• 英語学習法
    スピーチやメッセージカードにぴったり!卒業祝い英語フレーズ60選
  • リアル英会話
    新成人・成人式に英語で贈るステキなお祝いメッセージ例文31選
  • 英語学習法
    英語の多読に挫折した人におすすめな心得5つ【洋書好き必見】
  • リアル英会話
    ネイティブが使う英語で「久しぶり!」の言い回し12選
  • リアル英会話
    夏休みの旅行シーズンtrip、travel、journey英単語の違いと使い分けについて
  • 英語学習法
    【リスニングパワー】英語が聞こえない&発音が通じない!と悩んでいる人に最適な英語教材
  • 英語学習法
    英語発音のポイントは発声にあり!上達のための地声発声法ポイント4選
  • トレンド・ニュース
    あんな場所も緑に!?世界が熱狂セイントパトリックスデー英語フレーズ集!
  • 英語学習法
    英語の勉強がどうしても続かない人におすすめな右脳式英語勉強法
  • 英語学習法
    英会話スクールの選び方!10の質問と答え(後編)
英会話の習得に必要な勉強時間は約2,000時間!これって本当?
スポンサーリンク

最近筋トレが習慣になりつつある、Minoです。
今回も記事を読んでいただき、ありがとうございます。

英語の勉強を始めようと、いざ色々調べ始めると、

「英会話を習得するにはどれぐらい勉強すればいいの?」
「限られた時間の中で英会話を習得するにはどうしたらいい?」
「やっぱり英語を学ぶなら留学した方がいいの?」

と疑問や不安を感じることがあると思います。

今回はそんな疑問や不安に対し、1つずつお答えするために記事を書きました。

この記事を読めば、

・2,000時間勉強する場合のシミュレーション
・普段の生活の中で2,000時間を捻出する方法
・短期間で目標に集中し、成果をだすコツ
・英語をマスターするには留学はした方が良いのかどうか

について、具体的な方法やコツを理解することができます。

特に英語の勉強を始めたばかりの方や、これから英語を勉強したいという方には役立つ内容となっていますので、ぜひじっくり読んでみてください。

日本人の英語能力は全世界で71位

あなたも一度は聞いたことがあるかもしれませんが、日本の英語教育は世界の中でもかなりレベルが低い方です。「TOEFL」と呼ばれる英語が母国語ではない人たちの英語力を測るテストの平均点ランキングで、日本は「71位」です。

これは先進国の中の水準としては極端に低い数字です。シンガポールは「4位」お隣の韓国は「18位」、中国は「23位」ですので、アジアの国々の中でもかなり順位に差があることがわかります。

「中学、高校と9年間も英語を勉強しているのに全く話せない」

あなたもこのように感じたことはありませんか?

海外旅行先でハンバーガーと飲み物のセットを注文しようとして、「この場合なんて言えばいいの?」と簡単な英語すら出てこない自分に嫌気がさしたり…

今までの日本の英語教育は文法や単語にフォーカスされており、話すこと(スピーキング)にはほとんど重点を置かれませんでした。その結果、「話す」という英語で一番大事な部分の練習が出来ていなかったのです。

もちろん、文法や単語は英語を学ぶ上での基礎であり、最初に学んでおくことはとても大切です。しかし、文法や単語ばかりを勉強していても、話せるようにはなることはないのです。

スポンサーリンク

英会話習得には最低2,000時間の勉強が必要

英語(英会話)を習得するにはどの程度の時間を勉強したら良いか?

英語を勉強している人なら誰でも気になるこの質問ですが、およそ2,000時間と言われています。

通常、外国語をマスターするには4,000時間ほど必要だと言われていますが、中学校から大学までの英語の勉強時間の合計が約2,000時間で計算されており、その残りの時間が2,000時間だというのが理由です。

仮にこの説が正しいとしたら、具体的には毎日どの程度勉強したら良いのでしょうか。

1. 1日30分の勉強では、英語を習得するのに11年かかる

1日30分勉強した場合をまずみてみましょう。

1週間 = 3.5時間
1年 = 182時間
2,000時間/182時間 = 10.98年

というように、約11年かかります。

正直、この程度であれば、英語の勉強はやめた方が良いかもしれません。勉強したところでで、きちんと話せるようになるには11年かかりますし、現実的ではありません。

2. 1週間25時間勉強した場合、1年半で英会話を習得できる

では平日は1日3時間×5日間、休日は5時間×2日間で勉強した場合はどうでしょうか。

1週間 = 25時間
1年 = 1,300時間
2,000時間/1,300時間 = 1.53年

というように、約1年半で目標勉強時間を達成することができます。

この期間であればだいぶ現実的になりますし、毎日頑張って数時間勉強するので、英語を上達する実感は早いと思います。効果を感じるとモチベーションも高まるので、勉強も継続しやすくなります。

3. 英語ペラペラの人の1日の学習時間は?

ちなみにすでに英語がペラペラの人たちの勉強時間はどうでしょうか。

私の友人で、英語の通訳として活躍している人がいます。その友人に「英語は毎日何時間ぐらい勉強しているの?」と聞いたところ、驚くような言葉が返ってきました。

「そんなの起きてる時間ずっとだよ」

最初は驚きのあまり言葉が出ませんでした。

ただ、日常で英語で本を読んだり、テレビを見たり、新聞を読んだりするそうで、それらも全て含めて勉強だと言っているのを聞き、納得しました。

確かに机に向かって参考書を開いているだけが勉強ではありません。流石に通訳となると英語に触れる時間も桁違いですね。

英語を習得するには海外へ語学留学した方が良い?

英語を勉強しようと決めると、「海外に留学した方がいいのかな?」と一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

1. 出来る環境があるならした方が良い

4年間のアメリカ留学経験がある私の答えは「行けるなら行った方が良い」です。留学中は英語の勉強に没頭できますし、1日8時間を勉強時間に充てれば、2,000時間の目標はたったの250日間で達成できます。

私も留学がきっかけで英語が話せるようになったのは事実ですし、留学は言葉を覚える以外にも外国の友達を作れたり、現地での生活を味わえたりと多くのことを学べます。

「行ける」という選択肢があるのであれば、両手で背中を押してでも応援したいですが、金銭面や時間的な都合で行けない方も多いと思います。

2. 留学したら喋れるようになるわけではない

「じゃあ、お金や時間がない人は英語の勉強を諦めるしかないのか」といえば、そんなことは全くありません。留学したら英語が話せるようになると考えいる人は多いですが、必ずしもそうではありません。

私の留学時代に出会った知り合いの例をお話します。

彼も私と同じように留学に来て、一緒のクラスで勉強していました。3ヶ月ほど経つと、私もだいぶリスニングやスピーキングの力がついて来て、どんどん勉強が楽しくなっていました。

一方、その知り合いは3ヶ月経っても、「Yes」、「No」だけの初心者レベル。さらに3ヶ月が経ってもほとんど変わらずでした。不思議に思って彼の行動を観察していると、休み時間や放課後は全て日本からきた同じ境遇の友達と一緒に過ごしていたのです。

せっかく海外留学に来たのに、一緒にいるのはいつも日本人。それでは場所が変わっただけで、日本にいるのとさほど変わりはありません。話せるようにはなりません。

要するに英語を勉強したいかどうかは本人の意思次第であって、留学したから話せるようになるわけではないのです。留学できなかったとしても、意思次第でいくらでも英語を上達させる方法はあります。

3. 国内にいても英会話は勉強できる

日本にいても英会話の勉強方法はたくさんあります。特にネットが普及した現代では、例えあなたが、公共交通機関があまり発達していない田舎に住んでいたとしても、インターネットを利用して参考書を買ったり、オンライン英会話でレッスンを受けたりすることもできます。

少し前までは本を買うには本屋に直接行ったり、英会話を習いに教室に通ったりすることが当たり前でしたが、今はどんどん便利な世の中になっています。その場に行かなければできなかったことが、すべてオンラインで出来るようになっているのです。

一昔前には「駅前留学」という言葉が流行り、「最寄駅の近くで英語が習えるなんて凄い!」と言われていましたが、今や駅前に行く必要すらなくなったのです。

英会話を勉強するのにオススメな本やオンライン英会話スクールはこちらの記事で紹介しています。

人気記事!英会話初心者のあなたにおすすめなオンライン英会話スクール10選
2018.4.24
"オンライン英会話"で検索するとたくさん情報が出てくるけど、「結局どこが良いの?」と悩んだことはありませんか?...
人気記事!【知らない人は損】独学で英会話を勉強するのに最適な本15選!
2018.4.24
Minoです。 英会話の勉強を始めようと本屋さんへ行ったけど、本の種類が多すぎて、結局何を選んだら良いのかわからなかったという経験はありませんか? 魅力的なタイトルの本を見れば、「どれも良さそう」と思...

「2,000時間は無理」というあなたに試して欲しいこと5つ

英会話を習得するのに2,000時間必要と聞き、中には「そんな時間取れるわけがない」と思っている方もいると思います。そんな方にはぜひこちらの5つの方法を試してみてください。以外の時間があるものなんだと気づくでしょう。

1. 通勤時間を上手に利用する

会社に通勤されている方は通勤時間はどれぐらいでしょうか?平均して「片道30分」とすると、通勤時間だけで1日「1時間」も捻出できます。通勤中は何をしていますか?好きな音楽を聞いていたり、漫画を読んでいたりする方もいるかもしれません。

この時間を参考書を読んだり、参考書に付属しているCDをスマホに保存して聞いたり、英語のアプリを利用して勉強する時間に使ってみましょう。これだけでも平日5時間の時間を捻出することができます。

2. テレビを見る時間を決める

帰宅したら何となくテレビをつけていませんか?テレビを見ながらご飯を食べたらもう夜の9時過ぎ。「勉強は明日からにしよう」と諦めて就寝する。毎日同じようなことを繰り返していないでしょうか?

英語を勉強すると決めたのであれば、少なくとも平日はテレビを見るのはやめましょう。多くの番組はさほどためにはなりませんし、ニュースもまとめてスマホなどで見れば良いだけです。1日1時間見ていたテレビを止めるだけで、平日5時間の時間を作ることができるのです。

3. 会社や同僚との付き合いを減らす

「週終わりの金曜日は同僚と飲み会に」なんて方もいるでしょう。たまには息抜きも良いかもしれませんが、多い人は週に2〜3回も飲みに行っている人もいるようです。それではせっかく勉強を始めても、時間を作れるはずがありません。

会社の飲み会で話すことって何でしょうか?毎週必ず伝える必要のあることでしょうか?上司や会社の不満をいうだけの飲み会であれば、時間の無駄です。その時間を利用して勉強し、自分自身のレベルをあげて、上司や会社を見返す方がよっぽど価値があります。

4. いつもより1時間早起きをする

色々な本でも紹介されていますが、朝勉強するのはとても効果的です。朝は世間もまだ寝ているので、車の音や人の物音もほとんどなく、静かで集中しやすくなります。

さらに出社までの限られた時間で勉強する必要があるので、「7時までに絶対終わらせなきゃ!」という時間の限定性が働き、通常よりも集中力がアップします。逆に夜は自分で時間を決めない限り、ダラダラと夜中まで続けてしまい、返って勉強の効率が悪くなることがあります。

5. 外国人の知り合いを見つける

少しハードルは高くなりますが、外国人の知り合いを見つけると様々な方面で良いことがあります。例えば先ほど私が「時間の無駄」と伝えた飲み会ですが、外国人の友人と英語を話しながら飲むのであればどうでしょうか?立派な英会話の勉強になりませんか?

近くに外国人が通うようなちょっとオシャレなバーがあるのであれば、勇気を出して友達と出掛けて見るのも良いかもしれません。また、今はスマートフォンのアプリでも気軽に外国人とチャットできるものもあります。

ちょっとした工夫をすれば、いくらでも英語の環境を作ることはできます。

短期集中で目標を達成するための3つのコツ

もしあなたが「英語を本気で勉強したい」と思うのであれば、短期集中でやりましょう。先ほども少しお話したが、特に期限も定めず、ダラダラと長期間続けても今までと何も変わることはありません。

短期間で集中して結果を出すにはコツがあるので、その方法を3つ紹介します。

1. 明確な目標を立てる

まず1つ目は「明確な目標を立てること」です。「明確な目標」とはあなたが英語を使って、何をしたいのかまで考えるということです。

例えば私が英語を勉強するために立てたのは、

・4年で海外の大学を卒業すること
・5年以内に英語を使って海外で仕事をすること
・10年以内に将来海外に住むこと
・世界中に外国人の友達を作り遊びに行くこと

と行った4つの目標でした。

ある程度具体的ですし、進捗具合も測れるので、行動しやすくなります。私はちなみにこの4つの目標は既に達成できています。

目標を立てるなら「具体的に」を意識してみてください。また期限を切ることも大事です。1年なら1年と決めて、私は1年後の◯月◯日までに英語を習得し、シンガポールの企業に就職しますと目標を立てて、やってみてください。

2. 1日の決まった学習時間を確保する

勉強を始めるにあたり、1日の学習時間を決めてください。できれば毎日決まった時間帯に時間を確保できるとよりやりやすくなります。

例えば、

・6時に起床
・6時30分までに会社へ行く準備を済ます
・7時30分まで1時間勉強

といったように一連の流れとして組み込んでみてください。

これが朝起きてから体が自然に動くほどに習慣化すれば、無理なく勉強も続けることができますし、勉強の効率も上がります。

3. やることを細かくタスク化する

上記2つと同じぐらい大事なのが、やることを「タスク化」することです。「明日は文法の勉強しよう」といった適当な感じで進めてしまい、具体的にやる事までは決めていない人が多くいるのではないでしょうか。

適当に進めてしまうと、進み具合も曖昧になってしまい、勉強しても進んでいる感じがせずに、モチベーションを下げる原因にもなります。

勉強を始めるのであれば、

・単語の◯〜◯ページまでを覚える
・電車の中では英文法の現在形についてのCD音声を聞く
・帰ってきたら◯ページのテストを実施し、全問正解する

といったように、1日のやることを具体的にタスク化してしまいましょう。1つ1つタスクにしてしまえば後はやるだけですので、集中できるようになりますし、タスクを終えることで進捗が見え、モチベーションも上がります。

英会話を習得すると出来るようになる嬉しいこと4つ

「英語を習得したら色々と良いことはわかったけど、具体的にどうなれるの?」と思っている人もいると思います。そんな人のために英語ができるようになったことで出来るようになった嬉しいこと5つを紹介したいと思います。

1. 自分自身の活躍の場が世界へ広がる

英語が喋れるようになると、活躍の場が世界へ広がります。例えば、普通の人は就職するなら当然日本で働ける企業を選ぶと思います。ですが、英語が出来たらどうでしょうか?アメリカはもちろん、ヨーロッパ、アジアなど、好きな場所で就職する場所を探すことができます。

以前まで日本は就職難で、「エントリーシートを50社に送って、ようやく1社だけ通る」といった時代もありました。その当時の学生は本当に苦労したようですが、もし英語が出来ていたらどうでしょうか?日本だけでなく、世界の企業を相手に出来るので、圧倒的に有利なのは言うまでもありません。

私が住んでいるマレーシアでも、多くの企業が英語と日本語のできる日本人を必要としています。万が一、日本でリストラにあったとしても、アジアではまだまだその力を必要としている会社がたくさんあるのです。

2. 海外旅行へ行くのがもっと楽しくなる

旅行がもっと楽しくなります。今までは洋服を1つ買うにも英語が通じず苦労したかもしれません。しかし、英語ができれば「どれが一番似合うか」とか、「人気のデザインやカラーはどれか」いった話もお店の人から聞き出すことが出来ます。

英語で意思疎通ができるようになれば、現地の人との交流も楽しむことができますし、旅行先のこともより深く知ることもできます。

3. 大好きな映画のセリフが字幕なしで理解できる

大好きな映画を字幕なしで見て、さらっと理解できたらいいなと思ったことはありませんか?字幕付きで見れば音声も俳優さんの声そのままですし、内容も理解できるかもしれません。しかし、字幕ばかりに集中してしまい、映像が頭に入ってこないこともあります。

そんな時に英語を聞いて直接理解することができれば、俳優さんの演技や映像を楽しみつつ、臨場感を持って映画を楽しむことが出来ます。私の住むマレーシアで映画を見る場合は全て英語ですが、300円程で最新の映画を楽しむことが出来ます。

アメリカでも映画は800円程度で見ることが出来るので、英語が出来るようになれば節約にも繋がります。

4. 外国人の友達や恋人ができる

英語を覚えれば、それだけ出会える人たちも増えます。私の留学先の学校では、アメリカ人、ブラジル人、タイ人、アルゼンチン人、メキシコ人、韓国人、台湾人、ミャンマー人という、実に8ヶ国出身の人たちが集まり、構成されたグローバルなクラスでした。

お互いの国の文化や言語のことを話すのも楽しく、クラスはいつも賑やかだったのを覚えています。ある程度の長い期間一緒にいると、クラスメイトの日本人が外国人の友達と付き合い始めるケースもあり、英語でコミュニケーションを取っている光景がすごく新鮮でした。

留学先に限らず、日本でも英語が話せると出会いのチャンスは広がりますね。

 

<こちらの記事も人気です!>

要チェック!そのやり方で大丈夫?英会話初心者にオススメな4つの勉強法
2018.4.19
Minoです。 あなたは今まで、 「英会話を勉強したいけど、何から始めたらいいかわからない」 「どうしたら挫折せずに英語の勉強を継続できるのかわからない」 と悩んだことはありませんか? 世の中には溢れるほどの英語教材があり迷ってしまうのは当然です。せっかく勉強を始めても正しい勉強法で実践しなければ続...
要チェック!英会話教材を選ぶ基準、決めてますか?失敗しない教材の選び方
2018.3.15
中学校、と高校の6年間も英語を勉強してきたのにもかかわらず、英語がしゃべれる様にならない!という人がほとんどですよね。本屋などに行っても見たことある様な教材ばかりで、読む前に挫折が見えてしまう人も多い...
要チェック!英語を話せるようになりたい初心者におすすめなリスニング英語教材 厳選5選
2018.3.9
英語の勉強は得意ではなかったけど、そろそろ英語が話せるようになりたい!そんな風に思っている方、多いのではないでしょうか?英語教材が書店にたくさん並んでいたり、通販でもたくさんの種類を見かけますよね。...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「英会話の習得に必要な勉強時間は2,000時間!これって本当?」をテーマにお話させて頂きました。

「2,000時間」と言われるとその数字の大きさに驚き、ついつい尻込みをしてしまうかもしれませんが、毎日コツコツ続ける習慣が身につけば、十分にやりきる事が出来る時間です。

ただし、「2,000時間」というのは1つの目安でしかないので、人によってはそれ以上かかることもありますし、それよりも短く済む場合もあります。

いずれにせよ「コツコツ継続する」ということが英会話を勉強する上で何よりも大切なことです。その点を意識して頑張って勉強を続けてください。

英会話を習得して、実りある、楽しい人生を過ごして下さいね。

スポンサーリンク
関連キーワード
英語学習法の関連記事
  • 【TOEICテスト速報】リスニング・リーディングのセクション別攻略ポイント6つ
  • 東大、京大の英語科教授を指導してきた講師が厳選する英語教材4選
  • 洋画の日本語タイトルクイズ→映画のオリジナルと全く違う・・
  • 発音がネイティブ並みに?洋楽で音節をマスターするポイント2選
  • 自分に合った教材を使ってますか?おすすめ英語教材まとめ
  • あなたの英単語帳大丈夫?高校受験の合格者が中学生の時から勉強してるおすすめ教材4つ
【七田式英会話】わずか60日で英会話をマスターする方法

全世界16の国と地域で、すでに50万人が実践した「七田式英会話」。

ただ単語を覚えるのではなく、ネイティブが頻繁に使う英会話フレーズを丸ごと覚えてしまおうという斬新なメソッドです。

もしあなたが、

出来るだけ短い期間で英会話をマスターしたい

英語の長文がスラスラ読めるようになりたい

英語での質問にテンポ良く答えたい

と思っているのであれば、ぜひ詳細を見てみてください。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事