• 英語学習法
    Youtubeで英語習得?意外と見落としがちなアメリカの音楽メディア5選
  • 英語学習法
    英語が嫌いになる前に必ず読んでおきたい【日本人が思い込みがちな英語学習の落とし穴】
  • トレンド・ニュース
    【高卒OLが独学でTOEICで800点取って英語がペラペラになった勉強法】出版までのあらすじ
  • 英語学習法
    英語が話せない、聞き取れない人にオススメする悩み別英語教材3つ
  • 英語学習法
    道端ジェシカの英語は独学だった!効率的に習得できる英語勉強法
  • 英文メール
    もう返信には困らない!コピペで使える英語メール定型文90選
  • トレンド・ニュース
    5分で読めるSTAR WARSの英語名言をわかりやすく解説
  • 英語学習法
    日本の祝日・祭日「みどりの日」を英語で説明するなら?
  • リアル英会話
    ハリーポッターの本で英語学習【アメリカ英語とイギリス英語の違い】
  • 英語学習法
    旅行でニューヨークに住む?! Airbnb で海外暮らし体験&英語モチベアップ!
For here or to go? For here or take away?アメリカのレストランで役立つ英語フレーズ
スポンサーリンク

以前、アメリカのレストランでの注文の仕方を簡単に説明した記事を書きましたが、レストランと言っても日本とアメリカではかなり違いがあります。
アメリカのレストランでは色んなことに柔軟に対応してくれる方が多いのです。注文の際にも好みを早く聞かれることが多いので、自分の好みくらいは言える様にしておくとよいですね。

今回は、海外のレストランで困らないようにしておくためのフレーズについて紹介したいと思います。

アメリカのレストラン

butler-964009_640

日本とアメリカの違いというと、アレルギー、宗教上の理由で食べられないものがある人が多いことからレストラン側が柔軟に対応してくれる事が多くあります。

注文の際に
「付け合わせは?」
「ドレッシングは?」
「飲み物のタイミングは?」
「チーズの種類は?」

などなど矢継ぎ早に聞かれるので、ココロの準備が必要ですね。何も知らずに行くと驚いて何も言葉が出てこない…困ったということに。自分の好みを言えるようになっておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

海外レストランで質問されること

料理について

people-146963_640

Is this for here or to go?
→こちらでお召し上がりですか?お持ち帰りですか?

For here.(ここで食べます。)
To go.(持ち帰りです。)※イギリス英語を話す国ではFor here or take away?と聞かれます。

アメリカは料理の量が多いので、食べきれない時はボックスに包んでもらうこともできます。テイクアウトすることに日本ほどマイナスな印象はありません。無理なく、遠慮なくテイクアウトを伝えてみて下さい。
「To go.」だけで伝わります。または、

Can I have a box to go?
お持ち帰り用の箱をください。と聞いてもいいです。

Do you want something to drink to start with?
→最初に飲み物からお持ちしますか?

席に着いて、何を食べようか悩む間があります。アメリカではメニューを悩む間も飲み物を注文ができます。
I’ll have a coke.
→コーラで
I’m fine with a water.
→水で大丈夫です。
着席してからオーダーします。先に出てきたお水で良い場合は、水で大丈夫とお断りも出来ます。日本の居酒屋の「とりあえずビール」といったイメージですかね^^

 

burger-441577_640

What kind of dressing do you want on your salad?
→サラダのドレッシングは何にしますか?

アメリカのサラダはドレッシングも選びます。種類で言うとranch, italian, frenchが日本人でも馴染みのある味ですね。balsamic, greek, blue cheeseあたりは好みが分かれますね。

What do you want on the side?
→サイドディッシュは何が良いですか?

サイドディッシュはステーキ、バーガー、サンドウィッチなどのサイドメニューも自分で選びます
fries(フライドポテト)、 mashed potatoes(マッシュポテト)、hashed potatoes(ハッシュドポテト)、baked potatoes(ベイクドポテト)…ポテトだけでも数種類。野菜があるとcones(スイートコーン)、spinach(ほうれん草)、grilled veggies(グリル野菜)などが一般的です。

Would you like some desserts?
→デザートはいかがですか?

自分の食べたいタイミングで追加注文…と思いますが、アメリカでは店員さんが積極的にオーダー、デザートまで聞いてきますね。
注意したいのは、アメリカは基本的に料理の量が多いので、ちょっと甘いモノが食べたいなぁ…というお腹の余力では食べ残してしまうでしょう。デザートも日本人のイメージするサイズの2倍くらいの大きさと思っていると良いかも。

こんな感じのことを店員さんによく聞かれます。では、逆に料理について質問したり、伝えたい時のフレーズもチェックして行きましょう。



料理についての質問・伝えたいフレーズ

restaurant-923371_640

How big is it?
What size is the ~?
→どのくらいの量ですか?

アメリカの一般的なレストランは、日本と比較して少々高いですが料理の量も多いです。何度も言ってますね…(笑)日本の感覚でオーダーをしてしまうと大変な量が出て来てしまいます。
量などの感覚に慣れるまでは聞いた方が良いですね。

Is it enough for 2 people?
→2人分には十分ですか?

こんなフレーズもけっこう使えます。

もしも予想以上にたくさん来てしまって、「うわぁ…食べきれないよ。」と案の定残ってしまっても…自分が残したものは持ち帰ることができます。

leftover
残り物

Can I have a box for these?
→これを詰める箱をもらえますか?(残り物)

「めちゃくちゃいっぱい来たよ…でも家で食べれば良いか!」という会話はよく行われているんです。これはアメリカのレストランに良くいかないと聞かないフレーズですし、始めて知った時は衝撃でした。
日常的に行われていることでも、ドラマや映画のシーンでは見られませんからね。
アメリカのレストラン、始めて行った時は色んな事をどんどん聞かれてアタフタしてしまった記憶があります。ドレッシングを聞かれて「えっと…どうしよう」チーズの種類も「何があるの??」と焦りました。
こういった聞かれること、聞きたいことのフレーズを知っておくだけでも気持ちの余裕は全く違うと思います。自分の好みなどは言えるように準備しておくと良いでしょう。

 
こちらの記事も人気!

スポンサーリンク
関連キーワード
リアル英会話の関連記事
  • "will"と"be going to"英語の授業では習わないニュアンスの使い分けについて
  • <トラベル英会話>飛行機内で使える覚えておきたいフレーズまとめ
  • 【海外セレブ】強く美しく生きてきた女性たちの英語名言15選
  • 【ビジネスマナーの基本英語】初対面での挨拶について
  • 海外旅行に行く前に覚えておこう!便利で使える英語表現・フレーズ25選
  • Why don’t you ~?の英語表現で誘うのは失礼にあたらない?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事