1. TOP
  2. 英語学習法
  3. アルクのEnglish Journalを人気英語講師がレビュー

アルクのEnglish Journalを人気英語講師がレビュー

 2015/05/23 英語学習法
この記事は約 5 分で読めます。 12,235 Views

こんにちは。
Summerです。

今回は、私のオススメ教材「English Journal」のご紹介をしたいと思います。
私はEnglish Journalを使って勉強を始める前は、一対一の英会話には困らないけど、洋画を字幕なしでは観れないレベルでした。
しかし、English Journalで勉強を2年程続けると、リスニング力と語彙力が強化されて、ナチュラルで早い英語も聴き取れるようになりました。

English Journal

スクリーンショット 2015-07-22 15.24.36

English Journalは、毎回ハリウッドスターと有名人のインタビューが3つ、Newsが3つ(NY1、BBC、AFP通信)、アメリカ人女性作家の「心に届くいい話」、Quick Chat(外国人同士の気ままなおしゃべり)を通して英語が学べる教材です。
アメリカ英語だけでなく、イギリス、オーストラリア、フランス、インドなど、様々な国籍の英語を聞くことができます。

 

【対象レベル】

conversation-1024x922[1]

主な対象レベルは、中級レベルの英語を脱却したい方向けです。外国人同士の会話についていけなかったり、英語を字幕なしで観るのがまだ難しかったり、英語のNewsが聞き取れない方なんかにオススメです。

English Journalは、外国人同士のナチュラルな英語を聞くことができるので、日本人向けの綺麗な英語で話されている教材で勉強されてきた方には、少し難しく感じると思います。既に英語上級者で、字幕なしで映画が観れるレベルの方でも、内容が面白いし、語彙も増やしていけて、教養もつけることができる教材なので、オススメしたい教材です。

 

【ターゲット】

DMA-_ETO12241[1]

日常会話英語のレベルを上げていきたい方にオススメです。様々なジャンルの成功者のインタビューを聞くことで、語彙力や表現力を強化していくことができます。知識の幅も広げていくことができるので、普段の会話の幅も広げていくことができると思います。

 

【オススメポイント】

0015051-01

English Journalのオススメポイントは、とにかくバランスがいいことです。偏らずに、色んな国の英語を聞くことができるし、様々なジャンルで成功されている方のインタビュ―を聞くことができます。NewsもアメリカとイギリスのNewsを聞くことができます。

中級レベルの英語を脱却し、さらに高いレベルの英語力をつけていくには、国やジャンルを偏らせずに、様々な英語に触れていく必要があります。

 

【English Journalの効果的な使い方】

<中級者向け勉強法>

large_6940957559[1]

English Journalは毎月発行されています。まず、買ったらCDをMP3プレーヤーなどにインストールして、通勤中や移動中にも聞く
ようにしましょう。とにかく、1ヵ月間沢山聞くようにしてみてください。

机に向かって勉強する時間がある時には、English Journalを使って、ディクテーションしてみましょう。ディクテーションとは、CDから聞こえる音声を書き取る作業のことです。

 

hand-325321_1920[1]
始めは難しいと思いますが、続けていると少しずつ耳が鍛えられてきて書き取れるようになってきます。ディクテーションをすると、集中して聞くことができるので、すごく耳が鍛えられます。

そして、どこが聞き取れて、どこが聞き取れていないのかが明確に分かります。ディクテーションをしたら、しっかり本と照らし合わせて答え合わせをしましょう。その後、本を読みながら、知らない単語があれば辞書で調べましょう。内容もしっかり読んで理解しておきましょう。

 

large_9310985480[1]

ディクテーションをして、単語調べをして、内容をしっかり読んだら、音読をしてみてください。Track1つに10回ずつ音読しましょう。音読する時は、棒読みせずに、なりきりながら音読することが大切です。

音読に慣れてきたら、CDの音に合わせながら音読するオーバーラッピングもしてみてください。オーバーラッピングをすると、話すリズムやアクセントを身に付けることができます。よりネイティブらしい話し方に近づけていくことができるようになってくるので、オススメの音読法です。

①沢山聞く
②ディクテーション
③内容を読んで、単語調べ
④音読、オーバーラッピング

 

<上級者向け勉強法>

0013041-01

1~2年程、English Journalでのディクテーションを続けていれば、大分耳が鍛えられてきて、語彙力もついてくると思います。そこまでくれば、ディクテーションは省いても大丈夫です。

語彙力強化と幅広い知識を身に付けるために、私は今もEnglish Journalを聞いています。英語上級者になっても、音読は続けた方がスピーキング力をキープすることができるので、私は今は主に音読教材としてEnglish Journalを使っています。

①沢山聞く
②内容を読んで、単語調べ
③音読、オーバーラッピング

 

七田式【7+English】英語が聞き取れない初心者がペラペラになれる英語教材

【リスニングパワー】英語が聞こえない&発音が通じない!と悩んでいる人に最適な英語教材

 

いかがでしたでしょうか?中級レベルの英語を脱却して、より高いレベルの英語力を身に付けるには、なるべく英語の好き嫌いをしないことが大切です。アメリカ英語で勉強していると、イギリス、フランス、インド人が話す英語が聞き取りづらくて敬遠してしまうこともあると思います。

英語を話す人は沢山いるので、話し方、スピードなども本当に様々です。始めは、様々な英語を聞くことにストレスを感じるかもしれません。それは、ただ単に慣れていないだけです。慣れれば、少しずつ聞き取ることができるようになってきます。

英語を通して、様々な人の話を聞くことで知識を増やすことができます。素晴らしい考えに触れることもできます。是非、English Journal聞いてみてくださいね。

English Journalをはじめとする”アルク”の英語教材の詳細についてはこちらから

 

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Summer

Summer

高卒。留学経験なし。
契約社員として働いている時に、転職のためにTOEICの勉強を始める。
しかし、なかなか点数が上がらなかったために挫折。
その後、TOEICを諦め、楽しく英語を学ぼうと決意し、独自の英語勉強法を編み出す。
その勉強法で独学を続けたところ、英語が話せるようになり、TOEIC890点、英検準一級を取得。
現在も独学で英語学習を継続中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 英語学習を諦めている人に送る本「英語は絶対にできる」

  • 英語ができるようになって、世界って変わりましたか?の答え

  • 【留学いらずの100万円節約術 】英語教材、断捨離のススメ

  • ミランダ・カーから英語で学ぶポジティブアファメーション23

関連記事

  • ニュース・旅行・文化・エンタメが英語で学べるお勧めサイト7

  • 結局どのアプリがいいの?iphoneで使える英語辞書厳選11

  • 海外では有名な英語学習サイト!単語学習には『Vocabulary.com』がおススメ

  • 続かない人が知るべき、学習継続のための「ちょうどいい」

  • ネイティブイングリッシュと他の英会話教材の比較

  • お金をかけずに英語を学びたい人必見!節約英会話トレーニング