• リアル英会話
    5つの教科書英語が実際にイギリスで使われているか検証してみた
  • 英語学習法
    成果がでない?それ回数足らんだけちゃう?英語ができるヤツの「当たり前」のレベルを知ろう。
  • 英文メール
    英語で年末年始の会社休暇期間『New Year Holiday』案内メール例文
  • 英語学習法
    【大人版ニューホライズン】エレン先生が大人に送る英語学習書
  • TOEIC
    あなたは何型?TOEICスコア別・タイプ別勉強法と超絶おすすめ教材
  • トレンド・ニュース
    ミシェル・オバマ大統領夫人の英語スピーチ【女性に教育を】
  • 英語学習法
    道端ジェシカの英語は独学だった!効率的に習得できる英語勉強法
  • 英語学習法
    英語が流暢な人に見られる特徴とは?英語が得意になるための体質改善策5つ
  • リアル英会話
    ドキドキは英語でなんて言う?日本語に多いオノマトペを紹介
  • トレンド・ニュース
    世界で「最も影響力のある100人」女性起業家エリザベス・ホームズさんについて
“think”を使って考える”of”と”about”の意味、使い方の違いについて

今回は、前置詞についてを書いてみたいと思います。
前置詞の中でも”of”と”about”の意味や違いについてです。
”of”と”about”の付いている動詞の違い微妙なので、ネイティブではない人にとって、意味が混同しやすいと思います。

“think”という動詞で”of”と”about”

b05787087c20f.jpg_r_720x480x95_a078023e[1]

まずは“think”という動詞で”of”と”about”のネイティブの感覚を伝えたいと思います。
例文の違いを見て行きましょう。

I’m thinking of an enormous chocolate cake with dollops pf icecream on top.
私はアイスクリームが山積みになった巨大なチョコレートケーキを想像している。
I’m thinking about investing in the stock market.
株式市場に投資することを検討している。

”think of”
= 想像力を使って考える
“think about”
=じっくり考える・慎重に考慮する、包括的に熟慮する

”think of” と“think about”の使い方

noticia_100849[1]

”think of” より“think about”の方が、考え方としてはより時間がかかっている意味合い
があります。
“roll about”(転げ回る)や“jump about”(跳ね回る)というフレーズから、「あちこち」
「あれこれ」と言った感覚が”about”につながっています。
ネイティブは“think about”というような抽象的な”about”が付いている動詞を使う時には脳裏に具体的な”about”の使い方が浮かびます。

”think of” より“think about”というフレーズの大きな違いは「時間」
ネイティブは時制によってどちらの動詞を使うか選択します。

 

dont-think-about-it[1]

I’ve just thought of an idea.
今、アイディアを思いついたよ。
She was thinking about him for weeks on end.
彼女は何週間も続けて、彼のことを考えていた。

上の文章は、「急に思いついた」という事の意味なので、”think about”
下の文章は、「長時間に渡って彼のことを考えている」ということなので、
”think about”が適切。

どちらでも使える場合

2715221[1]

I’m thinking about you on this special day.
I’m thinking of you on this special day.
この特別な日には、あなたのことを思っています。

時間がそれほど関係ない場合には、”think of” と“think about”のどちらでも使えます。
友達の誕生日や記念日には使えますね。
1日を通してのことで、長い時間や短い時間と関係ないので両方使えるのです。



Think of / about +人

6631091857_3b9fccb120_b[1]

I was thinking of you.
私はあなたを思っていました。

あなたの内面、体を思っているニュアンス
普段使えるのは恋人ですね。
相手によってですが、「キモイ」と思われてしまうこともあるので気をつけましょう。
また、病気、ケガなど落ち込んでいる家族や友達にも使えます。

I was thinking about you.
私は、あなたの周辺を思っていました。

あなたの周りの環境を思っているというニュアンス。
“think of”では恩着せがましい感じなので、“think about”にすることもあります。
誰でも使えるフレーズです。

 

speech-bubble-faces[1]

“think of A”= A単体に直接的なニュアンス
“think about A” = A周辺…といったニュアンス

“think of”は、使い方によって間違えると「キモイ!」「セクハラ」となる場合もあります。
ここでの”think of” と“think about”の違いは、「距離感の違い」ですね。

異性について「どう思う?」

2011002-pl-001[1]

What do you think of her?
彼女のことどう思う?可愛くない?
(外見と内面をかねたよく使われるフレーズ)

What do you think about her?
彼女のことどう思う?
(少し距離間のある雰囲気。外見よりで少し距離をおいた話し方になります。)

Think of / about +物事

Gossip

I’m thinking of the problem.
私はその問題について考えています。
(その問題のみを考えているという感じ。聞かれたことしか答えないよ…という感じ)
I’m thinking about the problem.
私はその問題について考えています。
(その問題が他に影響をもたらす可能性を含めて考えている。)

 

こちらの記事もオススメ!

 

今回は、”think of” と“think about”というフレーズに絞って説明しました。
動詞を通して、”of”と”about”の使い方、意味などの感覚を理解して頂けたらと思います。

関連キーワード
リアル英会話の関連記事
  • 海外で困らない風邪・ケガの病状を伝える英語フレーズ23選
  • 夢を叶えてきた過去の偉人達。読めば力と希望が湧く英語名言10選
  • boring?bored?間違えやすい【形容詞+ingとed】使い分けについて
  • ドキドキは英語でなんて言う?日本語に多いオノマトペを紹介
  • 英語で名前を書くとき、First nameとLast nameってどっち!?
  • 上司と部下の関係を悪くせずにお願いできる英語フレーズ38選

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事