1. TOP
  2. 英語学習法
  3. いくらやっても英語が聞きとれない!リスニング力を極める対策法

いくらやっても英語が聞きとれない!リスニング力を極める対策法

 2015/06/03 英語学習法
この記事は約 5 分で読めます。 2,849 Views

皆さん、英語のリスニング力に自信はありますか?
リスニングができないと、ネイティブに話しかけられても困ってしまいますよね。
今回は、英語が聞き取れない原因を追究しながら、どうすれば英語が聞き取れるようになるのか考えてみましょう。

 

①発したことがない音は聞き取れない

o-DISCUSSION-CONFUSED-facebook1[1]

皆さん、英語を普段どれぐらい話していますか?
音読でもいいです。
英文をどれくらい声に出して読んだことがありますか?

英語が聞き取れないという人は、普段英語を話している量が少ないはずです。
なぜ、英語を話す量が少ないと聞き取れないのかと言えば、自分の口から発音したことがない英語は聞き取れないからです。

 

5492203329_382880b38b_b[1]

普段、英語を勉強する時に、英文を読むだけにしていませんか?
目で読んで、頭の中で発音を想像するだけでなく、実際に声に出して読んでみてください。
もしかしたら、自分で声に出した発音は、自分がイメージしていた発音より綺麗じゃないかも
しれませんね。

自分が目で読んでイメージした発音と、ネイティブの発音は違うと思います。
このギャップを埋められなければ、ネイティブ発音は聞こえるようになりません。
自分でもネイティブと同じように発音できるようになれば、英語は聞こえるようになります。

 

Beautiful red lips with white speech bubbles

英語は目で読む勉強法だけでは絶対にダメです。
目で読んだ英語は、しっかりネイティブがどのように発音しているか確認しましょう。
最近は、辞書でも発音してくれるものがあります。
英語の勉強をする時は、単語の意味を調べるだけでなく、しっかりと単語の発音方法、アクセントのつけ方も確認しましょう。

発音を確認したら、自分でも聞いたネイティブ発音に近づけられるまで声に出して読んでみて
ください。
そうすれば、次ネイティブがその単語を使って話していた時には聞き取れるはずです。

 



②ナチュラルな英語で勉強していない

musicaaliviaefectosdequimioterapia[1]

日本人向けの英語教材は、日本人に聞き取りやすいように綺麗な英語で話してくれている
と思います。
しかし、日本人向けの英語教材のような綺麗な英語で話してくれるネイティブスピーカーは残念ながら殆どいません。

海外に出ると、話すスピード、発音、アクセントも人によって様々です。
そういったナチュラルな英語を聞くことになれていなければ、綺麗な英語は聞き取れても、ナチュラルな英語は聞き取れなくなってしまいます。

 

4[1]

日本人向けの綺麗な英語のリスニング教材ばかりでなく、ネイティブが聞くようなナチュラルな英語を聞いてリスニングの練習をしてみてください。
洋画や海外ドラマも、とてもいいリスニング教材になります。

 

英語の好き嫌いをせずに、様々な英語を聞いてみることもとても大事です。
始めは、聞きなれない英語を聞くのにストレスを感じるかもしれません。
それはただ単に慣れていないだけです。
世界には聞き取りにくい話し方をする人も沢山いますが、
色んな英語を聞いて耳を鍛えましょう。

 

③聞く量が足りてない

DI_IMG_5697500-1024x682[1]

普段どれくらい英語を聞いていますか?
日本にいると、努力してリスニングする時間を作らなければ、なかなかリスニング量を上げられないと思います。
毎日、1時間未満しか英語をリスニングしていないのなら、英語が聞き取れないのは当然です。

毎日リスニングしているのならまだいいですが、週2、3回数時間しか英語を聞いていないのに、「英語が聞き取れない。」と悩んでいる方もいるかもしれません。

そのリスニング量では、聞き取れなくて当然です。

 

14_light-bulb-on-blackboard[1]

英語と日本語は発音の仕方やアクセントのつけ方が全く違います。
普段から大量に英語を聞いていないと、英語が聞き取れる英語耳は作れません。
英語が聞き取れるようになりたいなら、とにかく沢山英語を聞いて耳を慣らす必要があります。
しかし、この単純な「沢山英語を聞く。」ということができていない人は多いと思います。

 

rsz_ipad-605439_1280-760x400[1]

移動中にも英語を聞いたり、家では日本のテレビばかりでなく海外ドラマを観るようにしたり、邦楽ばかりでなく洋楽を聴くようにしたりして、工夫してみてください。

できれば、1日4時間ぐらい英語を聞く習慣が作れると、段々耳が英語に慣れてきて、聞き取れるようになってくると思います。

 

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/10398/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/trend/5800/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/11920/”]

 

まとめ

いかがでしたか?

英語を聞き取れるようになるには、リスニングだけでなく、スピーキングの練習をすることで耳が良くなります。日本人は、英語を話す練習がまだまだ足りていない人が多いので、英語を声に出して発音する練習をもっと増やしてみましょう。

そして、綺麗で聞き取りやすい英語ばかりでなく、洋画などのナチュラルな英語も沢山聞いてリスニングの練習をしましょう。
You Tubeなどで、TEDを観てみたりするのも良いと思います。

最後に重要なことは、英語を沢山聞いて耳を慣れさせることです。
英語耳は短時間のリスニングですぐに作れるものではありません。
毎日沢山聞くことでしか作ることができないのです。

もし、この3つのポイントで自分に足りていなかった部分があれば、今日からやってみてください。きっとリスニング力がアップするはずです。

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Summer

Summer

高卒。留学経験なし。
契約社員として働いている時に、転職のためにTOEICの勉強を始める。
しかし、なかなか点数が上がらなかったために挫折。
その後、TOEICを諦め、楽しく英語を学ぼうと決意し、独自の英語勉強法を編み出す。
その勉強法で独学を続けたところ、英語が話せるようになり、TOEIC890点、英検準一級を取得。
現在も独学で英語学習を継続中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 英語学習を諦めている人に送る本「英語は絶対にできる」

  • 英語ができるようになって、世界って変わりましたか?の答え

  • 【留学いらずの100万円節約術 】英語教材、断捨離のススメ

  • ミランダ・カーから英語で学ぶポジティブアファメーション23

関連記事

  • 知識ゼロ!からビジネスで使えるレベルの英語力が身につくまで

  • 英語学習~正しい発音を身に着けよう~【発音】おすすめ教材5選

  • 七田式英語教材『7+English』60日で話せるようになるワケとは?

  • 【VoiceTube】YouTube動画を使って無料で英語学習できるサービスと活用法を紹介

  • ローラ、ミラ・ジョボビッチと英語で挨拶「バイオハザード:ザ・ファイナル」ワールドプレミア1

  • リスレボってどうよ?購入者の声を正直にお伝えします!