1. TOP
  2. 英語学習法
  3. Youtubeで英語習得?意外と見落としがちなアメリカの音楽メディア5選

Youtubeで英語習得?意外と見落としがちなアメリカの音楽メディア5選

 2015/02/15 英語学習法
この記事は約 6 分で読めます。 563 Views

英語は勉強だ! 
と意気込みすぎても中々長続きしない英語。

そんな時は一旦肩の力を抜いて、
英語を使って興味のある事に触れてみましょう!

今回は結構見落とされがちな音楽を通して、英語がどんどん体に染み付いていく5つの方法を
紹介します。

ソーシャルメディアで自分だけの英語環境を作る

facebook_twitter_logo

Facebook やtwitter を上手く活用して楽しく英語を身につけていく方法があります。
日頃からSNS  をこまめにチェックする人に特におすすめな方法です。

それは...

 

とにかく自分の気に入ったアーティストやタレントの海外のオフィシャルアカウントを
フォローすることです。

なんだ、そんな事か!と思われたかもしれませんが、実際に海外のアーティストを
複数にフォローするとTwitter やFacebook に英語が溢れてきます。

また、特にお気に入りのアーティストをより深く知りたい場合は、ブログをブックマークする
というのも良いと思います。

日常にお気に入りのアーティストの最新情報やつぶやきを取り入れてみて下さい。
きっと見た事のないネイティブならではの言い回しや、単語を発見する事が出来きます。

日本にいながらでも簡単に生きた英語が流れ込んで来る環境が出来上がります。

海外の音楽情報サイトを利用する

海外の音楽情報サイトを利用して、まだ日本には届いていない最新記事や最新インタビュー記事を
入手して見て下さい。
以下は私も日頃からお世話になっている音楽メディアです。

Pitch Fork

Pitchfork-logo

アメリカのインディーミュージックを中心に扱うメディア。
辛口の音楽評論で有名です。
今世界で一番影響力があるミュージックサイトといわれています。
とにかく取り扱っているアーティストの量が多く、ジャンルも多岐に渡り、一度足を踏み入れれば
必ず気になるアーティストに巡り逢わせてくれるサイトです。

http://pitchfork.com

Billboard

bilde (1)

創刊から100年以上経つ老舗中の老舗音楽雑誌。
日本のオリコンチャートはこれを元にしています。
Billboard のチャートはアメリカのポピュラーミュージックシーン与える影響は多大なので、
今流行っている曲等がチャートや記事等から素早くキャッチする事が出来ます。

http://www.billboard.com



YouTube のインタビュー動画を観る

f857b61a3a54b55e01d7a412e7670fee

コンサートやMVビデオで歌っているアーティストも最高ですが、リラックスした状態で
バラエティー番組やインタビューに出演している彼らを見るのもいいですよね。

そんな時にとっても役立つYouTube

YouTube は素晴らしいです。

 

日本にいながら生きた英語に触れる手段としては一番手軽であり、本当にありがたい
サービスだと思います。

 

もし、あなたがファレルウイリアムスのファンだったら、

 

「よっこらしょ」と重い腰を上げて

 

『Pharrell Williams Interview 』と英語で打ち込んでみて下さい。

project-management-happy-by-pharrell-1-638

近年YouTubeの字幕機能は飛躍に発展してきているので、字幕付きの動画は増えてきましたが、
確実に英語字幕が欲しい時は eng sub  ( English Subtitle の略)と入力すれば、
しっかりとした英語字幕付きの動画を見つけられます。

最初は話している内容が全然分からなかったりするのですが、何度も繰り聞き返してみましょう。
だんだんと耳がなれていきます。

お気に入りの言い回しやフレーズ、単語は口に出してみましょう。

What’s in My Bag

Logo-Watermarked-Sq

アメリカの大型中古CDショップ、アメーバミュージックの企画で、来店したアーティストの
買い物袋の中身を見せてもらうという5分程度の動画集です。
アーティストが買い物袋の商品にまつわるストーリーや思いを熱く楽しそうに語る姿は見ていて
とても面白いです。

https://www.youtube.com/user/amoeba?spfreload=10

 

カナダの奇才グライムスのWhat’s オタクっぷりを存分に発揮しています。

ウェブラジオを使ってみる

Tunein

review.tunein

Tuneinを使えば、 世界中のローカルラジオがウェブ上で聞けます。
英語のみならず、世界中の言語や文化を取り入れる事が出来ます。

アメリカ等では日本と違って、ジャンル別でラジオチャンネルが存在します。
例えば音楽チャンネルなら音楽についてずーっと放送しています。
また、音楽チャンネルもジャンル別で何種類もあるので是非自分の趣味や興味に合ったものを
見つけてみて下さい。

料理の専門チャンネルなんかもあって面白いです。

http://tunein.com

Wikipedia の意外な活用術

wikipedia

大好きなアーティストの事をもっと深く知りたい人は、Wikipedia へGoです。
アーティストによっては日本語Wikipediaがない場合もあります。

大丈夫、安心して下さい。英語版がありますので。
日本語版の方が読むのは楽かもしれませんが、英語圏出身のアーティストのページは
やはり英語版のほうが情報量は多いです。
サムライの情報は日本で、カウボーイの情報はアメリカで手に入れましょう!

しかも、Wikipedia の文章は良くまとまっていて且つ、色々とためになる文章や単語、
言い回し等がてんこ盛りです。
日本語のWikipedia を見ている途中に気が向いたら左端にある言語バーのEnglishボタンを
クリックして英語閲覧するのもたまには良いかもしれません。

Wiki

 

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/trend/10658/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/trend/8473/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/trend/11284/”]

いかがでしたか?
今回紹介した方法は音楽を通して英語を触れるというテーマでしたが、
音楽以外にも英語で調べる事によって見えてくる新しい情報や世界があります。

はじめは英語をタイプしたり、読んだりする事に抵抗を覚えるかもしれませんが、
無理に全てを理解しようという気持ちは捨てて、出来る範囲、気になるところから
チャレンジしてみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Kazuki

Kazuki

音楽をこよなく愛する男。
幼少期をニューヨークで過ごし、帰国。カリフォルニアの大学 でマーケティングと広告を学んだ後、Hollywood の某レコードレーベルでジェネラルマネージャーのアシスタントを担当。アメリカ人アーティスト達の日本への進出に向けてのコンサルティングと翻訳業務全般に邁進。時にはバンドメンバーとして楽器演奏や作編曲業までこなす。

この人が書いた記事  記事一覧

  • アメリカ人が北朝鮮に英語を教えに行ってみた Vol.2

  • アメリカ人が北朝鮮に英語を教えに行ってみた Vol.1

  • 決定版!英語LINE・FB入学祝いメッセージ!コピペでドン!

  • あんな場所も緑に!?世界が熱狂セイントパトリックスデー英語フレーズ集!

関連記事

  • リスレボを中古で安く買う方法

  • 結局どのアプリがいいの?iphoneで使える英語辞書厳選11

  • 発音矯正は必要ない?!独学でできる発音上達法3選

  • 世界中の英語が聞ける『Listen Up』リスニングアプリで世界中の訛りを聞こう

  • 【英文法基礎講座】副詞について簡単に説明!

  • なぜ英語を勉強?私が感じる英語が話せるようになるメリット