• トレンド・ニュース
    伝説の名曲ベン・E・キング【スタンド・バイ・ミー】で英語学習
  • リアル英会話
    外資系企業への転職者必見!英語面接でよく聞かれる質問—前編—
  • リアル英会話
    漫画で英語学習!David, Justin and sometimes Ken -第4話-
  • TOEIC
    一ヶ月実践!TOEICへのオリジナル勉強法のススメ
  • リアル英会話
    これって英語でなんて言うの?意外と知らない日常英会話フレーズ集
  • 英語学習法
    留学せずに英語をマスター!日本でできる英語学習法5選
  • 英語学習法
    Youtubeで英語習得?意外と見落としがちなアメリカの音楽メディア5選
  • 英語学習法
    通勤&通学中の英語学習におすすめなレベル別Podcast50選
  • 英語学習法
    英語発音のポイントは発声にあり!上達のための地声発声法ポイント4選
  • リアル英会話
    Valentine’s Day♡特別な人へ英語で伝えるバレンタインのメッセージ20選
「英語を活かす仕事がしたい!!」決して甘くない4つの現実問題

英語の勉強をしてきて、「英語が得意」「英語が好き」ということで”英語を活かした仕事をしよう!“と考えている方はいらっしゃいますよね。
良いことと考えられていますし、好きなことを仕事に活かせるということは素敵な事だと思います。
ただ、安易に”英語を活かせる仕事”に就こうと考えている人には現実的なお話も必要かと…。
英語と仕事に対しての現実問題を知っておきましょう。

英語はツール

shutterstock_178724234[1]

良く言われることですが、「英語はツール」なのです。
英語が大事ではないと言うことではなく、仕事となると本質的なものは英語以外のところにあるのです。
当然、英語も大切です。
仕事の本質とは、コミュニケーション力、製品知識、段取りの良さ、知識の伝え方、信頼などが大切なのではないでしょうか。

 

Teacher Pointing at Map of World

英語の先生を例にあげてみます。
英語教師、英語の塾講師に求められていることは、「人に英語を教えて、その人の英語力を
向上させること」
ですよね。
教える人の英語スキルが大きく影響しますが、「教えること」が本質なのです。
コミュニケーション能力も大事ですし、分かりやすく教える、興味を湧かせるように教える、
楽しく教えるなどの能力も重要ですよね。

 

shutterstock_2214544451[1]

英語がペラペラに話せても、物事が上手くいかずに取引先にもまともに取り合って貰えなかったりして、会社での評価も下がる…という結果になった人も実際にいらっしゃいます。
「英語は得意だし好きだから、英語の活かせる仕事なら成功できる。」という考えでは厳しい現実になってしまうことでしょう。

「英語が好き・自信がある」だけでは続かない現実

quit-reason[1]

英語を使う仕事に就いたけど、会社や組織の事業自体に興味がないという人はたくさんいると思います。英語を使えるのは楽しいけれど、会社の事業内容、製品やサービスに興味がない…。
いきがいでもある英語を使える仕事に就いた最初の1,2年はモチベーションも高いので続くと思いますが、3年目以降になると最初の頃のモチベーションとは明らかに違ってくるでしょう。

 

IMG_1438[1]

3年以上経つと、英語を使う環境や使うことに慣れてしまいます。
英語を使えて楽しくて毎日が充実していたのに、興味のない製品、機械、サービスなどの話をすることに”モチベーション”が下がってきます。
この間に、会社の事業に興味が湧いて「仕事」に対してモチベーションが上がれば良いのですが…。「英語が好きで生きがい」ということは素晴らしいのですが、問題は「仕事」なんです。



グローバルな仕事のイメージ

istock-000010827673medium-79ce.jpg-cropper-1800x1200[1]

グローバルな仕事、国際的な仕事の担当と聞くとどんなイメージを持たれますか?
英語での外国企業と事務的メールを送ったり、やり取りを行うだけでも“国際的な仕事”になり、
中国、モンゴルなどアジアの国の人とやり取りをすることも“国際的な仕事”なのです。

 

earthhands[1]

“国際的な仕事”は世界中のどの国でもという事が当たり前のことなのですが、アメリカ英語を学ぶせいか“国際的な仕事”にアジア系、アフリカ系などの外国を含めていない人もいるのです。
“国際的な仕事”は幅が広いんです。

実際は少ないネイティブ

letter-writing-for-cash[1]

アメリカ英語、イギリス英語を勉強しても、100%活かせないこと、通じないことがあるのです。
世界で英語を話す人口は約20億人いると言われています。
ギリス、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどが『英語を母語とする人』で、20億人中、たったの約4億人なのです。
世界に出ると、アメリカ英語を話す人は全体のごくわずかなのです。

 

o-DISCUSSION-CONFUSED-facebook[1]

アメリカ、イギリスの地方によっても訛りがあります。
アジア英語の日本英語、中国英語、フィリピン英語など
たくさんの種類の英語が存在するのです。
発音も違い、文法もめちゃくちゃなんてことも…。
通じないこと、聞き取れないことがあるのです。

英語を活かして仕事を…と考えているのならば、英語の訛り、どんな英語を話すのかなど知ることで幅が広がると思います。

 

 

こちらの記事もオススメ!

 

いかがでしたか?
好きなことを仕事に活かそうと考えることは良いことだと思います。
もちろん国際的な仕事をして、成功されている人もたくさんいらっしゃいます。
ですが、現実問題はそう甘くはありません。
本質は「仕事」にあり、国際的な仕事は幅広く、色んな英語が存在すること。
ちょっと安直に考えていたかも…という人は“仕事”に対して仕事の内容についても考えてみましょう。

関連キーワード
  • 【VoiceTube】YouTube動画を使って無料で英語学習できるサービスと活用法を紹介
  • 「お父さん、いつもありがとう」父の日に英語送るメッセージ25選
  • TOEIC990点のマッキンゼー出身お笑い芸人石井てる美さんに学ぶ英語学習法
  • お金をかけずに英語を学びたい人必見!節約英会話トレーニング
  • 一年前から準備しておくべき大学受験におすすめな英文法書厳選5
  • 英語が聞き取れない・話せない初級者向けネイティブイングリッシュ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事