大人のやり直し英語

「大人のやり直し英語」という言葉を聞いて久しくなります。

以前に増して、英会話を学ぼうという方も増えていて
「やり直し英語」が盛んにおこなわれているため

手に入る教材の種類も増えていますね。

そのほとんどは、30代に近づいてからの方が圧倒的に多く感じられますが、
ほかにも、40代、50代、60代、そして70代までの方も挑戦しておられます。

20代の方は学校で学ぶ英語の延長で、これからの就職に役立てたいというのに比べ、
30代に近づくにつれ、仕事に直接必要になってやり直したい場合が多く
最後に英語を勉強したのは大学時代もしくは高校時代という方々が多いです。

20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ

510EggBReqL._SL210_

20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ

という本を、以前生徒さんに紹介されて読みました。

英語を学び直して実際に実践で使えるようにするため
著者が最短学習方法について説いています。

私が特に使えるな!とか共感した役立つ部分を
感想と共にご紹介してみたいと思います。

 

最短とはいえ設定レベルが高すぎると感じるひとへ

本をみると、「最新最短英語学習法」とあります。

レビューの中には、

AL005_konnnahazujyanakatta20140830500-thumb-1200x800-5317

 

「実践するには無理がある」
「その英語環境をつくるまでに時間がかかる」

いう意見もありました。

確かに実際に英語を学んでいる生徒さん達のことを考えると
目標や生活スタイルからして到底むりだろうと推測できる場合もあるのですが、

まず、本気で英語を身に着けるつもりがあって
どんな犠牲もいとわないひとは、とにかくやってみたら成果がでるでしょう

現実的には、多くの人がその方法がとれないため、
いつも英語ができるようになりたいと言いながらも
本当に必要な時間数さえ費やすことが出来ていないのが現状です。

そのような中、あなたは何ができるでしょうか?




英語の学習指南書の使い方

本当にたくさんの英語学習関連の本があふれています。

 

d607ef421a8f4b9741a549d9f00073e3_s

 

インターネットでも色々な情報がありますね。

私が書いた記事
1000時間勉強すれば1年で英語は話せるようになる?確実な学習法!
や、今回話題にしている本の中でも1500時間という時間数に触れられています。

確かに意味のあることで、できるならそうしていただきたい。

それでも圧倒される方も多いでしょう。

これから1000時間やるぞ!といってやるのと、
勉強したり英語で楽しんでいたら、知らない間に1000時間超えていた、
という場合では全然感覚が違うからです。

話は長くなりましたが、まず大切なのは、それぞれの学習法から
なんでもいいので自分に当てはめてやってみることです。

今回の本を一例に、何ができるか考えてみましょう!

最新最短学習法に学ぶ

20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ
の本は一読する価値があると思います。

その中でもお勧めできる学習法をあげてみます。

1.発音はフォニックスで

2・英英辞典を使う

3・瞬間英作文をやる

4.オーディオブック利用する

5.映画ドラマ小説で英語を学ぶ

実は上記の5つは、私の生徒さんたちのほどんどが
全部やっています。

特にきちんとやっている方の英語の成長はやはり早いです。

そんな実際体験をたくさん見ているので
これらの5つの方法は効果的だと信じているわけです。

 

1.発音はフォニックスで

私の英語コーチ人生のはじめから、フォニックスをもちいていて、
生徒さんにもよりますが、レッスンでもフォニックスを導入しています。

ほとんどの方が存在すら知らないといっても過言ではないくらい、
認知度は低いです。

しかし、英語の音をそのまま学ぶにはこれに勝るものはないのでは?

特に子音の音は目からうろこ!という意見をよく聞きます。

アメリカの子供は、まずアルファベットを学んだあと、
すぐにフォニックスを学び始めます。

私事ですが、息子はいま4歳でフォニックスをほぼ全部わかるようになりましたが、
これがどのように進んでいくのかを見ていくのが楽しみです。

2・英英辞典を使う

ダウンロード (2)

 

子供用の英英辞書を買ったのが私の初めての英英辞書体験です。

簡単な英単語一つとっても、説明を英語で読むと勉強になります。

 

たとえば、りんご・Appleを例に考えましょう。

a hard round fruit that has red, light green, or yellow skin and is white inside

とロングマンの辞書にはあります。


英語でわからない単語を説明する力もつきますし、
英文を読む力も養えます。

英語を英語で学ぶ基礎作りができるので早いうちに始めましょう。

 

3・瞬間英作文をやる

英語を発するのにとても効果的なトレーニング方法です。

特に、正しい文法で英語を話す際に良い基礎作りができると評判です。

こちらも、早い人で3か月から半年、
長くても1年で効果を感じられます。

英語を英語で学ぶことを基本的には推奨していますが、
学習者によるのですが必要かつ効果的です。

4.オーディオブック利用する

オーディオブックはあまり日本ではポピュラーではありませんし、
探すのが面倒だったりする場合は
よく書店で売っているストーリー性のあるCDでも良いと思います。

 

51jZYkd-q0L._SL210_

 

51Ogeq03B7L._SL210_

 

5.映画ドラマ小説で英語を学ぶ

最後に、こちらもよく進められている方法ですが、
海外ドラマや映画をみたり、小説を読むという方法です。

勉強になるだけではなく、楽しみながら英語を道具として使えるので良いですね。

こちらの記事もオススメ!

 

結び

 

いかがでしょうか?

この記事を読んでくださったということは、
実際に効果のある勉強法をお探しでしょう。

さらに詳しいトレーニング方法についてなども
引き続き書いていきたいと思います:)

それでは次の記事で!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加