1. TOP
  2. 英語学習法
  3. こんまりの「片づけの魔法」に教えてもらった英語学習に大事な心構え

こんまりの「片づけの魔法」に教えてもらった英語学習に大事な心構え

 2015/03/17 英語学習法
この記事は約 6 分で読めます。 762 Views

結構前の話になりますが、
「こんまり」こと近藤麻理恵さんの、
人生がときめく片づけの魔法
それから、『人生がときめく片づけの魔法2』を読みました。

 

わたしは、「片づけ」とか「掃除」とか、
とにかく「キレイにする」という作業が大好きです。
なので、この本を読もうとおもった理由は、
「片づけられなくて困ってるから」ではありませんでした。

 

4763131206  4763132415

 

きっかけは、テレビ番組の企画で、
こんまりさんが芸能人のお宅の片づけ指南をする様子を観たことです。

彼女の考え方には、共感する部分があり、
もっと詳しく知って、確認したいとおもい、本を手に取りました。

この本を読み進めていくと、
片づけというカテゴリーを超えて、
英語学習ともつながるポイントがあったので、
シェアしたいとおもいます。

 

英語をやりたくない人に、英語をおしつけてはいけない

わたしにとって一番印象的だった一文、それは、

片づけをやりたくない人に、
片づけを押しつけいはいけない」でした。

 

だれよりも片づけのすばらしさを実感している著者。
「ぜひみなさん片づけがんばりましょう!」
「片づけがイヤなひとも、やってみるべき!」
と啓蒙しているのだろう、とおもっていたので、
若干、裏切られた感がありました。

 

しかし、そのあとに続く文章は、
十二分に納得のいくものになっていました。
そして、その内容こそ、英語学習でも大事なポイントだと確信しました。

 

片づけは、片づけをやりたい人が「主体的に」やるもの。
いまの環境に満足していて、快適に暮らせているのなら、
わざわざ片づけをする必要はないのです。

ましてや、他人に「片づけしなきゃだめ」と言われる筋合いはありません。
(家族など同居している人たちとの共有スペースは別の話ですが。)

 

英語も、英語をやりたい人が「主体的に」やるもの。
周りから強制されてやるものではないはずです。

極端な話、やりたかったらやればいいし、
やりたくなければやらなくてもいいんです。

 

ただ、「英語で日々の生活が豊かになったなー」
とおもっている身としては、
同じようにおもう人が増えるとうれしいなーとおもいます。

ただ、
「わたしがそうだから、あなたもやるべき」とは言えません。

わたしの場合、たまたま英語だっただけで、
あなたの場合、ほかの何かがあなたの人生を豊かにするのかもしれません。

 



片づけと英語学習の共通点

いかに習慣づけるか。
いかに自然体にやるか。

片づけができるポイントは
ここかな、とおもいました。

 

上にも書いた通り、わたしは片づけが好きです。
というか、「クリーンな状態を保つこと」が大好きです。

義務的にやっているのではなく、
片付いていると気持ちがいいのでやっているのです。

 

頭の中に理想の生活が描かれていて
それをなぞっている感じです。

 

英語学習でもこれができるようになると、
英語といいお付き合いができるようになります。
しかも長く継続的に

 

どう取り入れていくかについては、
過去の記事に書いていますので、
そちらの記事を参考にしていただければとおもいます。

まずはこの2つから! 英語との「接触時間を増やすコツ」
続かない人が知るべき、学習継続のための「ちょうどいい」

 

「ときめき」はモチベーション効果大

本のタイトルにも「ときめく」ということばが入っていますが、
わたしが語学学習も含め、すべての「やる気」に欠かせない要素は、
まさにこの「ときめき」だと思っています。

「ときめく」という感覚がわかりにくければ、
「わくわくする」という感覚と置き換えてもいいかもしれません。

 

そのことを考えるとわくわくする
想像するだけでにやけてしまう
無条件に好きだとおもう

 

こういった感覚は、とても大切です。
エネルギー発生が自然現象だから。
余計な力が要らないのです。

 

そしてこの感覚が最大限に発揮されるのが
悩んだり、落ち込んだりしているときです。

こんなときは、自分が好きなこと、やっててたのしいことだけやります。
そうすると、純粋にそれをたのしむ自分に気付き、
それが大きな支えとなって、「大丈夫だよ」と教えてくれます。

 

わたしも大学生だったころ、
周りの学生たちと比べて英語がぜんぜんできなくて、
あるときすっかり自信を失くしてしまい、
ベッドからでられなくなってしまうほどにまで落ち込みました。

そんなときなんとなく、ネットサーフィンをしていて、
目に留まったのが、Apple のホームページに載っていたプレゼンでした。
確か、初代 iPhone を発表した回だったとおもいます。

 

わかる。説明している内容がすごくよくわかる。」

 

ジョブズのプレゼンがすばらしいもはもちろんのこと、
通信機器関係の話が中学生のときから大好きなのも手伝って、
そのプレゼンを心からたのしむことができました。

「なんだ。わたし英語こんなに聞けるんじゃん。」と、
自信を取り戻した瞬間でした。

 

ということで、
「そのことを考えるとわくわくする」
「想像するだけでにやけてしまう」
「無条件に好きだとおもう」

そんな素材を英語に触れる時間に取り入れることを、
心の底からおすすめします。

 

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/11534/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/trend/8200/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/6781/”]

まとめ

summary

✔️ 英語をやるも、やらないも、本人が決めること!
✔️ 習慣付けて、自然体で触れるようにする!
✔️ ときめき素材を使ってわくわくを忘れない!


 

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kanami

kanami

えいごのおねいさん(๑・㉨・๑)
神奈川県公立小学校での英語活動指導で先生デビュー。
英会話学校勤務を経て、現在は大学や企業で英会話講座、TOEIC講座を担当。
TOEIC Listening & Reading Test 990満点講師。
獨協大学外国語学部英語学科卒業。教員免許(中高英語)保有。
カリフォルニア留学で TEFL(外国語としての英語教授法)資格取得。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 来年の英語学習につなげるために「いま」やってほしい2つのこと

  • 石原さとみ主演の月9ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん」第10話で英語のお勉強♪

  • 石原さとみ主演の月9ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん」第9話で英語のお勉強♪

  • 石原さとみ主演の月9ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん」第8話で英語のお勉強♪

関連記事

  • お金をかけずに英語を学びたい人必見!節約英会話トレーニング

  • 多読で英語力アップ!情報収集とリーディングができる無料の英語新聞サイト6選

  • ネイティブイングリッシュをオンライン英会話の前にすると効果あり?

  • 【英文法基礎講座】未来形について簡単に説明!

  • 世界中の英語が聞ける『Listen Up』リスニングアプリで世界中の訛りを聞こう

  • headingの使い方をジダンから学習 I’m headedの意味とは?