• トレンド・ニュース
    これでバッチリ!LINEで使える卒業英語メッセージ20選
  • 英文メール
    もう返信には困らない!コピペで使える英語メール定型文90選
  • TOEIC
    第198回TOEICリスニング満点者が語る!効果的な勉強法とスコアアップのコツとは?
  • 英語学習法
    中田英寿の語学力から学ぶ〜アウトプット英語勉強法〜
  • リアル英会話
    英語ではちょっと違う意味?名乗るとき注意な日本人の名前集
  • 英語学習法
    【大人版ニューホライズン】エレン先生が大人に送る英語学習書
  • 英語学習法
    続かない人が知るべき、学習継続のための「ちょうどいい」
  • リアル英会話
    時代はイギリス英語?ネィティブに学ぶイギリス英語の発音規則
  • 海外留学
    確実に成果を出すために、留学前に決めておくべき10のこと!
  • リアル英会話
    ドキドキは英語でなんて言う?日本語に多いオノマトペを紹介
【レアジョブ・オンライン英会話】無料体験レッスン前の予習
スポンサーリンク

先日レアジョブの無料体験レッスンを受けるにあたって準備しておくべき必要なものなどを紹介しましたが、今回は、体験レッスンを申し込んでから行った準備について書きたいと思います。
予約をして、1回目の無料体験レッスンが始まるまでに、自己紹介・会話のための準備などの予習をしたので、そちらの内容をピックアップして紹介します。

レアジョブ無料体験の申し込みは完了!予約前に軽く予習

writing-933262_640

事前の準備は完了して、無料体験レッスンにも申込したら予約ですが…。その前に緊張と英語力に全く自信が無かった私は、まずよく使うフレーズ、そして1回目のレッスンで行われる自己紹介のために少しだけ予習

体験レッスン用の教材があり、そちらで予習をすることができるので安心です!

日本語対応可能な講師もいるのですが、実際に海外へ行った時や外国人との会話で困らないためにも、日本語をできるだけ使わずにレッスンを受けたいなと思いました。
日本語ができない、予約がしやすい講師を選んだ時でも大丈夫なようにしておくために、簡単な英語での自己紹介は準備をしておきました。

自分で調べたりしなくても「体験レッスン教材」があるので、テキストを使用して、例文などを何度か練習してみました。

 

 tekisuto

 

体験レッスン教材では、自己紹介の例文・講師からの質問例文、解答例文、2種類あるテキスト・レッスンの流れ、内容を予習することができます。レッスンではどんな練習をするのかが分かるとココロの準備もしやすいですよね。
この体験レッスン教材を見ながら、簡単な自己紹介ができるように書いて準備をしておきました。

スポンサーリンク

準備した自己紹介内容

 体験テキスト

・初めましてのあいさつ
・名前、年齢
・趣味
・仕事について

などなど、テキストでは講師からの質問例が載っているので準備がしやすいです。無料体験レッスンに申込、レッスン予約を取る前にテキストを見て、良く使うフレーズなどは準備をしておくとよいでしょう。

私の仕事、ダーツバーの店員って英語なんて言えばいいんだろうかなど事前に調べて置いてよかったです。テキストを見ながら軽く準備をして、自己紹介で使いそうなフレーズはメモしたり、声に出して練習もしてみました。
少しでも余裕を持ってレッスンを楽しみたかったので。

また、レッスンテキストは2種類あり、どちらかを選択してレッスンが行われます。テキストを読み、予習をしておくと気持ちにも余裕が出てくるのではないでしょうか?

スクリーンショット 2016-05-12 21.55.40

オンライン英会話を始めるまで レアジョブを始める前に レアジョブ体験レポート
記事内容 私の自己紹介と英語力
英会話を学ぼうと思ったワケ
自宅で学ぶ自分に合った英会話学習法とは?

レアジョブの特徴
レアジョブを選んだ理由
始める前の必要なモノ&準備
無料体験レッスン前の予習
・無料体験予約を入れてみた
無料体験1回目レポート
・2回目の体験レポート

こちらの記事もオススメ!

スポンサーリンク
関連キーワード
英語学習法の関連記事
  • オンライン英会話のDMM英会話を実際使ってみると分かること
  • ネイティブイングリッシュの60日間返金保証について
  • 継続は力なり!英語がペラペラに話せるようになるための勉強法4選
  • 英語ができるようになって、世界って変わりましたか?の答え
  • スクール、高い教材、机もいらない!【米Google副社長】村上式シンプル英語勉強法
  • 「ゴールデンウィーク」は英語で何ていう?連休に関する英語と海外の連休事情

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事