• 英文メール
    英語で贈るクリスマス&年末年始のメッセージ集
  • 英語学習法
    Youtubeで英語習得?意外と見落としがちなアメリカの音楽メディア5選
  • トレンド・ニュース
    アメリカ人が北朝鮮に英語を教えに行ってみた Vol.2
  • トレンド・ニュース
    石原さとみ主演の月9ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん」第4話で英語のお勉強♪
  • 英語学習法
    【外資系志望者必読!】英語力を生かした転職活動の具体的なステップと全貌
  • トレンド・ニュース
    1Dゼイン・マリクが語る脱退の理由と真相【英語全文翻訳】
  • TOEIC
    半年でTOEICテスト800点を取るための5つの習慣
  • トレンド・ニュース
    【Youtubeカバー曲まとめ】2015年上半期のオススメ5曲で英語学習!
  • トレンド・ニュース
    小池百合子知事の英語「クールビズ」の発音が良すぎて通訳泣かせな件
  • トレンド・ニュース
    楽しい王道英語学習!海外ドラマ、どれを見る?
これから英語の多読をスタートする人におすすめ洋書選びポイント6選
スポンサーリンク

さあ、いよいよ多読ライフのスタートです!
くれぐれも本選びで失敗することのないように。
最初の躓きはよろしくありません。
この記事にたどり着いたあなたは
きっと「英語がしゃべれるようになりたい」、と
強く思っていらっしゃる方だと思います。
少しでもお役に立てる情報をお届けできればと思います。

突然ですが、ここで洋書を料理にたとえてみましょう。

「ネイティブが使う英語」で書かれているネイティブも読む洋書が、
私の大好きな「パスタ」だとしましょう。
同じパスタといってもナポリタン、カルボナーラ、ペペロンチーノ、
ミートソースなどなど、いろいろな種類がありますね。
使われる材料も様々で、さらにスパイスや隠し味、いろんな手間ひまかけて、
とってもおいしいパスタが出来上がるわけです。
そして完成パスタが「洋書」です。
いろんなジャンルがあって、ストーリーも登場人物も数えきれないほど。
ひとつとして同じものはありませんね。

これが英語学習者用のレベル分けされた多読本になると、
レベルが下がれば下がるほど、
次々といろんな具材やスパイスが一つ、また一つと抜かれていきます。
初心者用のものなど、それこそ麺とお湯だけで調理された、
茹でただけのパスタのよう…。

大人にとって、何の味もしない離乳食を食べてもちっともおいしくないように、
母国語環境で大人の人にはそういうものはつまらないのです。
つまらないものは続きません。
しかもいわゆる本物の完成パスタからはかなりかけ離れている場合が多い。

そうです、あなたが大学生以上なら、
もう通常のネイティブの人も読書する洋書を読みましょう。

実際に本を選ぶ際には、洋書コーナーが充実している
都会の大きい本屋さんに行きましょう。
よく分からないうちは、とりあえず次々と手にとって
パラパラと捲ってみてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一口に洋書といっても、書体も違えばフォントもサイズも様々、
いろいろ違いがあることに気付くと思います。
ド派手な表紙や逆に陰鬱な感じの表紙もあったり、
軽いノリのものや、本当に様々です。
そんな小さなこともこの際、楽しんでみましょう。

そしてある程度、いろいろ読み慣れるまでは、
ネット注文はやめた方がいいでしょう。
個々の商品を吟味するにはネットは素晴らしいかもしれませんが、
当てもなく、全体をただ見渡したいときには逆に不便です。
実際に本を手に取って、表紙、裏表紙、最初の数ページ、中間あたりの数ページ、
しっかりと自分の目で観察し肌でも感じてみましょう。
そして自分で判断しましょう。

裏表紙にあらすじがざっと書かれているものも多いですね。
それらも参考にしてみてください。

さあ、いよいよ本屋さんに到着です。
本選びのポイントを6つお知らせします。

フォントサイズは大き目

20131217_7d8aa1

要は字が大きいものを選びましょう、ということです。
私の家にあるペーパーバックをいろいろ見てみましたが、
1ページ28~32行前後くらいが初心者には無難かなと思います。
確実に、着実に、読み進んでいる実感を得るためです。
10分読んでも1ページも進まないと、さすがに気分が沈みます。
どんどんとページを捲る感動を味わいましょう。



スポンサーリンク

分厚い洋書はあとにとっておく

4_4

ついつい張り切っていかにも「洋書」というような
分厚いサイズを選びがちですが、
それはもう少ししてからにしましょう。
薄めのものからスタートして成功体験を積みましょう。

多読はマラソンのようなものです。
最初にスタートダッシュしすぎると息切れして、
途中棄権することになりかねません。

1冊ずつ確実に完走(読破)して、経験を自信に繋げていきましょう。

テンポがよく、ストーリー展開の速いもの

Sidney-Sheldon-Books

テンポの良さやストーリー展開の速さ、
これはちょっと立ち読みしてみただけではわからないかもしれません。
私は個人的にはミステリーならSidney Sheldonを、
ラブストーリー系ならDanielle Steelをお勧めしています。

本の好みはそれぞれなので、一概にはいえませんが、
続きが気になって気になって…というスタイルが望みなら、
ミステリーがいいと思います。

でもDanielle Steelの昼メロのような急展開でドロドロな男女関係…みたいなものも
それはそれで面白いとも言えます。
さらに日常会話がたくさん学べます。

平易な英語を使う作家

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏表紙のあらすじ、冒頭部分の数ページに目を通してみて、
全くチンプンカンプンだったら、その本はあなたには難しすぎます。
でも実際の洋書は、みなさんが思うほど難しくないことも忘れないでください。
思い込みは捨てて、一文ずつに焦点を合わせてみましょう。
大抵の場合、そんなに難しいことは言っていません。
分からない単語は無視します。

ただ作家によって文体や単語の選択に癖があるので、
それは見極めないと挫折します。

そういう意味でも平易な英語、簡単な単語でストーリーを描く
Sidney SheldonとDanielle Steelを初心者の方にはお勧めしています。

本物の洋書を選ぶ

book-piles2

最近の本屋さんでは洋書コーナーと
多読読本コーナーが一緒の場合も多いようです。
でもここは前述の通りです。

あなたが大学生以上なら、多読用のレベル分けされた
英語学習者用の本はお勧めしません。
本物の「生きた英語」ではないからです。
大の大人が離乳食を食べてもちっとも美味しくありません。
ネイティブの人も「普通に読書する本」を選びましょう。
そして初めから「生きた英語」をたくさん吸収しましょう。

ネイティブの人がレベル分けされた多読本を読むと思いますか?
読まないですよね。

ベストセラーから選ぶ

book-best5-october-2013

特に有名なのが“The New York Times Bestseller”です。
そこに一度でもランクインした作品や作家は、
よく見ると背表紙、表紙、裏表紙、ありとあらゆるところに
そのことが印刷されて書かれています。
本を売る側にとって、非常に良い宣伝になるからです。
和書だと「直木賞受賞作品」とか「本屋大賞受賞作家」とか、
そのような感じでPOPなどを使って宣伝されていますね。
それと同じです。

つまりその本や作家はネイティブの人が読んで面白いと思った本、
作家だということです。
きっとあなたが読んでも面白い確率は高いはずです。

 

こちらの記事もオススメ!

 

さあ、いかがでしたか?
本屋さんに行く準備はいいですか?

いろいろ手に取ってみて大いに迷ってください。
多読ライフのスタートを飾る栄えある1冊です。
迷って、迷いすぎることはありません。
この初めの1冊を皮切りに、次から次へとあなたが好きな作家を発掘してみましょう!

 

スポンサーリンク
関連キーワード
英語学習法の関連記事
  • 英語を無料で楽しめる!子ども向けyoutubeチャンネル厳選4
  • 東大、京大生の英語論文指導してきた講師が教える新TOEIC対策
  • 【英文法基礎講座】「第4文型SVOO」ついて簡単に説明!
  • これさえ覚えればOK!基礎英文法を超簡単解説シリーズ
  • 【英文法基礎講座】過去完了形について簡単に説明!
  • 英語が嫌いになる前に必ず読んでおきたい【日本人が思い込みがちな英語学習の落とし穴】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事