re going to have a thunderstorm this afternoon.
(午後は雷雨になるだろう。)

We sheltered from the rainstorm in a little hut.
(小屋の中で暴風雨から雨宿りした。)

“shelter from…”= 雨宿りする

It’s raining sideways. (横殴りの雨が降っている。)

“sideways”=横向きに、斜めに

The cloudburst made me soaking wet. (突然の大雨のせいでずぶ濡れになった。)

We were caught in a shower. (にわか雨に降られた。)

Just as we got to the park, the heavens opened.
(公園に着いた途端、豪雨に見舞われた。)

“the heavens opened”を直訳すると「天国が開いた」。
これはノアの方舟と大洪水に由来するようで、少々文語的な表現です。

その他

london-1277542_1280

 

It’s wet outside. (外は雨だ。)

イギリス人は“It’s rainy.”という言い方をほとんどしません。
代わりに毎日のように使われるのが“wet”という表現。
強さに関わらず雨全般に対して使えます。

We drove through hail and snow. (雹と雪の中を運転した。)

The rain was turning to sleet. (雨はみぞれへと変わりつつあった。)

意外と知らない雹(hail)とみぞれ(sleet)はこの機会に覚えてしまいましょう。
ちなみに英語では雹と霰の区別はないようです。

Low clouds and patchy rain are forecast for tomorrow.
(明日の天気は低く垂れこめた雲、ところに寄り雨となるだろう。)

It looks like rain. (雨になりそうだ。)

The weather has been unstable for the past few days.
(ここ数日天気がぐずついている。)

I’m fed up with this long rain. (この長雨にはうんざりだ。)

The weather was miserable yesterday. (昨日の天気はなんとも陰鬱だった。)

どんよりぐっちょりとした天気を一言で表現したい時に使えるのが“miserable”
反対に晴れた穏やかな天気のことは“lovely weather”と言います。
「可愛い天気」ではないので注意。

 

 

こちらの記事もオススメ!
[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/9097/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/trend/18270/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/trend/14043/”]

 

road-1149954_1280

雨にまつわる30の言い回しをご紹介しましたが如何でしたか?

どれもこれも、天気に文句を言うのが大好きなイギリス人がよく口にする表現。イギリスの空の下でも、日本の空の下でも、雨雲を見上げる機会があればぜひ使ってみてくださいね

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Mon

Mon

スコットランドの片田舎在住の”旅人”。現在はホテル勤務。
子供の頃読んだハリー・ポッターの影響で外国に強い関心を持ち始め、
数年間京都の観光業界で働きながら英語を学んだ後、2014年に渡英。
特にヨーロッパの歴史、食文化、音楽、言語に興味を持つ。
イギリス国内だけでなく、世界中を旅するのが趣味で、今までに訪問した国の数は20ヶ国以上。
ちなみに一番好きな国はポーランド。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ネイティブと会話する時覚えておきたい2、3単語英会話集【イギリス編】

  • にわか雨は英語で?イギリスでは50種類以上もある雨の英語表現

  • 卒業シーズン到来!ちょっと個性的な卒業メッセージ厳選22選

  • あなたはいくつ正解できる?意外と知らない英語のことわざクイズ13連発

関連記事

  • 外国人からデートのお誘い!お返事するときの英語フレーズまとめ

  • 海外のスタバでカッコよくスマートにオーダーするための英語フレーズ

  • 日本の夏祭り・花火大会の説明・お誘いの英語フレーズまとめ

  • 【英検受験者必見】2016年6月から改定になる問題形式

  • どう説明する?外国人の友達と一緒にお祭り行った時の出店(でみせ)英語表現まとめ

  • 「ごぼう」って英語でなんて言う?野菜・果物の英語まとめ